2016年09月27日

(1165)『1165 現状報告9.27』解釈入れて

 今回余命記事は、

日本再生大和会からのメッセージ

日本再生へ向けて!


余命本外患誘致罪の売れ行き

委任状の書き方と送付

なぜ外患誘致罪なのか」等の


列挙記述掲載されています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日B 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日C 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1165 現状報告9.27 ・・・2016/09/27/ 1165
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/09/27/1165-%e7%8f%be%e7%8a%b6%e5%a0%b1%e5%91%8a9-27/

それでは本編です!

1165

現状報告9.27

日本再生大和会からのメッセージ

日本再生へ向けて!

 日本を愛する皆さん、

ブログの更新が遅くなり大変申し訳ありません。

 その間に、前エントリーへの多くのお申し出と、

委任状の提出
有難うございます。

 皆様の決意に関して頭がさがる思いです。

特に、自身が告発人にと、名乗り出た方々につきましては、

外患罪告発案件が多義、多地域に渡って

頻発している状況下では

非常に心強く感じておりまして、再度感謝
いたします。

告発人が

一人で出来る事の分母は非常に小さいと言う意味です。


 さて、9月10日の『余命三年時事日記 外患誘致罪』発売の

前後より、関係団体との幾度かの打ち合わせを行った結果と、

現状の状況の報告の前に、皆様への賛辞があります。

 それは、皆様の立ち位置についてです。

 皆さんは、メルケル独首相と

対極の位置におられる】方々とだと言う事です。

 つまり、メルケル独首相は国の指導者であるにも関わらず

できることなら時計の針を何年も戻し、

政府全体で備えをしっかりし直したいくらいだ


とか述べたそうですが、

何をいまさら、と言う感想しかありません。

ドイツは折角、コミンテルンとの戦いに

勝利したにも関わらず、

その結果をすべて放棄して、今や瓦解の淵にあります。

 つまり彼女は、リベラルと言う名の反ドイツ精神に毒され、

マスコミと言う名の反独勢力に阿った結果、自国を

崩壊させた極限のお花畑と言うより超絶的な愚蒙であります。




メルケル独首相:
難民政策誤り認める「やり直したい
- 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160921/dde/007/030/043000c
"「できることなら何年も時計の針を戻し、(中略)やり直したい」と述べ、" これは勇気の要る発言だなあ。




 一方、皆さんは、

市井に有りながら日本を守るために立ち上がったのです。

だから、委任状を託したり、告発人として名乗りを

上げた訳です。【これは凄い事実】
です。

何故かと言うと、特に近世、近代に於いて、他の国なら

亡国してもおかしく無い状況を乗り越えてきた日本人の

心意気を今に体現しようと言う方々が皆さんだからです。

 そして、今我々がやるべき事は日本再生の為に、

持てる条件、機会を利用して、

手をつないでひた押し、この一事
です。



写真出典『#安倍総理応援団』
http://togetter.com/li/836988
images (3).jpg



さて、打ち合わせの結果と、現状についてです。

1)先ず、告発対象者の選定と、同時に提出する委任状の割り振り分けを行っております。

余命ブログや本エントリーの冒頭にもある様に、我々の動きに合わせるかの様に、

売国奴がカミングアウトが多発しております。

同時に皆様からのお申し出が日々増加しておりますので、

割り振り急いでおりますが今しばらくの時間を頂きたく存じます。

2)役割分担については、全般の売国事案を余命チームと日本再生大和会で、

川崎デモ関連を瑞穂尚武会で行い、もう一つ、伏見関連を新しく戦列に加わった、

チームで行う事となります。

但し稀代の売国奴である鳩山は瑞穂尚武会で扱う事となります。

3)川崎デモ関連では、瑞穂尚武会の動きの前に、関係者を外患罪で告発し

外堀を埋めてしまう事が有効ですが、何しろ瑞穂尚武会メンバーは、

当事者ですので告発人になれません。

そこで、神奈川、川崎の住人に限らず、関係者を告発する方をお願いすると伴に、

新たに、本エントリーにて募集します。

何しろ、事案としては、許可を取ったデモを、外国人が妨害して潰したのです。

問題は日本国民全体の存続に関する問題です。



 詳細、その他については、

余命ブログからも他のミラーサイトのブログからも、

発表、解説があるでしょう。

それでは、皆さん、日本再生に向けて!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


.....以上は日本再生大和会からのメッセージである。

報告の通り、25日に最終方針の打ち合わせがあって、

いよいよという段階
に入っている。

気がついている読者も多いと思うが、

在日や反日勢力の対応には硬軟、極端な差が出てきている。

 共産党、社民党系は発狂気味の法無視する沖縄基地闘争と

テロ法にも

抵触しそうな小坪しんや議会決議強行突破という有様。

おまけは共産党と一体の日弁連の

死刑廃止、共謀罪廃止という保身の動き
である。

 一方、民進党は蓮舫二重国籍問題を強行突破という荒療治で

対応してきたが、さすがに無理筋
だろう。

外患罪告発が目に見えていて、先に明るさが見えませんな。



余命本外患誘致罪の売れ行き

 今回の余命本外患誘致罪の

出版には首をかしげる事態が連発
している。

 まず売れ行きだが、さっぱりわからない。

横断検索を見ても全国的に在庫ありとなしが極端で、

北海道など一時、全滅
した。

補充はしたもののすでに在庫ありはほとんどない。

ところが東北全体では

イマイチであるし、九州地区も同様である。

ただ四国地区は全滅に近い高売り上げである。

関東地区も極端な動き
である。


 以前はアマゾンでおおざっぱに判断できたが、

オンラインでキンドルのような電子書籍まで充実してきて、

オンライン書店と一般の書店を

合わせた総合的な状況はつかみづらくなっている。

現実にアマゾンランキングは下がっているのだが、

楽天でもHontでも政治ランキングは1位で、

あの蔦谷が一時取り扱いを停止したのを撤回して、

現在、ランキング2位という状況は理解しがたい。


不買指定されているヨドバシまで取り扱っているのである。

ただし、ランキングは15560位であるが....(笑い)


