2014年11月28日

(166)『嘘つきは亡国の始まり』私の解釈


 今回も、本題『嘘つきは亡国の始まり』の前に、

高橋洋一

(元大蔵・財務官僚、経済学者である。嘉悦大学教授)

‏@YoichiTakahashi ツイッターより


 政府資産のうち売却が容易な有価証券、政府子会社への

出資金、貸付金が300兆円以上ある。

 これが売却ができない、してこなかった理由は酷い。


 表向き政府子会社が必要だからだが、実は天下り先確保。
財政再建のために政府資産売却せずに増税というのは、


天下り先確保が優先で国民は負担せよだよ。

2014.05.10  政治・社会 - ZAKZAKより転載.jpg
ZAKZAK出典-『高橋洋一氏』




『高橋洋一氏、財務省時代の裏話を・・・。』
(登場は9分ぐらいから・・・)

1/3【経済討論】
消費税増税延期!
どうなる日本経済[桜H26/11/22]


『51分50秒から・・・埋蔵金ではなく既に露天掘り状態!』
博士も知らないニッポンのウラ 第35回  
【霞ヶ関のウラ】




 下はその埋蔵金を隠そうとする財務省

安倍総理の攻防  解散総選挙か?


『本題は8:10秒より』
【青山繁晴が水曜アンカーで財務省が仕掛けた工作シナリオを徹底解説】


#安倍総理 と #財務省 との #戦い.jpg
ツイッターより『#安倍総理 と #財務省 との #戦い.・・・』





  次に現在の生活保護について・・・
『今や生活保護は日本人より朝鮮人優先?』

以下出典引用
『葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?・外国人生活保護の実態!』
http://ameblo.jp/jmuzujmuzu/entry-11068298683.html


 
 

葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?

本人ではなく公明党市議が代理申請

外国人生活保護の実態!

公務員組織がマフィア!?




 私の知り合いの被害者のお姉様が元葛飾区役所に務めていたのですが、
そのお姉さまの知り合いの葛飾区役所職員のブログを見ると、
ケースワーカーをしていた時、なんと9割近くが創価学会員だったそうです。

 日本人は生活保護を受けたくても中々認めてくれなかったり、
保護を受けても難癖つけて打ち切って自殺するケースも少なくありません。

 それに引換え創価学会員は信者になれば新聞の景品のように
生活保護や都営住宅がもれなく付いてくるそうです。

 学会員や外国人が生活保護を受ける際、本人が申請に行くのではなく、
公明党の市議が代理で申請するそうです。

 その税金の中から年末財務等の御布施に廻っているのですから、

正しく創価学会は税金を

   食物にしたカルト教団
だと云うことです(


                        (以下略)

生活保護朝鮮人17万円の.jpg
『朝鮮人は生活保護をらくらく17万円、日本人は打ち切られ餓死これが現状』


                   (以上引用終了)
 
 ちょっと間違った状態ってことわかりますよね?




 下は川崎市の例です。

在日韓国人公務員が生活保護支給権限を持つ職場へ移動 - カードローン】


 最後に在日ばかりになったNHK・・・
NHKニュース7が白鵬32回目の優勝ニュースで白鵬が

「天皇陛下に感謝したい」

と言っているところをカット!


表彰式で麻生副首相が内閣総理大臣杯を授与してるところもカット!


【2chの反応】

 またまたNHKが都合の悪いニュースをスルー!
NHKニュース7が白鵬32回目の優勝ニュースで
白鵬が「天皇陛下に感謝したい」と言っているところをカット!
 表彰式で麻生副首相が内閣総理大臣杯を授与してるところもカット!!!


白鵬が「天皇陛下に感謝したい」.jpg
麻生の賞杯はカット.jpg-small
以上原稿と写真二点出典
『NHKニュース7が白鵬32回目の優勝ニュースで白鵬が
天皇陛下に感謝したい」と言っているところをカット!』
http://bakankoku.com/archives/1014204903.html


参照記事

【白鵬V「天皇陛下に感謝したい」一問一答】

日刊スポーツ 11月23日(日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00000035-nksports-spo


 帰化した白鵬のような言動なら

この国にいていただきたいが、

不逞朝鮮人だけは、国外退去希望です。

・・・御免です。




【白鵬が語った「天皇陛下に感謝」する理由が・・とても深かった!】




これまでの三つのことでもわかるように

「今の日本何かがおかしい」と感じられましたか?


安倍総理はこれら全部を解決しようと国民の為日本の為

前人未到の扉を開けられたのです。


 もちろん、米国からの圧力もあっての改革ですが

並大抵ならぬ御気苦労がお有りかと思うしだいです。

 さぁ、獅子たる国民も供に立ち上がるときがきたのです。


日本を取り戻す安倍総理.jpg
『財務省、不逞朝鮮人どもより日本を取り戻す安倍総理』
 

 
 気になる最近までのの流れをダイジェストで確認したい方は、

下の3ソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405518367.html

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405527553.html

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/408377943.html


いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は累計 1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
嘘つきは亡国の始まり ・・・2013-10-23アップ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-10-23

それでは本編です!

嘘つきは亡国の始まり


 まずは以下の韓国と中国の記事をお読みいただきたい。

二つの記事には共通項があるのだが

おわかりいただけるだろうか。それを念頭にどうぞ。



....1日に行われた国会未来創造科学放送通信委員会

の韓国航空宇宙研究院(航宇研)に対する国政監査で、韓国初の宇宙飛行士の
イ・ソヨンさん=女性=と高山(コ・サン)さんが現在、航空宇宙分野と
関係のない分野に従事していることをめぐり議論が起きた。


 最大野党・民主党の崔載千(チェ・ジェチョン)議員は

「260億ウォン(現在のレートで約24億円)を投じて推進した航宇研の
韓国人宇宙飛行士輩出事業が2008年に終わった後、関連の研究が行われていない。

 イ・ソヨン博士の宇宙経験というこの事業の唯一の結果がきちんと
活用されているのかどうか疑わしい」


と指摘した。

 高さんと共に宇宙飛行士候補に選ばれたイさんは08年、宇宙船に搭乗した。
崔議員はまたイ博士は昨年渡米し、経営学修士課程を履修している。

 宇宙科学の象徴でもあるイ博士が宇宙科学分野の技術開発に加わっていないのは、
科学分野の人材育成が体系的に行われていない証拠だと批判した。
 ほかの議員らもこれに加勢した。


 与党セヌリ党のチョ・ヘジン議員は

「宇宙飛行士候補だった高さんも3D(立体)プリンターの会社を設立したと聞いているが、
インターネット上ではいいとこ取りという意見さえある」

と指摘した。

 論争が広がったことを受け、最初に問題を提起した崔議員は

「航宇研が宇宙飛行士事業の効果を誇張し、後続の事業をきちんと行っていないことを
指摘しようとしただけで、宇宙飛行士を直接非難するつもりはなかった。
 当事者のイさんと高さんに申し訳ない」


と述べた。   





....空宇宙局(NASA)が、

 学術シンポジウムに中国人研究者の参加を拒否したことが波紋を呼んだが、
NASAはこのほど

中国人研究者のシンポジウム参加

歓迎するメールを送信した」


と発表した。環球時報電子版が22日付で報じた。

 2012年3月に米国議会が可決した

「NASAに対して中国との協力に出資すること、

中国人のNASA本部ビル出入りを

禁止
することを盛り込んだ法規」


によってもたらされた今回の騒動について、米メディアは

「NASAが同法規を誤解しただけ

と報じた。

 NASA顧問委員会の委員によれば、

「中国人研究者の参加拒否は法規の誤解によるもので、

中国人研究者による参加申請はまもなく許可がおりるだろう」


と述べたが、記事は、

「NASAが19日に送信したメールには謝罪の言葉はなかった

と不満を示した。

 参加を拒否された中国人研究者の1人、謝基偉氏は、シンポジウムへの
参加申請にあたって、外国人は安全審査が行われることは事前に聞いていたが、
参加を拒否されたのは全員が中国人だったと振り返った。

 一方で謝基偉氏は、

NASAは安全のために米国の法律および

法規に基づいて対応しただけだ。

すでに拒絶騒動も収まっている」


とし、シンポジウム参加の準備を進めていることをあかした。




 以上二つの記事の共通項のヒントが以下だ。

...ソユーズ宇宙センターで韓国人が

技術資料を盗み出すスパイ行為で逮捕

数年前にロシアは、ソユーズ商業宇宙飛行で初めて韓国人を受け入れた。
しかし、訓練中にロシアの技術資料を大量に盗み出したことで、スパイ行為で韓国人の
搭乗拒否をした世界初の出来事となった。

 この事で韓国人のソユーズ商業用ロケットに搭乗も、

施設立入や接近も一切禁止
となった。





...NASAでも韓国人が大量の機密資料や

マニュアル持ち出すスパイ行為で逮捕

 NASAでも韓国人が大量の機密資料やマニュアル持ち出し、スパイ行為で逮捕された。
韓国政府スパイとして国外追放。それ以降NASAでは、韓国人のロケット施設接近禁止、
ロケット搭乗は永久禁止。

 NASAは韓国人と韓国系アメリカ人も、韓国系は全て一切採用禁止。
当然中国人にも韓国人と同様の厳しい措置を取っている。
 最近は学者の共同研究も拒否対象となりつつある。


『辞職ではなくクビ?』
大失態の韓国政府!
"韓国唯一"の宇宙飛行士が辞職!
損失約26億円!!





...アップルで韓国人がiPhoneの機密資料や

デザインを持ち出し、韓国人を永久追放

アップルでも韓国人が大量の機密資料やデザインを持ち出し、企業スパイで訴えられる。

 アップル社は韓国人も韓国系アメリカ人も全てクビ採用禁止にした。
全世界で同様の措置が取られる。日本もアップルジャパンの在日は全員クビ、採用禁止。
アップルジャパンに送り込んだ在日はソフトバンクの紹介による人材は有名。
(韓国最近パクリ事情より)


 二件とも当事者は国が自らの確信的パクリ、スパイ行為でもたらしたロシア、
米の対応処分について全くわかっていないというよりは知らなかったらしい。

 「NASAでも韓国人が大量の機密資料やマニュアル持ち出し、
スパイ行為で逮捕された。

韓国政府スパイとして国外追放。それ以降NASAでは、
韓国人のロケット施設接近禁止、ロケット搭乗は永久禁止。
 NASAは韓国人と韓国系アメリカ人も、韓国系は全て一切採用禁止」


とここまで明らかであるのに、

韓国国会未来創造科学放送通信委員会の韓国航空宇宙研究院(航宇研)に
対する国政監査で韓国初の宇宙飛行士に宇宙飛行士関連の仕事をしていないと
国会議員が文句を言っているのだ。

 自分たちのパクリ、スパイ行為が招いた米国の処分を知っていれば言えることか。
仮にも国会議員である。無知にもほどがある。国の恥さらしであろう。

 ところが韓国の威信をかけた航空宇宙事業がパクリ、スパイ行為でパンクとなれば
政権にまで影響が出るということで都合の悪いことは完璧な報道規制。
よって誰も知らない、わからないから、ばれたときはバカ丸出しの醜態をさらけ出す。