 まあ、関心という点で見るならば、

先々日の弁護士関係のサイトでの検索で

キーワード外患誘致罪が48000件であったそうな。

ちなみにグーグルでググると239000、

ヤフーでググると68300、

ヤフー知恵袋では質問に対する回答が全くない


という完璧なゼロが続いている。

また弁護士が答えるサイトがあるが、

まともな回答ができないという惨状である。

 この関係の告発に関して、弁護士が一体となって

防御を固めているが、どこまで守り切れるかなあ。

人ごとながら心配だ。

外患罪による告発がどのようになるかは、

すでに官邸メールで明らかにしている。

読めば、誰でも理解できる形にしてある。


要は総理質問であるという箇所を削除すれば、

すぐに告発状に変身するように段取りしているのである。



委任状の書き方と送付

 さて委任状である。

余命本だけに記載して、ブログで呼びかけなかったのは、

処理能力の問題で、結果的に大正解だった。

現在、約2500件ほどを

データーベースにいれて振り分け作業中
である。

委任状であるから、どのような形でも形式に問題はないが、

@〜Eの鉛筆による識別のない方、一件だけの方、

印鑑を忘れている方、

捨て印のない方等、結構いろいろな問題
がある。

1枚だけの方は@に、番号のない方は

@〜Eに割り振るのでご了承いただきたい。

なお電話番号は告発代表OKの方だけで結構である。

鉛筆書きの数字に

○をつけるとこちらで代表OKと誤認するのでご注意。

郵便番号はチェックする者にとっては実にありがたい。

また、切手がなくても届くが、できれば貼っていただきたい。

 この委任状は、

一枚一枚が実弾
であって、毎日たまりつつある。


告発委任状の書き方は以下参照

(1152)『1152 告発委任状』解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/441793312.html

(1153)『1153 告発関係アラカルト2』解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/441793634.html



この告発は日本国憲法刑法にある外患に関する罪に

基づくもので、国民の権利であるが、戦後71年間、

築き上げてきた在日天国を易々と手放してたまるか

という在日や反日勢力の抵抗は大きい。


 刑法を読むとすぐにわかるが、

外患罪のような国家間の有事判断が

絡むような事案は末端の警察での取り扱いは無理である。

ましてや神奈川デモが警察組織が九州の暴力団工藤会に

牛耳られたきた流れと

第三者にもダブって見える状況ではもう終わっている。

 いずれ神奈川県警は外され、外部から大きなてこ入れで

行政全体が工藤会同様の処理
になるだろう。

少なくとも川崎市には自浄能力はないと思われる。



川崎発!日本浄化デモ第三弾!】
(1)2016/6/5デモ前


 
 結局、検察庁との闘いになるが、すべての事案は、

事実関係において争いようがない事実だけを告発事由

とするので、外患誘致罪で告発した場合の検察の対応は、

おそらくは検察庁のレベルでは処理できなくなる
と思われる。

それはそれで対応するだけである。

 まあ、ここまで来れば焦る必要はない。

今週末か、月初めには

告発人が集まって告発状の作成に入る予定である。

 なお、刑事事件で告発者の名前が出ることはない。

その件については例の伏見某の

恐喝として横浜地検に告発されて受理
されている。

今回、この件については伏見グループとして外患罪を以て

告発準備を進めている。具体的には、数日中にお知らせする。



なぜ外患誘致罪なのか

 ところで、

なぜ外患誘致罪なのかということについてふれておこう。

 この告発は相手があることである。

被告発人は当然として、擁護する者も多い。

それも法律の専門家の集団である。

法的な逃げ道をふさいでおく必要がある。

 まず1点は時効。

有罪=死刑ということであるから時効がない。

 告発中の案件が誘致罪に該当しなくても、

いったん衝突となれば即、適用される。

つまり売国奴のレッテル張りができるということである。


 例を挙げれば、鳩山や村山元総理は数々の売国行為を以て

リストに上がっているが、現状の尖閣問題では

検察は有事認定を躊躇して不起訴の可能性がある。



●河野、鳩山、村山、加藤らの国賊は、
外患誘致罪で死刑にせよ



 告発の段階で、外患誘致罪ではなく、外患援助罪とか

外患予備罪へと値切ってくる可能性もないとはいえない。

しかし、無罪と言う度胸は検察にはあるまい。

処理が長引けばリスクが大きくなるだけだ。


よって中韓への亡命もあるだろう。

 まあ、沖縄では無法状態であるし、

行橋では小坪しんや議員へのまさにテロ行為
である。




これは酷い、沖縄警察が機能していない証拠
【沖サヨ速報】高江ヘリパッド建設現場付近で、
しばき界隈が関与した暴行傷害事件
が発生した模様

(動画あり)
http://www.honmotakeshi.com/archives/49631261.html
この件、本日の産経一面で報道されてますが
朝日毎日を筆頭に他誌はスルーしている模様



【小坪しんや】反ヘイト市民による市役所爆破予告 
言論弾圧の前例となった行橋市議会に各会からのコメント
“脅迫テロに屈しろ”と決議、あり得ない
http://www.honmotakeshi.com/archives/49642035.html#PxxeueO.twitter_tweet_count_m
テロリストに脅され屈する行橋市議





昨年から選挙においては、

グレーの案件もどんどん告発してイメージダウンをはかる

という戦術を駆使している弁護士諸君の

ものまねをしているだけだ。文句は言えまい。



告発への証拠の整理

 さて、やっとここまできた。

現在、寝る暇もなくやっているのは告発への証拠の整理である。

特に川崎デモでは鮮明な画像が必要である。

動画もありがたい。

画像はファイルではなく写真として提出が求められる
のだ。

伏見事案でも、今回は外患罪として告発準備しているので、

過去の魚拓も全部、

文書化、つまり印刷して提出することがもとめられる。

ビデオ映像はDVDということになる。

 川崎デモでは有田ヨシフ、福島みずほ、

しばき隊野間易通他、のりこえネット辛淑玉他が鮮明に

写っている画像があれば、大和会に連絡
をいただきたい。

よろしくお願いする。
 
現在、150通ばかり委任状が目の前にある。本日はここまで。



川崎デモを言論弾圧で中止させて
ガッツポースの社民党福島みずほ、
拍手で喜ぶ民進党有田ヨシフ
や、共産党畑野議員




投稿日: 2016年9月27日

元ブログ-1165 現状報告9.27 にコメントを残す


【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

(1164)『1164 小坪しんや事件2』解釈入れて

 今回余命記事は、

反対している議員は外患誘致罪…

沖縄基地問題事件、

外患罪だけではなく、内乱罪でもある…


余命のコメント欄の状況

告発委任状の状況」等の投稿等


列挙掲載されています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日B 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日C 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1164 小坪しんや事件2 ・・・2016/09/21/  1164
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/09/21/1164-%e5%b0%8f%e5%9d%aa%e3%81%97%e3%82%93%e3%82%84%e4%ba%8b%e4%bb%b62/

それでは本編です!