 
中国人にも韓国人と同様の厳しい措置を取っている。

最近は学者の共同研究も拒否対象となりつつある」


「参加を拒否されたのは全員が中国人だった」




とあるのは、韓国人は拒否されて最初から参加できなかった。
残りは中国人だけだったということだ。

この2名の中国人研究者も米国の処分が全くわかっていなかったと思わざるを得ない。
結局は許可and無視ということか。

 国レベルの情報コントロールは何もしないと日本のような複雑さをもたらすが、
やり過ぎると国をおかしくしてしまう可能性がある。

 韓国朴の訪米は大失敗であったが、新聞の一面の写真を切り貼りし
捏造してまで大成功と報道した。


 どこの国へ行っても日本の悪口ばかり。

オバマを不快にさせ、ドイツのメルケルは話の途中で、この部分は記録しないようにと
面前で露骨に指示を出したという。

 ベトナム訪問では韓国は何をしに来るんだという非常に冷たい雰囲気があった。
ベトナム戦争参戦国であり,ライタイハン問題や、ベトナム人虐殺問題は未解決で、
盧武鉉の謝罪談話に関し、当時野党党首の朴は韓国人戦死者に対する冒涜として
攻撃しているのである。

 その朴が日本に対して行っている戦争犯罪補償要求を逆の立場のベトナムに対しては
どう話をするのかが注目されていたのである。

結果は世界各国での定番である反日発言は全くなく、

戦争にも全くふれず経済事案だけでオールスルー。

これを韓国では大成功と報道した。



 連続する国際会議、その中でもASEANは地域経済に大きな影響をもつ。
その中である会議では議長国が気を遣って日本と韓国を隣席させた。

各国と安倍のモーションにもかかわらず、朴は議場でも席についても
かたくなに横を向いていた。

そして最後のセレモニーで参加国全員での交互握手を安倍のさしのべる手を
最後まで握らず全体の雰囲気をぶちこわしてしまったのだ。
だが韓国ではこれも大成功と報道されている。

 しかしASEAN各国ではこの異常な写真が新聞一面に

掲載され韓国の評価はがた落ちとなった。


韓国国民は国家元首がこんなことをしていることを全く知らされていない。


 つい最近、韓国で日韓併合時代の小学校教科書

発見されたという。


ネットにアップされ本物と認定されたようであるが、それが混乱を引き起こしたという。
なぜかというと、その教科書は日本語と漢字とハングルが記載されていたからだ。
小生もうかつだったが、韓国では日本はハングルを禁止したと教育されていたらしい。

 小生の母方一族は朝鮮半島にわたってからソウルに居住し母はそこで生まれ育った。
小学校では朝鮮人と一緒に日本語もハングルも学んだのである。

 あまり詳しくは知らないが、ハングルは表音文字であるため特に当時のハングルは
漢字とマッチさせるのが大変だったらしい。

確かに漢字は表意文字であるから意味は漠然とでもわかるが、表音文字、
つまり発音記号を並べられても意味は全くわかりませんな。

漢字でさえも抽象的概念つまり実態のないものは表記しきれないので、
法律用語、学術用語は中国語でさえも日本語を使っておりますな。

 ちなみに共産党は日本語です。まあどういう意向で日本がハングルを
禁止したというような話になっているのかわからないが、加えて漢字も禁止となると
これは間違いなく民族文化の破壊ですな。

 永年属国の韓国の歴史はいいも悪いも漢字で記録されている。
これを捨てるということは自国の歴史と文化の放棄である。
まさに文化の終わりの始まりといってもいいだろう。

【韓国】
日帝のハングル禁止
が嘘だった証拠が出てきて大混乱



 韓国の隠蔽と捏造の失敗例は先般のフランス水曜集会と

従軍慰安婦シンポジウムであろう。


韓国挺身隊とフランス婦人人権団体の主催で開かれたものだが、
慰安婦の証言で大失態をやらかしてしまったのである。

 
路上水曜集会では

韓国戦争の時に日本軍に拉致されたと証言し、

その時は韓国戦争つまり朝鮮戦争当時は

日本軍はいなかったという矛盾
に誰も気がつかなかった。




 数日後のシンポジウム。日本軍の性奴隷の話に会場涙していた中での元慰安婦の叫び。

「日本軍が大勢やってきて村人をジープで蹂躙し、

私たち少女をみなジープに乗せて

アメリカ軍の慰安婦にしたのだ」....。


アメリカ軍の売春婦.jpg
『アメリカ軍の売春婦』
 100%!
 ジープだのヘリコプターだのと証言しているこの2名は100%アメリカ軍の売春婦.jpg
『ジープだのヘリコプターだのと証言しているこの2名は100%アメリカ軍の売春婦



 会場全体が一瞬沈黙の後、あちこちでざわめきが出始める。
ジープ?アメリカ軍?会場のざわめきがだんだん大きくなって、さすがに主催者も
気がついたのであろう急遽シンポは中止となった。

 その後の慰安婦の消息は全く不明。フランス婦人人権団体は連絡とれず。
この件に関して韓国政府とマスコミは完璧にスルーである。
 ちなみに彼女たちは日本軍従軍慰安婦ではなく韓国軍慰安婦すなわち洋公主であった。

 洋公主とは1945年から1990年にかけて、韓国軍ならびに在韓米軍によって
組織された慰安婦のこと。

 朝鮮戦争時に、北朝鮮の女性兵士や女性ゲリラの捕虜のほか、
北朝鮮・中国側の協力者と判断されたり、逃げ遅れた朝鮮人女性が、
韓国軍の強制的な連行によって、慰安婦すなわち洋公主にされた。

 韓国軍では「特殊慰安隊」とも呼ばれ、固定式あるいは
移動式慰安婦制度を取り入れて運用した。

(韓国陸軍本部が1956年に編纂した公式記録である「後方戦史」の人事編と、
目撃者たちの証言によって裏付けられている)

 先日、日本にやってきた慰安婦も、実態はこの韓国軍慰安婦すなわち洋公主。
米兵相手だからジープやヘリコプター、クリスマス等の荒唐無稽な話や
年齢詐称が頻繁に起こっている。

 この韓国軍慰安婦では、韓国「軍」の拉致があった。
これを韓国は、日本軍によるものだと「すり替え」ているが
今回の産経新聞慰安婦キャンペーンでも真実が暴露されている。

 自国民の不都合を積極的に報道するマスコミなどあるはずはないが、
それにしても中韓はお粗末である。

 海外へ出かけていくと、その都度思うのは民度である。
小生は日本人として不快な思いをしたことはただの一度もない。

 これは日本人全員の努力である。一方において欧州ではやたら中国語が目立つ。
たんをはくな。ならべ。禁煙とかマナーに関する注意書きが多い。
 他の言語では記述がないからよほどひどいのだろう。


 他方、韓国語が目立つのは米だ。

「コリアンゴーホーム」とか、店の正面に「コリアンお断り」とか公園に
「犬とコリアン入るべからず」なんてでっかく看板があったりする。
 中国は注意レベルだが、韓国は嫌韓拒否というレベルにまでいっている感じがする。

 中国人には特定の蔑称はないが、コリアンは韓国人に対する蔑称になりつつある。
日本も海外の日本人の動向をきちんと報道するマスコミが少ないので、
これは他山の石とすべきであろう。   

それではまた。


2013-10-23 07:00
(この一ヶ月あまりで先代余命氏は帰らぬ人に・・・。ご冥福を。)

つづきは・・・
(167)『2015年まであと1ヶ月』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/409883944.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は累計1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

(165)『解散総選挙の狙い②』私の解釈


 今回も、本題『解散総選挙の狙い②』の前に、

前回取り上げたように「財務省までもが安倍降ろしを企んで

工作活動を繰り広げているようです


と、青山繁晴氏は断言されていました。


 一回、官僚等も解散選挙で国民から総選挙で

選ぶ時期が来ているようだ

 まだの方は、まずその腐敗した組織を下の動画で・・・。



 財務省・・・『この国を守るのは我々財務省だ

【2014-11.26 青山繁晴 水曜アンカー 財務省が仕掛けた工作シナリオ】



テレビ、新聞が安倍晋三を必死に叩く理由】




出典-【"#安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ◆.】

#安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ◆.jpg
(画像クリックで拡大!)




 この件は、前回の復習になりこれ以上は記述しません。

 話は変わり、今回の余命記事は来年一月中には

いよいよ「テロ法案」の引き金を引き
在日ヤクザ等が

どう裁かれるのか・・・です。

その後が、以前より警鐘鳴らす

「テロゲリラ」
という流れですよね。



 注- 「テロゲリラ」をまだご存じない方は当ブログ(1)から読破望む。目次は一番下に・・・。 

この流れをダイジェストで確認したい方は、

下のソースの前座部分を連読して、そのあと

出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405518367.html

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405527553.html

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/408377943.html


  ブログはまだ続きますが・・・ここでツイッター愛国速報をはさんで。

  『皆さん、本日の愛国戦士の声をきいてください
 若干、不確定の方もふくむ・・・。

数を見るため右上ブルーにマウスポインタを・・・
(今後は、朝一でTV砂嵐後、この速報でテロゲリラ発生確認を・・・。まず官邸≪≪枠内URL≫≫クリック!
そしてつぶやき全国生放送も!)
ただ今、自称保守募集中・・・下の書き込みに・・・つぶやき簡易審査後に。





★首相官邸           https://twitter.com/kantei
★首相官邸(災害情報) https://twitter.com/Kantei_Saigai


                 以下はブログ再開します。


いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は累計 1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
解散総選挙の狙い② ・・・2014-11-27アップ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-11-27

それでは本編です!

解散総選挙の狙い②


 前回ブログの冒頭以下のように記述しております。

.....「テロ3点セットは11月21日公布されましたが、テロ資産凍結法の施行政令は
でなかったようです。

 ということは解散によって、

民主党、社民党、維新その他の野党潰しだけではなく

前回ブログで記述しました欧米対応の法改正で

反日勢力と在日勢力の一網打尽を狙っているということです。


 安倍さんは見た目と違って、二択の時は必ず厳しい方の選択をしますね。
1月中には米とテロ法の施行打ち合わせからテロ資産凍結法の改正をもって、
大量の国際テロリスト指定、資産凍結者がでる可能性がでてきました。」

「反日勢力と在日勢力の一網打尽」

1月中の米とテロ法の施行打ち合わせから

テロ資産凍結法の改正をもって...」


というところがよくわからないというご指摘が寄せられているようで
今回はこれを取り上げます。

 テロ資産凍結法は公布されましたが、まだ施行されていません。
ざっと読んでおわかりと思いますが、国際テロリスト対処法であるにもかかわらず、
奇妙なことに、その対象は日本人国際テロリストだけです。

 どこにも日本在住外国人国際テロリスト

関してはふれられていません。

 日本在住外国人国際テロリストとは現状、

米から資産凍結されている在日のことです。


 これは後段に内閣法制局資料として掲載しておきましたが、法案作成の時点で意識して
国内外国人テロリスト関係条項ははずしたということです。

 内閣が提出する法律案の原案の作成は、それを所管する各省庁において行われます。
この段階で安倍さんの意向としてFATF対応を最優先、その他は後、
という指示があったのでしょうか、不思議な法案となってしまいました。

 この段階では当然のことながら情報は漏れているわけで、その法案の中に、
ヤクザや在日関連条項が含まれていないことを反対勢力は確認していたはずです。
 
これがテロ3法案を抵抗なく成立させた大きな要因となりました。
安倍さんは情報漏れを逆手にとりましたね。


◆主管省庁で立案した原案提出から後をみてみましょう。
.....内閣法制局における審査は、主管省庁で立案した原案に対して、

「憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性」

「立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか」

「条文の表現及び配列等の構成は適当であるか」

「用字・用語について誤りはないか」


というような点について、法律的、立法技術的にあらゆる角度から検討します。


.....予備審査が一応終了すると主任の国務大臣から内閣総理大臣に対し
国会提出について閣議請議の手続を行うことになり、これを受け付けた内閣官房から
内閣法制局に対し同請議案が送付されますが、

内閣法制局では、予備審査における審査の結果とも照らし合わせつつ、
最終的な審査を行い、必要があれば修正の上、内閣官房に回付します。

「必要があれば修正の上.....」ということです。

ここの表現で内閣の考えがわかります。


 いくつか例をあげます。

凍結法での「不当でないと認めるときは.....」

という表現は曖昧ではありません。


「正当ではないが、不当ではない....」

要するに「正当でないと認めるときは.....」

と書けばいいところを、こう書くのは当然=ではない


 そういう明らかな意図があるということですね。
今回この凍結法では随所にこのような表現がみられます。

 これについて前回、ある組織のコメントを紹介いたしました。

テロ指定・資産凍凍結法は「政令政治」の極みで、後から法律に規定できていないものを

官僚が得て勝手に決めていく構造になっている。」これはそのとおりです。


 しかし、米が指定しているヤクザ口座凍結に関しては、
法改正という正攻法になりそうです。

 国会審議について、このテロとか、ヤクザに関しては

今回同様メディアは総スルーでしょう。

安倍さんにとってはやりやすいですね。


参照動画-【渡邉哲也】
「テロ資金提供処罰法改正案」から見る反社会的勢力と金融制裁の仕組
[桜H26/7/8]


◆ 凍結法第3条では
「国連安保理で設置された委員会の作成する名簿に記載されたときは、

国家公安委員会は遅滞なく、その旨、その者の氏名または名称その他の

国家公安委員会で定める事項を官報により公告するものとする。」


これに「欧米から口座凍結されている日本関係のテロ及び組織も同様とする。」とでも法改正しておけばすむことです。
ちなみになぜこのような表記に?ということですが、前回このように記述しています。


.....「凍結法第4条2項のハでは「国際的テロリズムの行為の防止及び
抑止をはかる上で、我が国と同等水準にあると認められる制度を有していると国として
政令で定めるもののいずれかにより、この法律に相当する当該国の法令に従い、
当該措置がとられている者」

とありますが、この当該国とはとりあえず米英仏と言っていいでしょう。
 ウィグル紛争をテロと呼んでいる中国は論外です。

 要はこの米英仏3国が国際テロと指定している者については、そのままスライドしても
いいだろうということです。現実に米が日本のヤクザや組織の資金凍結までしているのに、
日本はできませんとは言えないですね。

 
現在、「テロ」「テロリスト」「テロ組織」

の法的な定義には国際的な合意はありません。

 よって、どの組織や個人をどう呼ぶかは、時代や学者や立場によって違うのです。

 英は独立運動組織を、米とイスラエルはパレスチナ抵抗組織を、
中国はウィグル民族運動をテロ組織あるいはテロと呼んでいますが、
国連安保理での制裁リストにはありません。
 従ってスライド公告には一項入れる法改正が必要ということですね。


 この法改正が成立した場合、ここにも時限爆弾がありますね。

★ 第4条(指定)に....

 次の各号のいずれにも該当する者(前条の規定により公告された者を除く)を
指定するものとする。....とありますが、

 これは米の口座凍結者や組織は無条件口座凍結ということです。
この時限爆弾について前回ブログではこう記述しています。



.....これは国籍の問題です。

 先般ヤクザ幹部4名が指定されましたが、うち1名は日本人、3名は在日でした。
米からスライドで国際テロリストとして日本で公告された場合、


日本人と在日とでは法的扱いが異なります。

 日本人は公告国際テロリストに指定された場合は口座凍結という処分になります。
しかし在日の場合は公告国際テロリストとして本国へ強制送還の対象になります。

 どこの国も国際テロリストである外国人を国内に放置するわけにはいかないからです。
この場合日本人については規定されていますが、外国人についての口座がどうなるのかは
凍結を含めて現状では規定されていないのでわかりません。

 公告国際テロ組織に指定されている組織に属している者は当然すべて指定予備軍です。
このテロ資産凍結法の隠れ標的はこれだったのかとわかるのが、
指定予備軍に対する第8条仮指定の規定です。

 
「財産の隠匿その他の行為により、指定の措置の確実な実施を図ることが困難となると

認めるときは、聴聞または弁明の機会の付与を行わないで仮に指定することができる。

これは公告日から起算して15日とする。」



 これはいきなり口座を凍結してから、もし、指定に文句があるなら15日以内に
ご意見をどうぞということです。

「暴力団がなくならない理由」 「ヤクザの実態」 
【在日と山口組の関係】


【芸能界とヤクザ】
在日ヤクザの勢力と構成員数
【表に出せない裏事実】



 ★ 続いて、この第5項に
「意見聴取の結果、仮指定が不当でないと認めるときは、聴聞または弁明の機会の付与を

行わないで指定をすることができる。」

ここでは

「仮指定が正当でなくても不当でないと認めるときは...」



ということで決意があらわになっていますね。

 これが在日の場合、いきなり口座凍結のあとの国際テロリスト指定は15日以内の
国外退去命令と同じです。2015年7月8日以降の不法滞在による強制送還については、
反日弁護士がついて、単なる切り替えの手続き遅れとして裁判という可能性が
ありますが、これは無条件ですね。


 組織が公告テロ組織であれば、指定は実に簡単にできるのです。
この場合、日本人についての規定をみると、規制対象財産の扱いについては
国家公安委員会による許可、あるいは仮領地ですから在日の場合は
没収という可能性があります。

 実は、この国際テロリスト強制送還については法律上のきちんとした規定がありません。
以前、強制送還対象者は、犯罪人、売春婦、不法滞在等、個人的で長期滞在とか
資産というような問題はありませんでした。よってこの関係の法整備は遅れていたのです。

 先般、フィリピン人の不法滞在について、家族全員の強制送還が話題となりましたが、
今回は桁違いの数になりそうですね。

 上述の3人の国際テロリスト指定による強制送還の場合、

①仮指定や指定以前に強制送還ですから、残された凍結資産その他の関係の法的整備。 

②強制送還適用対象を本人だけとするか、家族親族含めて、その範囲。

③資産凍結の範囲、その他。




 本人限定で強制送還、口座資産凍結された場合、

当然、現金や土地、有価証券

その他資産は、国家公安委員会に仮領地
されます。


 その資産に脱税がないか、正当な行為によって蓄財されたものか、テロ資金に
使われる可能性はないか等が調査された後、問題がなければ返還されます。

 もし不正蓄財であれば全没収ですね。

 この場合の没収資産は管轄公安委員会の置かれている都道府県に
帰属すると定められています。

 強制送還対象が家族その他どこまでの範囲にするかは政府次第です。
現状わかりません。米の例を見ると、テロ実行犯の親でも子でも拘束はないようです。

 ただしそれは自国民の場合であって、外国人テロリストの

家族であれば多分本国への送還
でしょうね。
ここ確認はとれていません。

 本人だけでなく家族その他、組織まで類が及ぶと資産関係は大変ですね。
あくまでも想像ですが、税金をきちんと払っている可能性は低いと思うので

ほとんどは没収でしょう。


 安倍さんが凍結法公布後に時間をとったのは、米との施行打ち合わせと、
この関係の法整備のためでした。

 解散総選挙、予算案、改正法案準備、テロ3法施行準備

と、年末年始、関係省庁は大忙しですね。まあ、たまにはいいでしょう。

 この一連の流れをみると、安倍さんは衆議院選挙はもう眼中にないようですね。
このやりかたは反日勢力や在日勢力との衝突が予測されるシナリオでは一番犠牲が
少ないだろうと思われる方法です。

 凍結法が政令対応でなく、堂々と法改正で望むなら、
それは安倍さんのメッセージです。

資産没収されて強制送還される前にどうぞお帰り下さい

ということですが、おそらくは最後までしがみついているでしょうね。

 昨日、今日と在日講座みたいになってしまいましたが、
日本人も知っている必要はありますね。

 選挙関連は次回です。2日ほど留守にします。以下は内閣法制局資料です。



▼ 法律案の原案作成
.....内閣が提出する法律案の原案の作成は、
それを所管する各省庁において行われます。

 各省庁は所管行政の遂行上決定された施策目標を実現するため、
新たな法律の制定又は既存の法律の改正若しくは廃止の方針が決定されると、
法律案の第一次案を作成します。



.....この第一次案を基に関係する省庁との意見調整等が行われます。
更に、審議会に対する諮問又は公聴会における意見聴取等を必要とする場合には、
これらの手続を済ませます。

 そして、法律案提出の見通しがつくと、その主管省庁は、法文化の作業を行い、
法律案の原案ができ上がります。



▼ 内閣法制局における審査
.....内閣が提出する法律案については、閣議に付される前に
すべて内閣法制局における審査が行われます。

 内閣法制局における審査は、本来、その法律案に係る主管省庁から
出された内閣総理大臣あての閣議請議案の送付を受けてから開始されるものでありますが、
現在、事務的には主管省庁の議がまとまった法律案の原案について、
いわば予備審査の形で進める方法が採られています。

 したがって、閣議請議は、内閣法制局の予備審査を経た法律案に基づいて行われます。


.....内閣法制局における審査は、主管省庁で立案した原案に対して、

「憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性」

「立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか」

「条文の表現及び配列等の構成は適当であるか」

「用字・用語について誤りはないか」


というような点について、法律的、立法技術的にあらゆる角度から検討します。


.....予備審査が一応終了すると主任の国務大臣から内閣総理大臣に対し
国会提出について閣議請議の手続を行うことになり、これを受け付けた内閣官房から
内閣法制局に対し同請議案が送付されますが、

内閣法制局では、予備審査における審査の結果とも照らし合わせつつ、
最終的な審査を行い、必要があれば修正の上、内閣官房に回付します。



▼ 国会提出のための閣議決定
.....閣議請議された法律案については、異議なく閣議決定が行われると、
内閣総理大臣からその法律案が国会(衆議院又は参議院)に提出されます。
 なお、内閣提出法律案の国会提出に係る事務は、内閣官房が行っています。



▼ 国会における審議
.....内閣提出の法律案が衆議院又は参議院に提出されると、原則として、
その法律案の提出を受けた議院の議長は、これを適当な委員会に付託します。

 委員会における審議は、まず、国務大臣の法律案の提案理由説明から始まり、
審査に入ります。審査は、主として法律案に対する質疑応答の形式で進められます。

 委員会における質疑、討論が終局したときは、委員長が、問題を宣告して、
表決に付します。委員会における法律案の審議が終了すれば、
その審議は、本会議に移行します。


.....内閣提出の法律案が、衆議院又は参議院のいずれか先に
提出された議院において、委員会及び本会議の表決の手続を経て可決されると、
その法律案は、他の議院に送付されます。

 送付を受けた議院においても、委員会及び本会議の審議、表決の手続が行われます。





▼ 法律の成立
.....法律案は、憲法に特別の定めのある場合を除いては、衆議院及び
参議院の両議院で可決したとき法律となります。
 こうして、法律が成立したときは、後議院の議長から内閣を経由して奏上されます。



▼ 法律の公布
.....法律は、法律の成立後、後議院の議長から内閣を経由して奏上された日から
30日以内に公布されなければなりません。

 法律の公布に当たっては、公布のための閣議決定を経た上、
官報に掲載されることによって行われます。


(官報では、公布された法律について、一般の理解に資するため
「法令のあらまし」が掲載されています。)



.....「公布」は、成立した法律を一般に周知させる目的で、国民が知ることの
できる状態に置くことをいい、法律が現実に発効し、作用するためには、
それが公布されることが必要です。

 なお、法律の効力が一般的、現実的に発動し、作用することになることを
「施行」といい、公布された法律がいつから施行されるかについては、
通常、その法律の附則で定められています。



.....法律の公布に当たっては、その法律に法律番号が付けられ、
主任の国務大臣の署名及び内閣総理大臣の連署がされます。


                         以上


2014-11-27 12:35

つづきは・・・
(166)『嘘つきは亡国の始まり』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/409745276.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は累計1,600万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

(164)『ドイツ韓国へ100倍返し』私の解釈


 今回も、本題『ドイツ韓国へ100倍返し』の前に、

案の定、解散前に私も記述したようにマスゴミの偏向報道、

そして、民主党を初めとする野党の的外れな安倍潰し攻撃


続いていますが、その裏には財務省を初めとする官僚たちの

裏工作
も多分に影響しているようなのです。

 もちろん、下の資料をもとに出したファンタジー結論です。


B3R99d8CcAA7r_v.jpg-large
『こんな記事まで・・・。』




まずは、某ツイッターより・・・
スパイは死刑で。

真実ゆう子 ‏@shinjituyuko RT...@shounantk:


民主党:海江田

「安倍首相に任せていたら

中国韓国は本当にぼろぼろになってしまう」→は?