1164

小坪しんや事件2


余命は非営利の目的ブログである。

 初代は情報発信、

二代目は拡散、三代目は実行と限度を設定
してきた。

滅私報国日本再生が目的であるが、個人には限界がある。

常にそれを意識して活動
してきた。

それが、「無理をしない

みんなでひた押しに進む」作戦である。

常に進むときは退路を確保して安全第一を心がけてきた。

影武者?を何人も用意し、たたかれたら次に顔を

出すモグラを育て、今や余命無限にまで成長
している。

 その過程で、保守連携の手段を模索し、

余命の受け皿として、

政治ブログランキングにある保守勢力の調査を続けてきた。

しかし、結果としてこれはというものを見つけることは

できなかったことは何回か過去ログで報告している。


 この中に小坪ブログは候補としてあげられていたのである。

最初から最後まで、政治家という点がネックになって

終わってしまったのであるが、その存在は常に

注目されていたということをまずご披露しておきたい。

 ランキングの中には佐々木氏、瀬戸氏、桜井氏

そうそうたるメンバーがならんでいたのである。

それぞれ在日や反日勢力に対する闘いの手法に違いがあって

全面的な共闘には至っていないが、今回の参院選と

東京都知事選ではかなりの連携が進んで、

桜井氏と瀬戸氏は日本第一党を立ち上げている。


 余命としては、保守組織のまとめと資金的バックアップを

構築することを目的に活動してきた。

結果としてすべてシナリオ通り完成させている。



余命三年時事日記外患誘致罪
https://youtu.be/pq3fHlNJpU0

戦後71年、我が国はGHQの
やり過ぎた占領政策により
なんと基地外鮮人どもに
乗っ取られてしまった


この本を読み
最初で最後のチャンスに
望を懸けろ❢





そして、いよいよ外患罪という段に来ているのだが、

さすがに危険が危ないと察したのだろう敵さん

なりふり構わず動き出したというのが現状
である。

 今回、小坪氏に対する市議会の対応は非常識

といえるレベルをはるかにこえていて、昨年成立した

「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に

関する法律」だけでなく、「外患誘致罪」にも抵触する


考えているが、その危険まで冒してなぜ?という疑問が残る。

 小坪しんや事件1にざっと記述しておいたが、

余命はブログ遮断と

徹底した無視作戦でなんとか押さえ込んできた。



テロ犯「小坪しんやはブログで辞意表明を行え!
さもないと行橋市役所を爆破する!

→行橋市議会共産党議員らが発議
小坪慎也議員はテロ犯人に謝罪せよ!
→賛成多数で可決←???





また在特会についてはガセネタと裁判攻勢で対応してきた。

ところが政治家となると真正面からも裏側からも

攻撃しにくいということで、

発狂気味の別件いちゃもんつけとなったのが事件の真相だ。

 しかしまあ、彼らも馬鹿なことをやったものだ。

小坪議員の取り組みは彼らの資金源に踏み込まれ放置できず

ということで、本質は日本の国家レベルの問題
であるのだが、

所詮は地方レベルの問題として

全国レベルでは無視されてきたものである。


 28年4月発売の小坪しんやの書籍内容は具体的な数字を

あげて有無を言わせぬインパクトのあるものであったにも

かかわらず売れ行きはイマイチ
である。

事実や正論を語るだけでは

販売につながらないという壁がそこにある。



祝・初出版
行橋市議会議員 小坪しんや

http://amzn.to/1SmBWBP  

外国人の扶養控除についてまとめています。
地方議員の在り方とは?
新人一期生、地方から見る政治の世界。
少し照れくさいのですが、読んで欲しいです。


ダウンロード (29).jpg



 今回は、この事件が余命の監視対象となったこと、

今後、ことあるときは全面的に支援体制をとる

という確認
を以て、余命のメッセージとする。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


反対している議員は外患誘致罪…

............................真太郎

反対している議員は外患誘致罪だと思います。

八重山日報から。

尖閣での中国の活動を仲裁裁判所に訴えて」 

石垣市議会で提訴求める意見書を可決 野党は反対


*************************************
仲裁裁判所に提訴要望 尖閣問題、野党は反対

[八重山日報 2016.9.17]
http://www.yaeyama-nippo.com/2016/09/17/%E4%BB%B2%E8%A3%81%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E3%81%AB%E6%8F%90%E8%A8%B4%E8%A6%81%E6%9C%9B-%E5%B0%96%E9%96%A3%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E9%87%8E%E5%85%9A%E3%81%AF%E5%8F%8D%E5%AF%BE/
*************************************