テロップは合成?と思ったけど、

不意に解散されて追い詰められ、

自分の正体を隠すのを忘れるくらい
狂ったか。


                    (以上引用)

 「なんか都合の悪いことでも、日本人にとってとても嬉しいことであり
待ち望んでいたことだが・・・海江田牛詐欺牧場さん」


自分の正体を隠すのを忘れるくらい狂ったか.jpg
『自分の正体を隠すのを忘れるくらい狂ったか』


テロップは合成?と思ったけど、.jpg




 TVでは自分らの政権時のことは棚に上げておいて・・・
やたやん

‏@yatagarasu_696


 嘘八百のマニフェストで

政権取った詐欺集団の民主党が何言うても説得力あれへん。

そもそも民主党の存在自体が問題やろ。


      それと鼻水垂らしながら会見すんなや。

・鼻水海江田.jpg
『鼻水流しながらの海江田氏』


小4になりすまし炎上工作


 前回の余命記事で記述されるように

小4になりすまして「解散の必要性について」炎上させたのも

民主党、朝日新聞、NHK等の差し金のようです。


≪graziekobe ‏@graziekobe 10 時間10 時間前≫

 なんだ、民主党の工作員だったのかよこの小4のコゾウはw
青木大和、訪朝、NHK出演、電通に登壇!安倍が批判・茂木健一郎はエール、
江川紹子も擁護 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5651.html
擁護する連中も実に香ばしくて分かりやすいなw pic.twitter.com/Qhh2x0BA6y

RSJfcOk.jpg

e9d52980.jpg
参照・出典-『青木大和、訪朝、NHK出演、電通に登壇!安倍が批判・茂木健一郎はエール、江川紹子も擁護』
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5651.html


「どうして解散するんですか?」小4になりすまして炎上】


ついに、民主党の中からも

こんな声までもが・・・。


アキモトヒロユキ
@ChigasakiGC · 10時間 10時間前
“@5551nanoda: "@kiyokun48: "@ZeroE13A1: @abck50 @badtrippingdrug


いつからうち(民主党)は北朝鮮になったんですか? "

・・・・・・・・・・・最初からですやん。(笑)


B3CBW4oCEAEWiJ8.jpg-large



では、安倍総理の敵はだれなのか?


 もちろん、マスゴミそして朝鮮進駐軍である民主党等であるが

まだいるのです。

 それは、前述した財務省を初めとした官僚らなのです。

まずは、下の動画を・・・。




 財務省・・・『この国を守るのは我々財務省だ

【2014-11.26 青山繁晴 水曜アンカー 財務省が仕掛けた工作シナリオ】



テレビ、新聞が安倍晋三を必死に叩く理由】



出典-【"#安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ◆.】
#安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ◆.jpg




 動画を観られた方ならお気づきになられると思いますが、

国のため国民のために命を懸けて前人未到の改革

勤しまれているのです。


 
まだそれに気づかない国民達よ、

目を覚ましましょう。立ち上がるのは今しかないのですよ


安倍総理12.jpg
『国民のために不逞朝鮮人どもより日本を取り戻すことを誓う安倍総理』




   
 ちなみに、もし安倍総理の対陣が決まろうと

余命氏、以前より警鐘を鳴らす「テロゲリラ」

二月ころには始まる可能性が高まった今、

その引き金(テロ法案)を引くとき安倍総理であったほうが

被害最小限となることを知るべし。



 注- 「テロゲリラ」をまだご存じない方は当ブログ(1)から読破望む。目次は一番下に・・・。 

この流れをダイジェストで確認したい方は、

下のソースの前座部分を連読して、そのあと

出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405518367.html

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405527553.html

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/408377943.html


日本を取り戻す安倍総理.jpg
いよいよ『日本を取り戻す安倍総理』


  ブログはまだ続きますが・・・ここでツイッター愛国速報をはさんで。

  『皆さん、本日の愛国戦士の声をきいてください
 若干、不確定の方もふくむ・・・。

数を見るため右上ブルーにマウスポインタを・・・
(今後は、朝一でTV砂嵐後、この速報でテロゲリラ発生確認を・・・。まず官邸≪≪枠内URL≫≫クリック!
そしてつぶやき全国生放送も!)
ただ今、自称保守募集中・・・下の書き込みに・・・つぶやき簡易審査後に。





★首相官邸           https://twitter.com/kantei
★首相官邸(災害情報) https://twitter.com/Kantei_Saigai


                 以下はブログ再開します。


いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は累計 1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
ドイツ韓国へ100倍返し ・・・2013-10-21アップ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-10-21

それでは本編です!

ドイツ韓国へ100倍返し


 以下の記事は2CHにアップされていたものだ。

サンケイ以外には報道していなかったので実に貴重な記事だ。

 筆者のご努力にまずは感謝したい。

とりあえずコピペさせていただいた。その後、本題に入りたい。


....産経新聞が2013年10月16日付朝刊で、

特大の「スクープ」記事を発表した。

「河野談話」(1993年)の根拠となった日本政府による元慰安婦女性への聞き取り調査が、
ひどく「ずさん」なものだったと指摘したのだ。


「河野談話の正当性は根底から崩れた」

と産経は高らかに主張する。

 橋下徹大阪市長ら一部政治家からは拍手が上がるが、他紙はほぼ黙殺、
閣僚たちも事実上「ノーコメント」だ。

「証言者たちは傷あとを見せ、覚えている日本の歌を歌い、時に涙することはあっても、
激高せず、きちんと体験を伝えようとした。

『何十回も話したからもう話したくないが、調査だというので来た』と言った人もいて、
正確に日本政府に伝えることで、一日も早い解決に結びついてほしいと
願っているようだという」


 これは1993年当時、朝日新聞が報じた問題の「聞き取り調査」の模様だ(7月29日夕刊)。
16人の元慰安婦女性への聞き取りは5日間にわたって夜まで行われ、オブザーバーとして
参加していた福島瑞穂氏も政府側担当者の真剣さ、誠実さを高く評価している。

 この結果も踏まえ、当時の河野洋平官房長官は、元慰安婦に謝罪するとともに徴用の
「強制性」を認める「河野談話」を発表することになる。

 しかしそれから20年、産経新聞はこの調査を全面的に断罪した。
独自に入手した当時の報告書を検証した結果として、

(1)氏名や出身地が不明瞭であるなど、証言者の身元すら曖昧な例が少なくない

(2)証言の内容も、韓国側の調査などと一致しない部分がある

(3)慰安所がなかった地域で働いたとの証言や、担当者による事実誤認などが
   掲載されているなど、裏付けが不十分



などと不備が多いと指摘し、

このような調査結果では「歴史資料としては通用しない」と斬って捨てる。

 産経では、この聞き取り結果こそが「強制性」を認めたほぼ唯一の根拠だとしており、
その信頼性が崩れた以上、河野談話はもはや成立しないと主張する。

 記事は計4面にわたって掲載され、文字数は1万を超える超特大記事だ。
産経新聞の力の入れぶりがうかがえる。

 以前から聞き取りの「証拠能力」を疑問視する声は少なからずあった。
そもそも調査を行う以前から、「証言の『信憑性』の問題が生じる」
(朝日、93年3月24日朝刊)として、政府は実施そのものに難色を示していた。

 河野洋平氏自身、「証言には間違いがある」との指摘が

当時からあったことを認めている。


 今回の報道は、こうした指摘を新出資料から「蒸し返した」形だ。
各界の反応は分かれた。

 菅義偉官房長官の16日会見では、産経記者からたびたび質問が飛んだが、
菅官房長官は談話を引き継ぐ立場を繰り返すとともに、談話の根拠について、

「当時日本政府としては、政府文書の包括的調査や韓国で実施した聞き取り調査などを
行ったものと、そうしたことについては承知しています」

との認識を示した。

 産経の「聞き取りのみが河野談話の根拠」という主張に釘を刺した格好だ。
岸田文雄外相も18日、同様の見解を述べている。

 一方、かつて「慰安婦発言」で論争を呼んだ橋下市長は、

「きちっとあのような事実は報じてもらいたい」を評価し、

各社による積極的報道を促した。

 自民の高市早苗政調会長も、産経の取材に「大変残念だ」などと
「ずさんな調査」を批判したという。

 維新の中山成彬衆院議員は記事への賛同をツイッターでつぶやき、
河野氏に対し「釈明」を求めた。

 産経記事では新聞各紙のこれまでの慰安婦報道も「検証」、産経のみが一貫して
「正しい」報道をしてきたと主張し、特に朝日新聞などに対しては「誤報」で
誤解を広めたとして批判している。

 しかし産経の報道を、各紙はほぼ黙殺している。

わずかに毎日新聞が、前述の菅官房長官会見に触れたのみだ。



『下の動画では福島瑞穂は従軍慰安婦捏造を

実質認めています。』


慰安婦捏造の真実を池田信夫が論破!福島瑞穂は裁判に証人申請へ!
【慰安婦の虚構を朝日新聞と韓国の捏造とともに世界へ拡散する模様!】




 逆に韓国紙は「河野談話を無力化しようと攻勢」(朝鮮日報)、
「日本右翼言論が大々的に報道」(京郷新聞)などとこぞって大きく取り上げている。

 このうち左派系紙「ハンギョレ」は、報道の内容を「詭弁」とした上で、
報告書の「曖昧さ」については、「当時の朝鮮人女性は9割が文盲であり、
こうした高齢女性に何十年も前の経験を聞くということの
『限界』と見るべきだろう」と擁護した。

 産経新聞は、こうした反応も盛んに取り上げるなど、

連日「慰安婦キャンペーン」を続けている。


                                    以上

大々的に「慰安婦」報じた10月16日付産経新聞.jpg
出典-『大々的に「慰安婦」報じた10月16日付産経新聞』j-castニュース
http://www.j-cast.com/2013/10/18186655.html?p=all



                               
   
 この記事を読まれた方はそのほとんどが

「 菅官房長官は談話を引き継ぐ立場を繰り返すとともに、談話の根拠について、
当時日本政府としては、政府文書の包括的調査や韓国で実施した聞き取り調査などを
行ったものと、そうしたことについては承知していますとの認識を示した。

 産経の「聞き取りのみが河野談話の根拠」という主張に釘を刺した格好だ。
岸田文雄外相も18日、同様の見解を述べている」


という部分には違和感を覚えたのではないだろうか。


実はこれには大きな理由がある。

 安倍内閣の柱、戦後の清算と日本の再生のシナリオの今は大事な待ちの部分に
はいっているからで、中韓相手にともにいなし外交で時間稼ぎをやっている。

 ひとつには中韓の自滅待ちということもあるが、

大きな柱は売国奴日本人と在日朝鮮人対策である。


 現在はその中の重要ポイント入管法を改正施行、2015年までに在留カードか、
永住者カードへの切り替え住民票登録を進めている真最中だ。

 安倍には本来であれば何かといちゃもんつけたい韓国が自身にも思惑があって
黙っているあいだに完了させたいという強い思いがある。 

 これが完了すれば在日朝鮮人の一元管理とともに紛争や戦争等、有事に即対応できる。
公的機関と同様に、民間においても住民票に通名が記載される改正は
閲覧可能であるため、在日朝鮮人が特定できる。

 今までは周囲にいても全く特定が不可能であったが、改正後は一般日本人にも
小中学校の教師や弁護士はじめ、町内会、自治会、PTA、防犯協会、交通安全協会、
地回りヤクザ等が在日かどうかすぐにわかる。


 実はこの役職在日朝鮮人が実際に努めていたもの。

恐ろしいところ迄食い込んでいるんですな。

 当然自治体役所にもうようよ掃いて捨てるくらいおります。


 安倍はこの連中に色をつけて簡単に識別できるようにしているのだ。
現状では、運転免許証や保険証は通名でも発行される。 
 しかし在留カードや、永住カードに通名は記載されない。

カード特別永住者.jpg
『通名記載のない特別永住者の新カード』
法務省HP- 特別永住者の制度が変わります!
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2/index.html


 本名と通名の使い分けは日本人はアウトである。

戦時に偽名をもつ在日朝鮮人はテロゲリラとみなされ、

合法的処刑
が国際法上許されている。


 これの登録が2015年までである。
一方こんなことが見え見えの改正を韓国はなぜ黙ってみていたのか、
これにも大きな思惑がある。

 過去掴みきれなかった在日の所在をもとに徴兵賦課、そして一番の狙いは在日資産だ。
2015年日本の総務省に登録されたカードデーターを韓国がうけて自国に住民登録し
運用するということだ。

 当初、韓国への住民票は任意登録のようなこと言っていたが実は裏で総務省と
仲良く取引していたというわけだ。日韓話はついている。

 しかし、この世の中には勘のいいやつはいるもので、韓国人でいると、あるいは
帰化していても韓国に資産を狙われていると感じたのか、アメリカ、カナダ、
東南アジアに移民出国し、資産を移すものが続出しているという。

 在日であったサラ金武富士一族はシンガポールに数千億の資産を、最近では
ソフトバンクの孫正義が最初は日本に帰化し、危ないと見たか最近100億の豪邸を購入し
アメリカに投資移民すでに国籍を取得したそうだ。
 今はそっくり財産を移して悠々自適の毎日であるという。

 この動きに対し韓国では2015年から登録開始を2014年からに

前倒ししようという案が出ているそうだ。

そうなると混乱は来年早々にもでてきそうですな。


 ところで韓国ではあれほど戦争を煽っておいてどうするのでしょうな。
2016年開戦には確実に間に合いません。2015年中の在日韓国人徴兵はまずダメ。

 米からの戦闘機補充部品は不足、自前のメンテナンスは事実上不能。
米ロから嫌われ、先月ドイツからもk2戦車パワーパックの売却を拒否されましたな。

 パクリコピーでも国産開発ができず、9月に至り国産開発を中止、予定の200両のうち
100基分ドイツから(MTU-890)パワーパック購入を決定したがその交渉条件の中に、
ドイツからの盗作特許使用「エンジンと変速機」の開発と製造を認めない条項が
あったため韓国が契約拒否。

 10月から供給予定のパワーパックはパーとなった。
結局売ってもらえなかったということですな。

 200両の戦車の実戦配備は旧式パック装着でも2年はおくれることとなった。
そこでやむを得ず韓国独自開発特許100%パワーパックの開発再開だというどたばた喜劇。

 ドイツは潜水艦パクリについても怒髪天を衝く勢いで、
韓国のインドネシア潜水艦事業全部を潰しにかかってますな。

韓国 「各国のブラックボックスをパクろうとして、戻せなくなった」
米国防総省ブラックボックス指定を韓国が解体。
【国防総省に本気で怒鳴り込まれる】


お笑い韓国軍!
パクリ戦車パワーパックK2の性能が欠陥だらけのポンコツで導入は完全失敗だったと発覚!



 ドイツまで米と同じく韓国へ100倍返し。

今ドイツは凄まじい嫌韓状況だ。


 各国海軍武官の集まりでは普通にコリアフラッグが語られるようになっている。
中韓では旭日旗が嫌悪されるがコリアフラッグは全世界海軍から侮蔑されている。


 そのエピソードを簡単に..。

 相模湾における各国海軍招待観艦式イベントに参加の各国軍艦が横須賀に集結。
その中に堂々の韓国輸送艦。そしてその艦上メインマストに翻る太極旗。
 これには各国将官は度肝を抜かれた。

 輸送艦であるから意図的なものはなかろうと各国無視を決め込んだのだが、
これが良かったか悪かったか。そのスタイルで観艦式にまで参加してしまった。
 
 一体どこに何の問題があったのかというと、通常、軍艦の国識別旗は艦尾に掲げる。
軍艦がメインマストに自国旗を掲げるときは国威発揚、つまり戦闘時であり、
その際は戦闘旗とよぶ。

 日露戦争日本海海戦において、z旗は通信旗、
戦闘旗あげの命令でマストに翻ったのは旭日旗であった。
 
 駆逐艦に乗っていた英海軍武官が艦長に笑いながら撃沈しないのか
といったという話、本当か嘘か...。
 まあそれにしても各国海軍の前でお粗末の極みであった。

 日本としては意図的な嫌がらせとはとらず注意もせず
無視していたのだが終わりにドラマが待っていた。

 イベントが終了し、各艦引き上げの段階で
韓国輸送艦の中央煙突部分が大爆発を起こしたのである。

 日本艦艇からの問い合わせと

修理の要否に一切応答せずひたすら

逃走したというから、多分嫌がらせの意識があったのであろう。

 そこで日本から一発撃たれたと勘違いした可能性がある。


 のちにこれはオイル漏れによる爆発であったことがわかったが
韓国海軍史上直ちに消去されるべき事件であることに間違はないだろう。

 検査入院がありますので4日ほど休みます。  それではまた。




2013-10-21 05:00
(この一ヶ月あまりで先代余命氏は帰らぬ人に・・・。ご冥福を。)

つづきは・・・
(165)『解散総選挙の狙い②』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/409665729.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は累計1,600万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

(163)『解散総選挙の狙い①』私の解釈


 今回も、本題『解散総選挙の狙い①』の前に、

下の画像はネガティブ安倍画像をネット等で

おそらく左翼が拡散していましたので公開します。




【安倍政権を倒そうとこんな画像を大量に・・・1 】

安倍政権を倒そうとこんな画像を大量に3.jpg



【安倍政権を倒そうとこんな画像を大量に・・・2 】

安倍政権を倒そうとこんな画像を大量に2.jpg


【安倍政権を倒そうと地下鉄車両で・・・。】

広告アンチ安倍.jpg





   『こちらは、ちょっと笑える・・・活動』

 一方、下は民主党の演説する前でデモのような

プレートを上げる人達です。

 そして、右下の「韓国旗Tシャツ」は投稿者のようです。



『手前の看板に笑ってしまった。』

画像クリックで拡大! (爆)

手前の看板に笑ってしまった。.jpg



  ブログはまだ続きますが・・・ここでツイッター愛国速報をはさんで。

  『皆さん、本日の愛国戦士の声をきいてください
 若干、不確定の方もふくむ・・・。

数を見るため右上ブルーにマウスポインタを・・・
(今後は、朝一でTV砂嵐後、この速報でテロゲリラ発生確認を・・・。まず官邸≪≪枠内URL≫≫クリック!
そしてつぶやき全国生放送も!)
ただ今、自称保守募集中・・・下の書き込みに・・・つぶやき簡易審査後に。





★首相官邸           https://twitter.com/kantei
★首相官邸(災害情報) https://twitter.com/Kantei_Saigai


                 以下はブログ再開します。


いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は累計 1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
解散総選挙の狙い① ・・・2014-11-25アップ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-11-25

それでは本編です!

解散総選挙の狙い①

 
 テロ3点セットは11月21日公布されましたが、

テロ資産凍結法の施行政令は出なかったようです。

ということは解散によって、民主党、社民党、

維新その他の野党潰しだけではなく、

前回ブログで記述しました欧米対応の法改正で

反日勢力と在日勢力の一網打尽を狙っているということです。


 


日本を取り戻す安倍総理.jpg
この法案施行でいよいよ不逞朝鮮人どもより『日本を取り戻す安倍総理』ガンバレ!



 安倍さんは見た目と違って、二択の時は必ず厳しい方の選択をしますね。

1月中には米とテロ法の施行打ち合わせからテロ資産凍結法の改正をもって、

大量の国際テロリスト指定、資産凍結者がでる可能性
がでてきました。

 

「全テロ関係法案可決から」 

.....「米指定テロ口座指定暴力団との処理の問題で、

在日や反日勢力との2正面作戦はできるだけ回避


という問題はクリアされていません。


 そこで法案成立直後に解散総選挙。

これなら2月まで時間が稼げます


 つまり、その間に米とのテロ指定打ち合わせから国内のテロリストやテロ組織を
徹底的にあぶり出し処理をするという従来のシナリオにもどったということですね。

 他の2法案と違って、テロ資産凍結法案は施行に1年以内という幅をもたせていたのも
そういう理由だったのでしょう。

.....テロ資産凍結法が公布施行されて3点セットが機能するようになると、
関係機関は否応なしに、対象暴力団の組織に属する者が日本人であるかないか、
できうる限りの選別をしておかなければなりません。

 テロ関係事案は担当組織が違いますし、そこに在日のように通名が絡んだりすると
事案の処理方法が異なってくるからです。


 
凍結法第4条2項のハでは

「国際的テロリズムの行為の防止及び抑止をはかる上で、我が国と同等水準にあると
認められる制度を有していると国として政令で定めるもののいずれかにより、
この法律に相当する当該国の法令に従い、当該措置がとられている者」とありますが、
 この当該国とはとりあえず米英仏と言っていいでしょう。

 ウィグル紛争をテロと呼んでいる中国は論外です。
要はこの米英仏3国が国際テロと指定している者については、
そのままスライドしてもいいだろうということです。

 現実に米が日本のヤクザや組織の資金凍結までしているのに、

日本はできませんとは言えないですね。


 遅かれ早かれ日本でも国際テロリストあるいは国際テロ組織として
公告されることになりますが、ここには上記の大きな問題があります。

 これは国籍の問題です。先般ヤクザ幹部4名が指定されましたが、
うち1名は日本人、3名は在日でした。

 米からスライドで国際テロリストとして日本で公告された場合、
日本人と在日とでは法的扱いが異なります。

 日本人は公告国際テロリストに指定された場合は口座凍結という処分になります。

しかし在日の場合は公告国際テロリストとして

       本国へ強制送還の対象になります。


 どこの国も国際テロリストである外国人を

国内に放置するわけにはいかないからです。

 この場合日本人については規定されていますが、外国人についての口座がどうなるのかは
凍結を含めて現状では規定されていないのでわかりません。

 公告国際テロ組織に指定されている組織に属している者は当然すべて指定予備軍です。
このテロ資産凍結法の隠れ標的はこれだったのかとわかるのが、
指定予備軍に対する第8条仮指定の規定です。