16日の石垣市議会最終本会議では、議員提案の

尖閣諸島問題を仲裁裁判所に提訴することを

求める意見書が与党の賛成多数で可決
された。


 意見書では尖閣問題について「中国公船が接続水域に侵入を繰り返し、領海への

侵入もたび重なることに加え、軍艦まで派遣してくることは新たなステージに

入った感じを与え危惧する」と指摘。

「まずは中国が尖閣諸島周辺での活動を自制せざるを得ない状況を

作り出していくことが大切」と仲裁裁判所への提訴を訴えた。伊良皆高信氏が提案した。

 野党は「裁判の前に、政府は中国に対し、しっかり交渉を行うべきだ」

(井上美智子氏)と反対討論した。

採決の結果、与党13人が賛成、野党7人が反対した。


【KSM】沖縄・尖閣問題 石垣市議会
仲裁裁判所に提訴要望 賛成多数で可決

_____________________


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


.....外患罪の適用条件は

満たされているのだから告発すればいい
のである。

告発原告団へは全国レベルで参加、かつ資金支援が行われる。

これは先般の沖縄基地問題における反対勢力の告発から

沖縄偏向報道反日新聞社を含めて翁長までもが対象となる。

 外患罪、とくに外患誘致罪は平時の適用例がないが、

その適用される事態は売国事案が発生している場合であって、

そういう有事状態のもとでは

法的な保護は期待できない可能性が高い。

世界中、どこの国でも売国奴は

法ではなく、人民、国民の怒りにより処分されてきた。



外患罪が法治国家日本で唯一、

人治法、情治法
といわれる所以はここにある。

 国民感情が表にもろに出てくるため、制御できないレベルに

達する可能性が高く、現状の在日や反日勢力の行動を見ると、

どこで嫌韓スパイラルが起きても不思議はない。

 売国奴を擁護する者は弁護士を含めてすべて売国奴として

告発するスパイラルは誰にもとめられない。


さてどこから火の手が上がるかな。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


沖縄基地問題事件、

外患罪だけではなく、内乱罪でもある…


............................あるけむ

沖縄基地問題事件ですが、外患罪だけではなく、

内乱罪でもある
と考えますが、いかがでしょうか。


刑法第七十七条  

国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を

排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の

基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、

内乱の罪とし、次の区別に従って処断
する。

一  首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。

二  謀議に参与し、又は群衆を指揮した者は

無期又は三年以上の禁錮に処し、

その他諸般の職務に従事した者は

一年以上十年以下の禁錮に処する。

三  付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、

三年以下の禁錮に処する。

2  前項の罪の未遂は、罰する。

ただし、同項第三号に規定する者については、

この限りでない。


_____________________

.....明らかに、「国権を排除して権力を行使

しているような気がします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


.....有事は外患罪、平時には内乱罪

という位置づけにはかなり無理がある。

「暴動をした者」という前提があって、

これは少なくとも武力はともかく、

可視できる実力行使を伴う行為がなければならない。

共謀罪がないため最低限、それが必要条件だ。

 第一前提である「国の統治機構を破壊し

という部分もかなり無理があるだろう。

 まあ、内乱と言えば、西南戦争や2.26事件が思い浮かぶが、

戦後の朝鮮人と共産党が引き起こしたメーデー事件から

ここまで、数々の騒乱、

騒擾事件について内乱罪が適用されたケースはない。

 そもそも内乱とは日本国内で日本人が起こすことが

前提であって、そこに外国人である在日朝鮮人が共謀、

共闘するなど想定していないし、

そういう事態は平時といえるだろうか。

普通は有事、外患罪が適用される状況であると思われる。



 沖縄での基地反対勢力に対峙しているのは、

沖縄県外から派遣された機動隊
である。

大きな衝突が起きた場合に適用されるのは

100%外患罪であると思われる。

簡単な話、外患罪事例を一つ二つ作っておけば

いいだけのことである。それできれいに駆逐ができる。



9月21日午前10時半、機動隊員ら約300人がN1地区出入り口に
座り込む市民約200人を強制排除
しました。
この場所での衝突は工事再開の日以来2カ月ぶりです。
その後ヘリパッド建設用の砂利を積んだダンプ10台が入りました。#高江 #沖縄




 外患罪は売国奴有事法であり、

適用条件は非常にアバウトである。

反日、反国家的行為は大小にかかわらずすべて対象となる。



 同じ重犯罪でも、殺人事件であれば被害者の数とか

その他いろいろ情状酌量ということがあるが、

少なくとも外患誘致罪に関しては有罪か無罪かが

問われるだけで、起訴される場合は事実関係の存在には

争いようがない場合限られるから、

「起訴→死刑」という図式は確定
しているのである。


 6月5日の川崎デモを例に挙げよう。

 デモ隊が中止せず、デモを行った場合に衝突が起きて

多くの死傷者が発生したとした場合、治安当局、警察は

いったいどのような対応をとるのであろうか?

正規の許可された正当なデモ行為を妨害する連中に事前に

何らかの手が打てるであろうか、衝突が起きた場合に

法的な対応が果たして可能であろうか?


いずれもきちんとした対応は期待はできないだろう。

ましてや内乱罪の立件など望むべくもない。

結局、行き着くところは外患罪となる。

 まあ、普通の日本人には

関係がないことではあるが....。


_____________________

 少し外れるが、余命のコメント欄の状況である。

めったやたらに新規投稿となりすましが多い。

7〜8割はあるだろう。
で、決まったワンパターンの内容が

官邸メールは無駄」「外患誘致罪など適用できるわけがない

である。よほど気になるんだろうな。


 さて明日から大和会も動き出す。

あらためて思うが、

今、集まっている委任状の重みは想像以上に大きい。

 昨日、民進党蓮舫が告発された。

保守速報に告発状もアップされている。



【蓮舫\(^o^)/オワタ】
告発人「本日、蓮舫代表を公職選挙法の虚偽表示の疑いで
地検へ刑事告発状を提出しました。公民権停止を求める」

http://hosyusokuhou.jp/archives/48489069.html
5f4ee8d8-s.jpg



蓮舫に捜査のメス!!!
ついに外患誘致罪に問われる絶望の事態発生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
弁護士が【蓮舫は黒】宣言!!!
外患罪で逮捕される可能性!!


このように誰でも

弁護士なんか通さずに地検に告発できる
のである。

この蓮舫の二重国籍告発は処罰の要求が公民権停止

となっているが、理由として

国会議員という立場からすれば許されざる日本国民への

背信行為であり、外患誘致罪による死刑が相当である


とでもすれば大和会をはじめ

一般国民も共鳴、支援できるので地検は困っただろう。


飛騨守右近 @The 告発人(公式)

@cyuponpon 8:50 – 2016年9月20日


本日、 #民進党代表、蓮舫を公職選挙法第235条5項

氏名等の虚偽表示罪の疑惑があるとして

地検へ刑事告発状を郵送にて提出
しました。

後は地検の判断を待つこととします。」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


.....現状、

毎日、告発委任状をいただいているが、

書籍での呼びかけだけにとどめているので、

九州、四国地区と北海道地区が極端に少ない。


これを踏まえて数日中に関係者が集まり、

対応の最終決定をする予定である。



投稿日: 2016年9月21日

元ブログ-1164 小坪しんや事件2 にコメントを残す


【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

(1163)『1163 沖縄基地問題事件専用ファイル』解釈入れて

 今回余命記事は、

2.3.4.すべて外患誘致罪で対応の記述がされています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日B 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日C 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1163 沖縄基地問題事件専用ファイル ・・・2016/09/19/ 1163
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/09/19/1163-%e6%b2%96%e7%b8%84%e5%9f%ba%e5%9c%b0%e5%95%8f%e9%a1%8c%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab/

それでは本編です!

1163

沖縄基地問題事件専用ファイル

すみれの会、もしくは大和の会にて

支援出来ませんでしょうか?


...............................信人

余命翁、読者様、火急の件にて挨拶を省略させて頂きます。

以下正義の見方様の記事となります
http://www.honmotakeshi.com/archives/49570516.html

7e708d61-s.jpg



こちらの件、すみれの会、もしくは大和の会にて

支援出来ませんでしょうか?


余りの無法、余りの理不尽に目の前が真っ暗になりそうです。


_____________________

何も心配することはない。

今読んだ。

大和会代表も幹部も現在、東北と北海道へ保守連携へ

出かけており、水曜日まで不在
である。よって余命が承る。

すみれの会も大和会もこういうときのための保険、

バックアップ
として立ち上げている。


案件が沖縄基地問題に関することで、

在日や反日勢力絡みが明らかであるから当然支援対象
となる。

資金的な心配は無用である。

とりあえず以下の点について、この稿を専用とするので

情報送信されたい。閲覧後、すぐに削除する。

大和会へも連絡メールをどうぞ。


1.支援者あるいは支援組織の電話その他の連絡先。

2.事件当事者の氏名、住所、その他の情報。

3.相手方支援組織と弁護士情報。

4.沖縄タイムスと琉球新報の記事編集責任者と社主情報。



まあ、ここでは細かいことは言わないが、とりあえず

警察や地検の連絡に地元の支援者が何人か必要である。

相手が被害届を

出しているのだから、事件の存在に争いはない。

したがって、

こちらも告訴なり、告発なりで対応するだけの話である。

相手方は傷害罪程度の訴えだろうが

こちらは2.3.4.すべて外患誘致罪で対応する。

外患誘致罪容疑者を

擁護する者や組織は弁護士であろうと例外なく有罪である。

有罪即、死刑であるから、まず当事者は行方不明となるが、

絶対に逃がしてはならない。


警察や地検で

受理しない場合はこちら東京地検の方で対応する。


鳩山元総理の告発状についてはあまりにも対象案件が多く、

弁護士が音を上げているが、

このでっち上げ事件についての偏向報道は争いようがない。


とりあえずの回答であるが、

この2日間、余命は在宅なのでいつでもコメントどうぞ。



鳩山元首相は外患誘致罪で逮捕できる」 
青山繁晴



【鳩山由紀夫元内閣総理大臣が国賊として刑事告発される?】
外患罪で死刑も有り得る!?



【KSM】高島弁護士が蓮舫の外患誘致罪の適用に言及
⇒『この人の冗談黒すぎて笑えない』


投稿日: 2016年9月19日

元ブログ-1163 沖縄基地問題事件専用ファイル にコメントを残す


【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(1162)『1162 小坪しんや事件1』解釈入れて

 今回余命記事は、

「小坪慎也議員はテロ犯人に謝罪せよ!」

提出議員リスト


第190回国会 法務委員会 会議録本文


が記述掲載されています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日B 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日C 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1162 小坪しんや事件1 ・・・2016/09/18/ 1162
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/09/18/1162-%e5%b0%8f%e5%9d%aa%e3%81%97%e3%82%93%e3%82%84%e4%ba%8b%e4%bb%b61%e3%80%80%e3%80%80/

それでは本編です!

1162

小坪しんや事件1

※緊急拡散!※
【動画付き】2016/09/15 16:00
行橋市議小坪しんや氏、
共産党にハメられ政治家生命の危機!

テロに屈する訳にはいかない

反日愚国http://hannichigukoku.info/blog-entry-14617.html


テロ犯「小坪しんやはブログで辞意表明を行え!

さもないと行橋市役所を爆破する!」

→行橋市議会共産党議員らが発議

「小坪慎也議員はテロ犯人に謝罪せよ!」

→賛成多数で可決←???


提出議員は下記の通り。

提出者 市議会議員  コ永克子

提出者 市議会議員  二保茂則

提出者 市議会議員  大野慶裕

提出者 市議会議員  藤木巧一



先日流れていた #行橋市 に対する爆破テロリストに対し、
屈服せよとの決議に賛成した市議会議員の名前が判明した。
#コ永克子
#二保茂則
#大野慶裕
#藤木巧一

は提出者

#西岡淳輔
#小原義和
#鳥井田幸生
#大池啓勝
#工藤政宏
#瓦川由美
#西本国治
#田中次子

は賛成した輩



共産党が発狂している。

民進党(旧民主党+維新)と提携以来、

民進党の衰退の受け皿として党勢を維持したものの、

実態はジャパニズムにもあるように、

取り巻く環境は厳しくなっている。

朝鮮傀儡政党とか売国奴集団と称される民進党と組んだこと

により、戦後71年にわたって隠蔽してきた彼らに

都合の悪いことがあぶり出されてきているのだ。


昨年の安保法制をはじめとする仕掛けが失敗して、

巻き返しの一手として

選択した提携であったが、逆に足を引っ張られている。

出版においては

山村明義 劣化左翼と共産党」「井上太郎 最前線日記

村田春樹 日本乗っ取りはまず地方から

行方市議会議員 小坪しんや

田岡春幸 中小企業がユニオンにつぶされる日

そして一連の余命三年時事日記シリーズ、

特に今回は外患誘致罪がテーマ
である。



#余命三年時事日記 外患誘致罪
売国奴をやっと法的に訴える
ことのできる…委任状
がついています

日本人として生きるための
宣言書のような気がします

…英霊に捧げる宣言書です
◀抜粋





民進党だけではなく、社民党や在日との連携も出てくるのは

マイナスばかりで、沖縄における反対運動での逮捕者が

在日韓国人であったとか、運動の沖縄以外の参加者には

行動費5万円支給とか、もう目も当てられない惨状
である。


国の反撃が始まり、先日、翁長も敗訴した。

このような流れには、じっとしてはいられなかったのだろう。

小坪しんや事件は得意の集団恫喝で、

なりふりかまわず弱いところをついてきた
ということだ。

この件は次回とりあげる。



「辺野古」司法判断で県敗訴も
翁長知事に“逆転シナリオ”

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190137
怒りをにじませた翁長知事は、二の矢、三の矢で巻き返しを図るつもりだ。




今回は蓮舫二重国籍問題がかねてから在日や反日勢力の

弱点であり、民進党(旧民主党+維新)と共産党が

保身のために、いかに執拗に

議員誓願として提案されてきたかを示す資料
である。

このリストを見れば、まさに売国奴リストであり

外患罪リストであることがわかる。

適用されるとすれば

外患誘致罪であり、有罪、「死刑確定」である。


 日弁連が人道的問題として死刑廃止を訴えているが、

簡単な話、これも保身ということである。

こういう実態がわかってくると、民主党野田政権が

自衛隊クーデターを恐れて政権を放り投げたという噂も

納得できるし、安倍政権成立後、

30数名もの亡命者がどこかに殺到したという話も

まんざらガセではなかったのだろう。

外患誘致罪で告発検討されている

みなさんが関係する事案は赤字にしておいた。


_____________________

第190回国会 法務委員会 

第20号 平成28年5月25日(水曜日)

会議録本文へ

平成二十八年五月二十五日(水曜日)


出席委員

委員長 葉梨 康弘君

理事  あかま二郎君 理事 安藤裕君

理事  井野俊郎君  理事 城内実君

理事  吉野正芳君  理事 井出庸生君

理事  逢坂誠二君  理事 國重徹君

尾身 朝子君    大塚  拓君   奥野 信亮君    門  博文君

上川 陽子君    笹川 博義君   鈴木 馨祐君    田所 嘉徳君

辻  清人君    冨樫 博之君   藤原  崇君    宮川 典子君

宮澤 博行君    宮路 拓馬君   若狭  勝君    階   猛君

山井 和則君    柚木 道義君   大口 善徳君    吉田 宣弘君

清水 忠史君    畑野 君枝君   木下 智彦君    上西小百合君

鈴木 貴子君

…………………………………
議員 宮崎 政久君    山口 壯君    逢坂 誠二君    江田 康幸君

法務副大臣        盛山 正仁君

法務大臣政務官      田所 嘉徳君

政府参考人(総務省大臣官房審議官) 佐伯 修司君

政府参考人(法務省人権擁護局長)  岡村 和美君

法務委員会専門員          矢部 明宏君

五月二十三日

法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の

増員に関する請願(大口善徳君紹介)(第二三〇七号)