指定予備軍に対する第8条仮指定の規定

 「財産の隠匿その他の行為により、指定の措置の確実な実施を図ることが困難となると
認めるときは、聴聞または弁明の機会の付与を行わないで仮に指定することができる。

 これは公告日から起算して15日とする。」これはいきなり口座を凍結してから、
もし、指定に文句があるなら15日以内にご意見をどうぞということです。


 続いて、この第5項に

「意見聴取の結果、仮指定が不当でないと認めるときは、
聴聞または弁明の機会の付与を行わないで指定をすることができる。」

ここでは

「仮指定が正当でなくても不当でないと認めるときは...」

ということで決意があらわになっていますね。

 これが在日の場合、いきなり口座凍結のあとの国際テロリスト指定は
15日以内の国外退去命令と同じです。

 2015年7月8日以降の不法滞在による強制送還については、

反日弁護士がついて、単なる切り替えの手続き遅れとして

裁判という可能性がありますが、これは無条件ですね。


 組織が公告テロ組織であれば、指定は実に簡単にできるのです。
この場合、日本人についての規定をみると、規制対象財産の扱いについては
国家公安委員会による許可、あるいは仮領地ですから
在日の場合は没収という可能性があります。

 現在、米からテロ指定口座凍結されている4大暴力団の組織構成では
約2万人ほどが在日だそうです。
 改正法案が成立したら組織内の彼らは在日というだけで送還処分されます。

 今、安倍さんはとんでもないこと、

つまり最大のガン駆除をしているということです。

 それだけに改正案提出からは、国内治安は猛烈に悪化します。


 一番危険なのは、今回、あからさまにでましたマスメディアの情報操作です。

三法の審議については全く報道しませんでした。

 おそらく改正案についても同様だと思われます。

 今回の経験によって、マスメディアの正体がばれてしまったことと、ネットでの
国会リアルタイム中継をはじめ、独自の情報発信をするサイトがいくつもあらわれて
環境が大きく変わってはいますが油断は禁物です。

 世間では、現在、選挙の話題で賑やかですが、水面下では全く違った動きがあるのです。
余命の警鐘はそういうことです。

 国内治安に関しては、以前から何回も繰り返しお伝えしておりますように、
いろいろな準備は6月には完了しています。

 96式装甲車を中心とした小隊編成は、すべて拠点配置となっており、
すべて陸海空三軍連携も機能しつつあります。

96式装輪装甲車と軽装甲機動車 陸上自衛隊】


 不幸な例で申し訳ありませんが、広島土砂災害や御嶽山噴火災害では
完璧な連携を見せてくれました。

 テロゲリラ対策については一昨年からの自衛隊の再編成にあわせて切り替えが進んで、
今年からは警察や機動隊との合同訓練も始まっています。

 この訓練の関係はほとんど極秘で、自衛隊HPでも記載はされません。
ところが今回、ソースがはっきりせず申し訳ないのですが、その関係の報道がありました。

伊丹駐屯地で共同の実動訓練


.....大阪府警と陸上自衛隊は21日、

兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地で共同の実動訓練をした。


街中に潜伏してる工作員が蜂起した時用の訓練.jpg
『本当は街中に潜伏してる工作員が蜂起した時用の訓練?』
【大阪に武装工作員が上陸!…と想定 府警と陸自が共同訓練】
http://www.sankei.com/west/news/141122/wst1411220044-n1.html


  銃器などで武装した工作員が上陸し自衛隊に治安出動が発令されたとの想定で
一部を除き非公開とする。

 府警は機動隊などから約50人、

陸自は第36普通科連隊の約60人が参加し、

警察車両が先導して陸自部隊を輸送する様子や、

協力して連絡調整所を設置する作業を公開。

訓練は夕方まで続き、検問や工作員の鎮圧手順を確認する。



 府警と、大阪府などを担当する陸自第3師団は平成14年、

「治安出動の際における治安の維持に関する現地協定」を締結しており、
19年と24年にも共同で実動訓練をしている。

 どうしてこの時期に大阪でとその意図がわからないのですが、記事は事実ですね。
ところで従前2回ほど以下のようなお知らせをしております。

「余命からのお知らせです。本来、読者のみなさまには一番知りたい情報であることは

重々承知いたしておりますが、国益を優先してリアルタイム自衛隊情報は自粛させて

いただくことにいたしました。これは余命独自の判断です。よろしくお願いいたします。」


 余命は学生さんや趣味の会サークルの方々のご意見やサポートをいただいております。
記事の反響や訂正その他いろいろと御世話になっているのです。

 余命を知っているのは一部の人だけですが、いわゆる投稿箱を設定して
疑問や質問の処理をしております。

 その中でこの自衛隊情報の自粛はかなりの反響がありました。
文字通り余命独自の判断だったのですが、そのとおりには伝わらなかったようですね。


 今年8月に遺稿記事の整理出稿がおわり、

新余命というスタイルでスタートいたしました。


 直後は従来とおりの過去記事の整理からはじめたのですが、8月5.6日の朝日の
自爆からの一連の流れの背景資料出稿に、いつの間にか記事が時間に追いついて
現在進行形となってしまいました。


 リアルタイムの記事出稿は正確さという点だけでも個人ブログには負担が重すぎます。
またリアルタイムの事象はHPやWikipediaを頼ることもできません。
 そういう意味で国益に関わる可能性のある自衛隊情報を自粛したということです。

 リアルタイムの記事には大きなリスクがあります。

第一発信者になる可能性が高いのです。


 余命のスタイルは既成、既存がベースですが、今回、テロ関連法の一連の
出稿記事の中では大きなフライイングをしてしまいました。

 7日出稿記事は、赤旗の報道を待っての出稿だったのですが、タイム差がなかったのと
部数の関係でしょうか検索にかからなかったようで、その日の夕刻までは
余命が第一発信者のようになってしまいました。

 また14日からまだ内閣委員会も採決していないのに来週早々、20日までには
参院本会議可決成立の見込みと連続発信しています。

 まあ、3日には関係情報は掴んではいたのですが、余命は政治ブログではありませんし、
関係メディアはすべてスルーでしたから完全なフライイングですね。

 加えて、リアルタイムの発信は、余命のような重いブログは対応が困難です。
毎日、あるいは時間でネットを張っていてツイッター的な軽いもので
専業でないと無理ですね。今、個人ブログの限界を感じています。


 先般取り上げました11月20日予定の

デモ予告記事からの抜粋と施行後の関連記事。


.....団体・個人を指定しその財産を凍結する手法は、財政破壊と兵糧攻め、
生活破壊で、迅速かつ実質的な結社禁止を狙っています。
治安維持法にも破防法にもなかった超ド級の攻撃です。



.....安倍政権は、このテロ指定・資産凍結特措法を、02年制定以来1回も
適用されたことのないカンパ禁止法(公衆等脅迫目的の犯罪行為資金提供処罰法)改悪、
怪しいものに口座を開かせない犯罪収益防止法改悪とセットのマネロン3法として
今国会での速、制定を狙っています。



.....テロ指定・資産凍結法は「政令政治」の極みで、後から法律に
規定できていないものを官僚が得て勝手に決めていく構造になっている。



.....「審議も成立も一切報道しない異様な報道管制が、逆にこれが
重要な法案であることを証明している」


 安倍さんの考えと手法をきちんと分析しているところは凄いですね。

 また「審議も成立も一切報道しない異様な報道管制

という見解は実に面白いですね。


 まあ、いろいろな立場や考え方があるものです。


 
さて選挙関連の話題をひとつ

民主党オールスター出演「自作自演自爆

もうばかばかしくてコメントできませんので単に並べておきます。


【@why_kaisan騒動】.jpg
『NPO法人代表・青木大知氏と民主党・細野豪志』


【@why_kaisan騒動】

小学4年生役のNPO法人代表・青木大知氏、なんと民主党・細野豪志と
ズブズブだったwwwwwwwwwww


【@why_kaisan騒動】

慶應SFCのtehuくんと菅源太郎(民主党・菅元首相の息子)が関与

菅源太郎.jpg
〝菅源太郎〟
出典-『菅直人の品格』
http://shikisima.exblog.jp
/3490136

【在日】
菅直人の息子・菅源太郎の過去が ヤ バ す ぎ る !!!

pan>



【@why_kaisanに質問】

妖怪ウォッチの真打ちは買いましたか?→プロ小学4年生「買いました!」
…妖怪ウォッチ2真打 発売予定日:2014年12月13日


【@why_kaisan】

プロ小学4年生「みんなありがとう。でもね民主くんは関係ないよ。
色んな政治屋のおじさんに送っても誰も答えてくれない。なんでなの?おしえて」


【話題】

民主党が小学4年生のふりしてアベノミクス解散に
疑義を唱えるステマサイト開設か!?        ネット炎上


【@why_kaisan騒動】

蓮舫さん「素朴な疑問がよくわかる」と
『どうして解散するんですか?』のサイトを紹介


【@why_kaisan騒動】

小学4年生役のNPO法人代表・青木大知氏、民主党が創設した政治スクール
『民主党大学』の講演に出演wwwwwwwwwww


【@why_kaisan騒動】

慶應SFCのtehuくん
「しばらく一般向けのTwitterはお休み、仕事での失敗は仕事で挽回するしかない」


【@why_kaisan騒動】

ゲンダイがNPO法人代表の『どうして解散するんですか?』を記事にしていたwwww
 *サイト立ち上げ当日


【@why_kaisan騒動】

民主くんが今回の騒動を民主党の仕込みだったと明かす

 …民主くん「似非小学生であることはもちろん承知の上w」


【@why_kaisan騒動】

朝日新聞もグルだったことが判明wwwwwww


を廃刊へ朝日新聞.jpg


2014-11-25 09:46

つづきは・・・
(164)『ドイツ韓国へ100倍返し』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/409644015.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は累計1,600万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

(162)『韓国住民登録法は日韓協調。エッ!』私の解釈


 今回も、本題『韓国住民登録法は日韓協調。エッ!』の前に、

「日本莫大借金破綻説」風説の流布』について

いくつかの参照資料を列挙し

いつものファンタジーも交えて結論を出してみようと思います。



【#総選挙 は #財務省 vs #国民】
『糖質制限 朝日新聞打倒』より引用
The latest Tweets from inagaki@


 #安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ

#増税 前提の #予算編成 を止める為、

#安倍総理 は #衆議院 を #解散 しました。


     #財務省 に立ち向かう #安倍総理 を応援しよう!