 民法を改正し、選択的夫婦別氏制度の導入を求めることに

関する請願(大口善徳君紹介)(第二三〇八号)

 国籍選択制度の廃止に関する請願(横路孝弘君紹介)

(第二三三三号)

 もともと日本国籍を持っている人が

日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに

関する請願(横路孝弘君紹介)(第二三三四号)


裁判所の人的・物的充実に関する請願(赤嶺政賢君紹介)

(第二四四四号)


同(池内さおり君紹介)(第二四四五号)
同(梅村さえこ君紹介)(第二四四六号)
同(大平喜信君紹介)(第二四四七号)
同(笠井亮君紹介)(第二四四八号)
同(穀田恵二君紹介)(第二四四九号)
同(斉藤和子君紹介)(第二四五〇号)
同(志位和夫君紹介)(第二四五一号)
同(清水忠史君紹介)(第二四五二号)
同(塩川鉄也君紹介)(第二四五三号)
同(島津幸広君紹介)(第二四五四号)
同(田村貴昭君紹介)(第二四五五号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第二四五六号)
同(畑野君枝君紹介)(第二四五七号)
同(畠山和也君紹介)(第二四五八号)
同(藤野保史君紹介)(第二四五九号)
同(堀内照文君紹介)(第二四六〇号)
同(真島省三君紹介)(第二四六一号)
同(宮本岳志君紹介)(第二四六二号)
同(宮本徹君紹介)(第二四六三号)
同(本村伸子君紹介)(第二四六四号)

同月二十四日

外国人の在留資格に関する請願(吉良州司君紹介)

(第二四七一号)

民法を改正し、選択的夫婦別氏制度の導入を求めることに

関する請願(前原誠司君紹介)(第二四七二号)

法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の

増員に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二六三四号)


同(池内さおり君紹介)(第二六三五号)
同(梅村さえこ君紹介)(第二六三六号)
同(大平喜信君紹介)(第二六三七号)
同(笠井亮君紹介)(第二六三八号)
同(穀田恵二君紹介)(第二六三九号)
同(斉藤和子君紹介)(第二六四〇号)
同(志位和夫君紹介)(第二六四一号)
同(清水忠史君紹介)(第二六四二号)
同(塩川鉄也君紹介)(第二六四三号)
同(島津幸広君紹介)(第二六四四号)
同(田村貴昭君紹介)(第二六四五号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第二六四六号)
同(畑野君枝君紹介)(第二六四七号)
同(畠山和也君紹介)(第二六四八号)
同(藤野保史君紹介)(第二六四九号)
同(堀内照文君紹介)(第二六五〇号)
同(真島省三君紹介)(第二六五一号)
同(宮本岳志君紹介)(第二六五二号)
同(宮本徹君紹介)(第二六五三号)
同(本村伸子君紹介)(第二六五四号)
同(吉田宣弘君紹介)(第三〇二一号)
同(城内実君紹介)(第三一七〇号)

裁判所の人的・物的充実に関する請願(漆原良夫君紹介)

(第二七七二号)


同(大口善徳君紹介)(第二九六八号)
同(清水忠史君紹介)(第三〇二二号)
同(横路孝弘君紹介)(第三〇二三号)

国籍選択制度の廃止に関する請願(横路孝弘君紹介)

(第三〇一九号)

もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に

喪失しないよう求めることに関する請願

(横路孝弘君紹介)(第三〇二〇号)

選択的夫婦別姓の導入など、一日も早い民法改正を

求めることに関する請願

(赤嶺政賢君紹介)(第三一三三号)


同(池内さおり君紹介)(第三一三四号)
同(梅村さえこ君紹介)(第三一三五号)
同(大平喜信君紹介)(第三一三六号)
同(笠井亮君紹介)(第三一三七号)
同(穀田恵二君紹介)(第三一三八号)
同(斉藤和子君紹介)(第三一三九号)
同(志位和夫君紹介)(第三一四〇号)
同(清水忠史君紹介)(第三一四一号)
同(塩川鉄也君紹介)(第三一四二号)
同(島津幸広君紹介)(第三一四三号)
同(田村貴昭君紹介)(第三一四四号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第三一四五号)
同(畑野君枝君紹介)(第三一四六号)
同(畠山和也君紹介)(第三一四七号)
同(藤野保史君紹介)(第三一四八号)
同(堀内照文君紹介)(第三一四九号)
同(真島省三君紹介)(第三一五〇号)
同(宮本岳志君紹介)(第三一五一号)
同(宮本徹君紹介)(第三一五二号)
同(本村伸子君紹介)(第三一五三号)

 治安維持法犠牲者に対する国家賠償法の制定に

関する請願(奥野総一郎君紹介)(第三一五四号)


同(穀田恵二君紹介)(第三一五五号)
同(近藤洋介君紹介)(第三一五六号)
同(佐々木隆博君紹介)(第三一五七号)
同(志位和夫君紹介)(第三一五八号)
同(田島一成君紹介)(第三一五九号)
同(寺田学君紹介)(第三一六〇号)
同(畠山和也君紹介)(第三一六一号)
同(藤野保史君紹介)(第三一六二号)
同(堀内照文君紹介)(第三一六三号)
同(本村伸子君紹介)(第三一六四号)
同(横路孝弘君紹介)(第三一六五号)

 民法・戸籍法の差別的規定の廃止・法改正を求めることに

関する請願(清水忠史君紹介)(第三一六六号)


同(塩川鉄也君紹介)(第三一六七号)
同(堀内照文君紹介)(第三一六八号)
同(宮本岳志君紹介)(第三一六九号)

同月二十五日

 治安維持法犠牲者に対する国家賠償法の制定に

関する請願(池内さおり君紹介)(第三二七六号)


同(笠井亮君紹介)(第三二七七号)
同(岸本周平君紹介)(第三二七八号)
同(玉城デニー君紹介)(第三二七九号)
同(福島伸享君紹介)(第三二八〇号)
同(古川元久君紹介)(第三二八一号)
同(宮本岳志君紹介)(第三二八二号)
同(宮本徹君紹介)(第三二八三号)
同(赤嶺政賢君紹介)(第三三七四号)
同(梅村さえこ君紹介)(第三三七五号)
同(大平喜信君紹介)(第三三七六号)
同(穀田恵二君紹介)(第三三七七号)
同(斉藤和子君紹介)(第三三七八号)
同(志位和夫君紹介)(第三三七九号)
同(清水忠史君紹介)(第三三八〇号)
同(塩川鉄也君紹介)(第三三八一号)
同(階猛君紹介)(第三三八二号)
同(島津幸広君紹介)(第三三八三号)
同(田村貴昭君紹介)(第三三八四号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第三三八五号)
同(西村智奈美君紹介)(第三三八六号)
同(畑野君枝君紹介)(第三三八七号)
同(畠山和也君紹介)(第三三八八号)
同(藤野保史君紹介)(第三三八九号)
同(堀内照文君紹介)(第三三九〇号)
同(真島省三君紹介)(第三三九一号)
同(升田世喜男君紹介)(第三三九二号)
同(本村伸子君紹介)(第三三九三号)
同(池内さおり君紹介)(第三四六八号)
同(大平喜信君紹介)(第三四六九号)
同(笠井亮君紹介)(第三四七〇号)
同(金子恵美君紹介)(第三四七一号)
同(菅直人君紹介)(第三四七二号)
同(黄川田徹君紹介)(第三四七三号)
同(小宮山泰子君紹介)(第三四七四号)
同(志位和夫君紹介)(第三四七五号)
同(田村貴昭君紹介)(第三四七六号)
同(武正公一君紹介)(第三四七七号)
同(辻元清美君紹介)(第三四七八号)
同(宮本岳志君紹介)(第三四七九号)
同(宮本徹君紹介)(第三四八〇号)
同(赤嶺政賢君紹介)(第三六四七号)
同(小川淳也君紹介)(第三六四八号)
同(清水忠史君紹介)(第三六四九号)
同(藤野保史君紹介)(第三六五〇号)
同(吉川元君紹介)(第三六五一号)

国籍選択制度の廃止に

関する請願(荒井聰君紹介)(第三三七一号)

もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に

喪失しないよう求めることに関する請願(荒井聰君紹介)

(第三三七二号)


裁判所の人的・物的充実に関する請願(階猛君紹介)

(第三三七三号)

同(若狭勝君紹介)(第三四六七号)

法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の

増員に関する請願(若狭勝君紹介)(第三四六六号)は

本委員会に付託された。

本日の会議に付した案件

政府参考人出頭要求に関する件

部落差別の解消の推進に関する法律案

(二階俊博君外八名提出、衆法第四八号)

(以下略)



日本共産党には破防法の適用を!
高江ヘリパッドに暴力革命分子が全員集合!


沖縄県民は米軍基地には反対だ、政府は民意を反映させない、
沖縄は在日の為に独立だ!

写真、小池、池内さおりがバッチリ




投稿日: 2016年9月18日

元ブログ-1162 小坪しんや事件1   にコメントを残す


【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

(1161)『1161 余命三年時事日記外患誘致罪アマゾンレビュー3』解釈入れて

 今回余命記事は、

懲りない政治家達に対する切り札になりうるか

難しいタイトル「外患誘致罪」

反日日本人に外患罪を

売国奴に外患罪の適用を」等の投稿


列挙掲載されています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日B 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日C 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1161 余命三年時事日記外患誘致罪アマゾンレビュー3 ・・・2016/09/17/ 1161
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/09/17/1161-%e4%bd%99%e5%91%bd%e4%b8%89%e5%b9%b4%e6%99%82%e4%ba%8b%e6%97%a5%e8%a8%98%e5%a4%96%e6%82%a3%e8%aa%98%e8%87%b4%e7%bd%aa%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc3/

それでは本編です!

1161

余命三年時事日記外患誘致罪

アマゾンレビュー3

懲りない政治家達に対する切り札になりうるか

投稿者南天群星ベスト50レビュアー2016年9月11日

 いったい、あなたはどこの国の政治家なのかと、

目や耳を疑わんばかりの懲りない某政治家達の所業。

彼らに対する切り札として

「外患誘致罪」は有効だと、余命チームは説いている。

日本の刑法の中で、最も罪が重たいとされる外患誘致罪。

 早い話が、外国と共謀して日本に対して

武力行使をした者に適用される罪で、

適用された場合は高確率で死刑になるとされる重罪
です。

 しかし、明治から現在にいたるまで、

この罪で訴追された例は一件もありません。


 それだけに、「現実味がない話だ」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

正直、私自身も非常に難しいと感じました。

 ただ、日本にはこういうカードもあるんだぞと、

しっかりと主張する事には大いに意義があるとも感じました。

これを題材に議論することで、一見、意味がないかのように

思えたこのカードが、意外なところで効力を発揮してくるかもしれません。

 民進党(旧民主党)の代表戦が連日のようにマスコミに

取り上げられているこのタイミングで、この内容を持ってくるところは上手い。

あの党が何をやってきたのかを再確認するのにも有効な一冊。



民進党両院議員総会
#野田佳彦幹事長 の起用案を了承
http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160031-n1.html?utm_source=browser&utm_medium=push_notification&utm_campaign=PushCrew_notification_1473978807&pushcrew_powered

民主時代野田は民団に
選挙のお礼
を述べているが
これで #中韓共闘ペア が完成💢

https://youtu.be/0BniwcDvi6s




金美齢さん💕
#民進党 #謝蓮舫 フルボッコ( ノ゚∀゚)ノ
#そこまで言って委員会



難しいタイトル「外患誘致罪」

投稿者傘殿堂入りベスト50レビュアーVINEメンバー2016年9月11日
Amazonで購入

平成26年まで、この日本ではスパイ行為を

罰する法律が無かったことから始まる衝撃の1冊
です。

 日本はスパイ天国と呼ばれ、本来の独立国家にあるべき

「スパイ防止法」が無い異様な状況…

 左に曲がったマスコミが「言論弾圧法」などと、

国民が何も話せなくなるような法案が

出来るのかと不安さえ感じるような報道のされ方
でした。

この本にはそういう不安を一掃してくれる内容が、

私のような庶民にでも

理解できるように詳しく書かれています。


 売国議員リストから、外国人参政権の危険性、民主党(現・民進党)議員の

深い闇まで説明されています。

 難しい言葉は下段に説明書きがあり、いちいちググらなくても大丈夫です。

第4章には、私の大好きな桜井誠さん(日本第一党の党首)との対談があり、

楽しく読ませて貰いました。

 日本人が暮らしにくい世の中になりつつあるようで、息苦しい毎日でしたが、

この本がベストセラーになっているということは、

それだけ気づき始めた人が多くなったと少し安心しました。



民進党代表に蓮舫、幹事長に野田元総理、
その他、前原、管、小澤、有田、鳩山
と外患罪の標的が勢揃い


メディアは朝日と毎日

TV局は一発で外患罪適用が
難しくまずは環境作り必要
◀抜粋
http://takarin7.seesaa.net/article/442022647.html


反日日本人に外患罪を

投稿者waka殿堂入りベスト10レビュアー2016年9月11日
Amazonで購入

日本には、外国の諜報員ではないかと思えるほど、

利敵行為に励んでいる者が少なくない。


 この「国家の存立を危うくする売国行為」として、

余命氏は、河野談話や村山談話、偏向靖国報道、

朝日新聞の捏造された南京虐殺報道・慰安婦報道、

韓国李明博大統領の天皇陛下侮蔑謝罪要求発言の

隠蔽報道など、10例
を挙げている。


もしこれが中国や北朝鮮だったら、重罪犯として断罪されるのは確実だが、

日本ではお構いなしである。

いずれも外患罪に該当する重大犯罪でありながら、外患罪が適用されたことはない。

 適用されなかったのは、外患罪は平時には適用されず、

戦争や紛争が起こらなければ成立しないからだという。

だが、韓国については平成25年10月25日をもって、

この適用条件がクリアされたと、余命氏は言う。

韓国政府が竹島での防衛訓練の実態を公表してくれたことで、竹島という紛争地域の

存在、日本と韓国が紛争状態にあることが国際的に明らかとなったからである。

 これにより、韓国と通牒して売国行為を行った反日日本人に対して、外患罪の適用が

いつでも可能になり、公安関係筋によると既に数千人規模

(メディア関係者2000人以上、VIP数百人)の「外患罪容疑者」が

ピックアップされており、Xデーに備えて容疑者の絞り込みが進んでいるという。

 余命氏は、民進党(民主+維新)は朝鮮人の利益のために奔走してきた売国政党で、

外患罪容疑者の巣窟であり、壊滅・解党させなくてはならないと主張する。

 平成21年8月の衆議院議員の総選挙に際し、民主党の候補者たちの多くは、

民団の面接を受けて、選挙支援と引き換えに「外国人参政権」の成立に

尽力することを誓約するなど、普通の国であれば極刑になってもおかしくないような

犯罪的売国行為をしていたのである。

 また、これを問題視するメディアもほとんどなく、麻生総理がカップラーメンの

値段を知らないとか、ホテルのバーで(自分の金で)酒を飲んでいたなど、

馬鹿げた自民党バッシングをひたすら繰り返しただけだったのである。

 日本は危うく韓国に「征服」される寸前だったことがよく分かった。

外国につけ入る隙を与え続ける反日日本人に早急な外患罪の適用を行うよう、

安倍政権に求めたいが、それには国民世論による支援が不可欠で、国民世論を

盛り上げていく必要があると、余命氏は述べている。



韓国と通牒して売国行為を
行った反日日本人に対して
外患罪の適用
がいつでも可能

公安関係筋→既に数千人規模
(メディア関係二千人以上)
の外患罪容疑者ピックアップ

されておりXデーに備えて容疑者の
絞り込みが…#amazon 抜粋』




売国奴に外患罪の適用を

投稿者まだらがさら2016年9月11日
Amazonで購入

前3作の著書もそうでしたが、読み進めれば

読み進めるほど、吐き気を催すほどの怒りがわいてきます。

韓国の日本侵略、そこに手を貸す売国政党・民進党。

本気で日本を乗っ取り、日本人を奴隷にしようと

算段していた
ことがよくわかります。

今まで静かに怒りをため込んできた日本人、

もうブチキレて良いと思います。

今回、素敵な付録もついています。

日本再生大和会宛の「告発委任状」。

少額ながら寄付もさせて頂きました。

微力ながら今回も是非、参加させて頂きたいと思います。

日本の大洗濯になることを願って。



猖獗を極める反日・亡国勢力への

「最強の切り札」外患誘致罪


投稿者駒形の新梧ベスト1000レビュアー2016年9月11日

『余命三年時事日記』シリーズ第四作目であります!

 これまで此のシリーズを購入或いはブログを

閲覧している方々には、民主党(現・民進党)政権が

行った様々な反日・亡国活動、彼等が結び付いている

外国人・帰化人(とりわけ朝鮮系)による数々の悪行等は

既知の事実である
かとは思います

(勿論、本書を読めばあまりの惨状に愕然とするのですが)


 しかし今回ではこれ迄から一歩進んで、それらの活動を行っている

(或いは過去に行った)政治家達に対して、遅まきながら「外患に関する罪」

(刑法第二編第三章;通称「外患誘致罪」)

で告発出来る土壌が整った事が非常に良く分かりました。

 それでも、司法界がどうやらかなり反日・亡国勢力に汚染されているらしい事から、

まだまだ余談を赦さない状況である事には変わりません。

 その理由の一つに、一般的に考えられているのとは異なり、

それらの勢力と対峙する「保守」側が依然として弱い事が挙げられましょう。

 それについては、第四章で余命氏と桜井誠氏との対談で詳しく述べられております。

悲しいかな、桜井氏曰く「右側が勝手に潰れていく」のが現状なのでしょうが、

しかしそれでも反日・亡国勢力に一切の妥協を赦さない闘いの灯火が消えずにある事、

そして我が国の悠久の繁栄を心より願ってやみません。

付録には以前から続いている官邸メール(第41〜53号)、

巻末には告発委任状が掲載されております。

 左翼の署名活動とは異なり、あくまでも読者各々の自由意思に

委ねられるものですので、敢えてそれらを推奨するものではありません。

 ただ私としては、本書を通して、反日・亡国勢力に対する有効なカウンター活動が

在る事をより多くの方々に知って戴けるのでしたら幸いであります。



後半に余命&桜井対談を収録! 

蓮舫議員の二重国籍問題が注視されている中で

タイムリーに「外患誘致罪」関連の事実を指摘する本です!


投稿者am_angelNo1レビュアー殿堂入りNo1レビュアー2016年9月10日

 余命三年シリーズ第4弾です。

前半は「外患誘致罪」という観点から、

民進党及びその所属議員たちが行ってきた

(または現在進行形で行っている)ことを指摘
し、

後半の127Pからはジャパニズムに掲載された

三代目余命氏と桜井誠氏の特別対談を掲載
した本です。

 外患誘致罪とは、刑法81条に条文がありますが、

外国と通じて日本に武力を行使させたら死刑、

というもので、関連して87条で未遂でもアウト、

82条で敵国の武力行為に加担しても死刑がありうる

と定められている、極めて重大な罪
になります。


たぶん、世界中のどの国の誰もがこれが死刑相当の重大な罪なのは当たり前だ

と理解するでしょうし、まさか自分の祖国を外国に攻めさせようとする人間など、

まずいないと思うのですが、しかしこの本では、野党第一党の民進党(特に旧民主党)

と、そこに所属する議員たちがどれほど特定の国や組織や、その国の人間と近しい存在で、

どんなに関係が密接かを告発し、これはもう「外患誘致罪」が適用されてしかるべき

事態であると指摘しています。

 この本ではそのことを、すでに我々が知っている、ニュースとして報道された各種の

事実を列挙していくことによって、どれほどの事態なのかを示しています。

 余命シリーズの本はいつも、事実を淡々と積み