#安倍批判 は ◆#財務省 が喜ぶだけ◆.jpg


 次に以下は下の当ブログで掲載した私の記事から

一部抜粋しました。
 

(117)『在日韓国人の憂鬱』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/407446907.html

今度また消費税10%へ

増税しようとする動きもあるがこの件を

5分弱で実に明瞭に解説していただいている動画があるので紹介させていただきます。

【【増税ありきのウソ】三橋貴明「日本が国の借金で財政破綻しない理由」



● 動画の重要ポイント・・・Q&A


①.Q...日本の借金が増えすぎて近々破綻するから税金を上げる。 

  A...自国通貨建ての借金での財政破綻はありえない。
      反日マスコミ等が日本人に自虐感を植えつけるためのプロパガンダ。
      つまり最悪、円を刷って返せばいいのです。インフレはあるが。


②.Q...国の借金が家計の金融資産を超えると破綻する。

  A...政府が借金をすれば日銀にプールされ企業などに流れます。
      その後に給与などで各家庭に分散される。
      つまり、政府が100兆円借金すれば家計の金融資産も増えます。
      統計的に国の借金が家計の金融資産を超えることはない。  


③.Q...日本は対外純資産があるから国債を発行出来る。

  A...ちなみにわが国は対外純資産320兆円で世界一の金持ちです。
      この320兆円を国債が超えたら国が危ないという人がいますが
      米国、英国、フランス、イタリアなどは純負債国なのに
      国債をバリバリ発行しています。

________________________________________________________________________________________________
≪別参照ソース≫
~日本の対外純資産を分析♪日本は22年連続で!!世界一の『債権国』♪~
http://www.best-investor.com/invest/invest_word6.html

________________________________________________________________________________________________


 それでは日本のこれからの理想的な政策はというと・・・。

『税金』を増やすのではなく、

・・・『税収』を増やすことです。


 それには経済規模を拡大しGDPを増やすことなのです。

まずしなければならないのは「デフレ脱却」ということらしい。


【三橋貴明】財務省は「国の借金」

とやらから201兆円差し引け
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/06/20/


三橋貴明.jpeg 『三橋貴明氏』


 改めて、日本銀行の通貨発行の仕組みを解説。

日本銀行は銀行から国債を買い取り、日銀当座預金の残高を増やす形で代金を支払います。
(もしくは、現金を発行する)これが通貨発行です。

 通貨が発行された結果、政府の借用証書である「国債」が、銀行から日銀へと渡ります。
結果的に、政府は銀行ではなく日本銀行からお金を借りた形になります。

 日本銀行は、日本政府の子会社です。
日本銀行の株式の55%は日本政府に保有されています。

 これは民間企業でも同じですが、子会社と親会社間のお金の貸し借り(利払いも)は、
連結決算で相殺されてしまいます。

すなわち、

「自分が自分にお金を貸した」

こととなり、返済や利払いをする必要がなくなるのです
(別にやってもいいですが、やらなくても構わない)。

 現在、アベノミクス第一の矢「金融政策」ということで、
日本銀行が量的緩和を拡大中です。

 すなわち、銀行から国債を買い取り、新たな日本円を発行しています。
この日本円が日銀当座預金に積み上がってしまっている問題は、前日触れたとおり。

 さて、日銀の国債買取は今も続いており、
ついに日本銀行が国債の最大保有者になりました。

 無論、これまでも一機関としては最大の保有者だったのですが、
業態としてもトップの座に躍り出たのです。

『日銀が最大の国債保有者に

 大規模緩和で保険会社抜く』

朝日新聞デジタル-2014年6月18日
http://www.asahi.com/articles/ASG6L4TPDG6LULFA01F.html


 日本銀行が18日発表した1~3月の資金循環統計(速報)によると、
日銀がもつ国債の残高は3月末で201兆円となり、昨年3月末より57・2%増えた。

 国債全体に占める日銀の保有残高の割合は20・1%で、
保険会社を抜いて初めて最大の保有者となった。

 日銀の保有残高が急増したのは、昨年4月から始めた大規模な「金融緩和」で
市場に大量のお金を流すために、満期が長い「長期国債」を金融機関から
毎月6兆~8兆円買っているからだ。

 今年末には長期国債の保有残高が190兆円と、
2012年末(89兆円)の2倍になる。
 満期が短い短期国債も含めた国債保有残高はさらに増える。

 日銀以外では、保険会社が計193兆円で、
昨年3月末から0・3%増と横ばいだった。
銀行は18・1%減の計130兆円だった。(後略)



 繰り返しますが、日本銀行が国債を保有した場合、政府は借金を返済する必要も、
利払いをする必要もなくなります。

 一応、政府は日本銀行が保有する国債に対し、律儀に金利を支払っていますが、
日銀の決算終了後に「国庫納付金」として返還されています。

 というわけで、日銀の国債保有が量的緩和で増えている以上、
現在は政府の借金が実質的に減り続けているというのが真実なのです。
 それにも関わらず、財務省やマスコミは相変わらず、

「国の借金1000兆円突破! 

         間もなく破綻!」


 といった論調で国民を煽り、悲壮感をまき散らし、
経済成長やデフレ脱却の妨害をしています。

 面白いことに、いわゆる「国の借金」(正しくは「政府の負債」)問題を論じる際に、
破綻論を叫ぶ人に、

「日本銀行が国債を買い取ったら、終わりでしょ」

と突っ込むと、ポカ~ンとするか、もしくは沈黙します。
要するに、「通貨」「自国通貨建て国債」について真剣に考えてこなかったか、
もしくはすべてを理解した上で破綻論を叫んでいるのでしょう。

以前であれば、「日銀が国債を買えば」という主張に対して、

「そんなことをすると、

はいぱ~いんふれ~しょんになるっ!」


といった、面白い反論を見かけることができたのですが、最近は消滅しました。

 何しろ、日銀が毎月7兆円前後の国債を買い取り、
日本円の通貨を発行しているにも関わらず、
物価上昇率はゼロから上に少し頭を出した程度なのです。

 要するに、デフレ期の金融政策はインフレ期とは異なる。
ただ、これだけの話なのですが、財務省は相も変わらず
「自国通貨建て国債」の残高「のみ」を騒ぎ立て、
正しい経済政策が推進されることを妨害しています。

 政府(というか、まさに財務省)の子会社である日本銀行の国債保有残高が
201兆円に達した以上、当然ながら財務省は

「国の借金(政府の負債)」から日銀保有分を

差し引くか、

もしくは「説明」をしなければならないはずです。

例えば、

「政府の負債が1000兆円を超えましたが、

日本銀行が保有する分が200兆円に達し、

返済が必要な実質的な負債は減少しています」


・・・と。

 説明すら一切しないわけですから、財務省の目的は

「国民を豊かにする経世済民」ではなく、

破綻論を煽り、増税や政府支出削減を実施することであると

断定せざるを得ないのです。

                                (以上引用終了)


 余談ですが、三橋貴明氏は民間議員「竹中平蔵氏」のことで
安倍政権をネガ発言ばかりしているのは承知しています。
 
 ここでは深く触れませんが所詮米国植民地である日本にはゴールドマンサッ●ス等の
理不尽な要望を受けざるを得ないのだとしか言えません。

 韓国からは昨年末で資金は引き上げているようなので
安い賃金で働く労働者の受け入れが韓国の穴埋めなのか?
 願わくば、中韓人を外国人労働者から抜いてほしいと・・・。

 それより目前の危機から

    回避することが重要なのです。
 
 


ちょっとファンタジーですけど・・・。

財務省は約600兆円隠し持っている

≪2014/06/23更新≫
http://textream.yahoo.co.jp/message/1835562/babl3beja4ols600cfb1df1a3a47bbfda4ca4fa4a4a4k


 渡辺喜美.jpg みんなの党・HPより『渡辺喜美』


 ご存知の通り選挙前にニコニコ動画で

党首討論会を実施した約300万人が見ていた。


 みんなの党の渡辺は国民に堂々と暴露した

「財務省は約600兆円を

自分らの天下り資金の為に隠し持っている」



 これを次回の国会で渡辺は取り上げて欲しい

日本は借金大国、

「消費税アップしないと、もう待ったなし」

というのは大嘘ということになる。


       皆さん これで平気なの?


              (以上引用終了)

 余談になりますが例の8億円借金問題のリークはこれが原因?
それと、マスゴミで思ったより悪く言われる人物は「中韓の敵」である場合が多いのです。
 逆にTVで異常に持ち上げている人がいたらまずは「日本の敵」と思って・・・。





 
長々といくつかの記事を紹介してきました。

ここらで私なりの答えを出します


「現在日本の国債残高約1,000兆円

マイナス

「 対外純資産320兆円

マイナス

「アベノミクスで返済した200兆円

マイナス

「天下り先の隠す600兆円

イコール

なんと「日本政府の純資産はプラス約120兆円




 私のファンタジー回答でした。

_____________________________________________________________________________________________

★別参照ソース

借金時計
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

政府の負債と資産(財務省HP)
http://www.mof.go.jp/faq/seimu/03.htm

______________________________________________________________________________________________

『日本人の純資産は、なんと!2000兆円以上♪』

http://www.best-investor.com/japanproject/projects_17.html

______________________________________________________________________________________________

【三橋貴明】

世界一の資産保有国・日本が借金大国になるカラクリ




  以上が以前掲載の抜粋であるがそれ以降に

「黒田バズーカ第2弾」が発表されています。


 先月31日に初の追加緩和に踏み切り、

増加ペースを年間60兆-70兆円から同80兆円に高めた。

つまり年間プラスα最大20兆円以上の国債を買い戻すわけです。


【クレジット市場】黒田バズーカ第2弾、GPIFの国債売却を粉砕
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEHHZN6S972M01.html




     「日本莫大借金破綻説」を風説の流布』


 つまり毎月6~7兆円の国の赤字を削っていっているわけです。

アベノミクスは国の借金返済も進めているわけですね。


 しかし、最初に紹介した図を参照するに

日本下げを狙う朝鮮マスゴミと己らの出世のため

増税計画を成し遂げたい財務省の策が一致
して

「日本莫大借金破綻説」を風説の流布しているようなのです。


 ちなみに日銀の株式は政府55%所有、35%余りの個人所有は現在も非公開です。
噂によれば、米国「FRB」と同じく財閥ロス●ャイルド等が持ち日本の金融も
操っているようなのです。

 もうひとつ蛇足ですが、リンカーンそしてケネディ大統領は政府紙幣を「FRB」に
断りもなく発行して暗殺されたとの噂です。

 何が言いたいのかというと全てはグローバルな流れから

来る影からの力もあるのだろう、ということです。


 これ以上は私は記述しません(恐)興味ある方はご自身で・・・。






 このブログはすべて来年の「極限値2015」

に向けての内容になっています。


 今回の主旨は「朝鮮が乗っ取っているマスゴミ」

報道に惑わされるな

 「日本はまだまだ金持ち国家」であるのです。

ということを・・・。


 そして来年には起きるであろう「テロゲリラ」も乗り越え

若き者たちよ自虐感を捨て新未来に羽ばたけ


 この件も以前の文句からそのまま引用しました。


 注- 「テロゲリラ」をまだご存じない方は当ブログ(1)から読破望む。目次は一番下に・・・。 

この流れをダイジェストで確認したい方は、

下のソースの前座部分を連読して、そのあと

出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405518367.html

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405527553.html

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/408377943.html


  ブログはまだ続きますが・・・ここでツイッター愛国速報をはさんで。

  『皆さん、本日の愛国戦士の声をきいてください
 若干、不確定の方もふくむ・・・。

数を見るため右上ブルーにマウスポインタを・・・
(今後は、朝一でTV砂嵐後、この速報でテロゲリラ発生確認を・・・。まず官邸≪≪枠内URL≫≫クリック!
そしてつぶやき全国生放送も!)
ただ今、自称保守募集中・・・下の書き込みに・・・つぶやき簡易審査後に。





★首相官邸           https://twitter.com/kantei
★首相官邸(災害情報) https://twitter.com/Kantei_Saigai


                 以下はブログ再開します。


いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は累計 1,750万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
韓国住民登録法は日韓協調。エッ! ・・・2013-10-19アップ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-10-19

それでは本編です!

韓国住民登録法は日韓協調。エッ!


 前回ブログのテーマが日韓開戦まであと2年であった。

2015年集約を考察したものだが、

そのテーマのもう一つの面を以前扱っている。

 そのタイトルが「通名制度の考察」であったので

含まれる内容の表現にズレがあったかもしれない。

開戦必至の状況を踏まえるならば

もっと差し迫ったタイトルの方がよかったようだ。


 さて現在、最悪な日韓関係において唯一順調な動きを見せている両国関係機関がある。
韓国では在日朝鮮人の住民登録を扱う部署だ。

 ここでは両国、それぞれ意図する目的は違うのだが途中過程は一緒ということで
ある意味協調している。

 日本は外国人管理制度の刷新と、

住民登録による社会制度の問題から税金、

資産チェックまで一元管理が目的。


 一方韓国はその情報をもとにして、在日韓国人の徴兵や資産の利用が目的である。
民団あたりで情報コントロールしているのであろうが、この法律は紛れもなく
在日韓国人棄民法であるにもかかわらず在日諸君は気がつかないのだろうか反応が鈍い。
 以前、警告記述した部分について再掲し、後に問題点をまとめることとする。


....よく朝鮮人通名制度といわれるが、

実は、制度、法律としてあったわけではない


 これが制度的意味合いをもったのはなんと昨年のことなのだ。
この通名制度については主体は韓国人なので以後、韓国人通名制度として考察する。

 2012年(平成24年)7月以降、法務省と市区町村が別々に行っていた外国人管理業務の
一本化などを目的に、従来の外国人登録制度を基本とした外国人管理制度が
刷新されることとなった。

 住民基本台帳法が改正されて、外国人(短期滞在者等は除く。以下同じ)も
日本人と同一の住民票に記載されるようになると共に、外国人登録法は廃止された。

 また外国人登録証明書に代わり、

外国人在留者には「在留カード」が、

特別永住者には「特別永住者証明書」と書かれたカードが

発行されることになった。

 これらには通名は表記されない


【在日韓国人の通名が事実上使用不可能になる理由やばすぎる】



 通名が併記された外国人登録証明書も廃止となった。

通名については新制度における住民票に本名と併記されることになった。
これによって通名関係の処理は法務省の管轄から完全に総務省に移ったということになる。


 本来、行政の事務処理上の都合であった通名制度が法的に表に出てきたことは、
在日特権を含めて日本人の広く知るところとなって反発をまねきはじめている。

 それも当然のことで、日本人の氏名は法的に厳格に規制されており、一字一句、
漢字の字体でさえちょっとでも違えば、それは偽名として生活において支障が出るか、
あるいは犯罪として告発されるのが日本の社会なのである。

 その日本において、韓国人であることを隠し、

通名を使い、日本人のふりをして生活
するということは、

日本人にとってとうてい容認できることではない



日本人の意識としては、

通名=偽名=犯罪である。


【総務省】
在日韓国人の通名変更禁止します




 この日本の住民基本台帳法改正と同時に

韓国でも在外韓国人住民登録法が施行された。


制度住民基本台帳.jpg  登録住民.jpg
日本では『在外韓国人住民登録法』    韓国では『在外韓国人住民登録法』
 来年、この二つが両国でつながり在日強制送還へ・・・。


 従来の韓国のスタンスからいえば、日本の法改正は、

明らかに在日への締め付け強化であって、

文句の一つや二つあるはずであったが実際は何もなかった。


 実はこの制度改正は韓国にとっても大きなメリットがあったからだ。
韓国にとって在日は痛し痒しの存在である。

 


日本国内における在日は、韓国系、北朝鮮系の区割りがいい加減で、

韓国人が北の運営する朝鮮人学校へ通学したり、北朝鮮と日本が

もめると韓国人になったりと総連、民団自由自在だそうだ。




 実態としては在日の所在動向を韓国は把握できていなかった。
韓国としてはこの現状の打開、つまり在日の住民登録は願ってもないことだったのだ。

 
いまさら韓国に帰国されても、韓国としてはいい迷惑で、

韓国語も読み書き不自由、あるいは理解できない

半日本人である若い在日韓国人は

血と金以外は用がない棄民なのだ。





帰化条件の強化と、

住居移動の自由度が制限

 今回の法改正では、帰化条件の強化と、住居移動についての自由度が制限された。
以前は、どこの役所でも転入できたが、今では前居住地での転出証明がなければ
受理されなくなった。つまり移動を追うことが可能となったのだ。


 韓国の住民登録法の狙いは、現時点では、徴兵にしても何も言及せず、
単に国外在住韓国人の利便をうたっているが、まず登録させて、
あとは国内法による改正で対処にある。

 2015年中の登録を呼びかけているが、

これは2015年米韓相互防衛条約終了後の

在韓米軍撤退を埋めるための徴兵対策が見え見えだ。


 登録をさせたあと、徴兵制度を義務化して在日にも適用するということだ。
拒否者に対しては犯罪人引き渡し協定によって送還させるという段取りだ。
 
 これによる送還は日本の永住権の喪失となるので拒否できないという仕掛けだ。
一方で金による徴兵免除も検討されているらしい。
一説には100万円と聞くが真偽のほどは不明だ。

 韓国の意図、要は、帰化できるならどうぞ。
ただし日本人になると在日特権はなくなりますよということ。

 
また徴兵という血で払うか、献金という金

払うかどちらでもというスタンスだ。


 登録後は韓国国内法で在日が生きようが死のうが、

どうでもいいという棄民方針


                     哀れ在日韓国人




 さて、韓国の住民登録法に関しては別の機会に詳述することとして、
このブログでは過去何回も小生の過去ログで記述してきた戦時国際法、
在日ゲリラ、通名の関係と危険性を再度記述しておく。

 今般の日本の法改正で一番問題となるのは、

住民票以外には通名は記載されないということである。


カード特別永住者.jpg
『通名記載の無い特別永住者の新カード』
法務省HP-特別永住者の制度が変わります!
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2/index.html



 よって武力衝突や戦争等の際に、通名がばれたとき、

在留カードや特別永住者カードには本名しか

記載されていない事態は戦時国際法における便衣兵、ゲリラの

要件を満たす
こととなり大変危険だ。



 在日外国人の日本からの退去強制は
薬物犯罪で有罪となったもの、

売春や不法入国に関与したもの、

そのほか無期又は1年を超える懲役若しくは

禁錮
に処せられた者」


韓国人を強制送還しろ!
【杉田水脈が国会で暴露!】
ビザを悪用する現代の慰安婦の実態と誤解された日本に対する海外の反応



など厳しい要件がある。


 しかし特別永住者
「内乱罪、外患誘致罪、外患援助罪、または無期または

7年を超える懲役又は禁錮に処せられ、かつ法務大臣

日本の重大な利益が損ねられたと認定した場合等」


【国賊!鳩山由紀夫元首相は外患誘致罪で死刑の可能性アリ!青山繁晴の解説!】


【忘れるな!】
国賊 菅直人は極左テロ「市民の党」斎藤まさし(酒井剛)と革命目論んだ
衆院 予算 平成23年7月19日


捏造放送狂会
「山本太郎は『風評テロリスト』である!即辞職せよ!!」



に要件が限定される。

 戦後、法務大臣がかかる認定をした例は一件もなく空文化しており、韓国朝鮮人が
99%を占める特別永住者が日本から退去強制された例はない。

 しかし、この規定はあくまでも平時の国内法である。

戦時について規定がないということは、

戦時には戦時国際法が適用されるということだ。


 政府は文民韓国人を保護する義務がある。
戦争相手国の韓国人の生命財産を外では戦争をしながら内では
守ってやるというサーカスのような芸が果たして可能であろうか。

 日本人、韓国人相対すれば、国民感情から殺し合いは必然で、
これを避けるためには隔離収容しかあるまい。

 だが数十万にも及ぶ在日の隔離収容など不可能だ。

そこで各所、間違いなく衝突がおきる。

 瞬間的に日本列島全体が巻き込まれるであろう。

こうなれば政府が制御などできるものではない


 もはや来るところまで来てカウントダウンの段階だと思うが、
それにしても在日諸君は余裕があるなと思う。危機感がまったく感じられない。
 新大久保カウンターデモなんて信じられない。


 極限値2015というのは

 日韓関係は良くも悪くも2015年には完結するという小生の持論である。
6年ほど前には空論と評されたが、当時述べた一部始終が次々と
現実となることによってブログが再読されているようだ。

 以上が「朝鮮人通名制度を考察する」からの部分再掲である。



「まず登録させて、あとは国内法による改正で対処にある。
2015年中の登録を呼びかけているが、これは2015年米韓相互防衛条約終了後の米軍撤退を
埋めるための徴兵対策が見え見えだ。

 登録をさせたあと、徴兵制度を義務化して在日にも適用するということだ。
拒否者に対しては犯罪人引き渡し協定によって送還させるという段取りだ。
 これによる送還は日本の永住権の喪失となるので拒否できないという仕掛けだ。

 一方で金による徴兵免除も検討されているらしい。
一説には100万円と聞くが真偽のほどは不明だ。
韓国の意図、要は、帰化できるならどうぞ。

 ただし日本人になると在日特権はなくなりますよということ。
また徴兵という血で払うか、献金という金で払うかどちらでもというスタンスだ」




というあたりには国民に対する愛情も責任感もまったくみられませんな。


 これは噂されている朴の在日韓国人バッシングだろうか。

 ちなみに朴の両親は二人とも暗殺されているが母親は在日韓国人に殺されている。
朴の母親、すなわち、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の夫人であった陸 英修
( ユク・ヨンス)は、在日韓国人・文世光(ムン・セグァン)に射殺されている。
 私怨リベンジがらみだとすればあな恐ろしや韓国だ。

 登録は義務ではないが、登録をしなかった者は

日本の住民票でチェックして政府が勝手に登録するそうだ。

国の財政は破綻寸前、もうかわいそうでみてられませんな。



 ところで、このお金に関する部分であるが

             新しい情報が入ってきた。


 2015年中には兵役は義務化し、免除ではなく延長についてのみ献金を認めるとし、
最低金額にプラス資産に応じて加算されるという話だ。本当だろうか。

 まあ得意のたかりぶったくりと言ってしまえばそれまでではあるが...。
実はこの話の出所は驚いたことに韓国側である。


 少し長くなるが、戦後一貫して韓国は不良朝鮮人、犯罪者、
ヤクザの帰国や送還を認めてこなかった。
 日本の担当者が犯罪者を強制送還しようとしても拒否してきたのである。

 当然日韓開戦となれば母国から

帰国を拒否される彼らは悲惨
なことになるのは必至だ。

この強制送還窓口においてあたりがあったというのである。


 彼らはメンツも立場もあるからすべてオフレコである。
その骨子は、以前認めてこなかった犯罪者、ヤクザについて、2015年以降は日本に
おける住民票の確認と身分照会等で帰国の条件を審査するようにしたいということで、
戦後方針の大転換、まさにアンビリーバブルであったそうな。

 韓国のどのレベルから出てきた話かは想像もつかないが、
かなり踏み込んでいるので全くガセでもあるまい。
 もし少しでも進展があるならば彼らにとって一つ道ができるわけだ。

人道的にはよしとすべきか...。
しかし韓国がいきなりこの部分だけ人道的になれるだろうか。
動機に不純さを感じるのは小生だけではないだろう。

 多分に資産目当てのような気がするが、

まあ日本のことではないからケンチャナヨということか。


本日は簡単ですがここまでです。   それではまた。




2013-10-19
(この一ヶ月あまりで先代余命氏は帰らぬ人に・・・。ご冥福を。)

つづきは・・・
(163)『解散総選挙の狙い①』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/409532903.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は累計1,600万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 17:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする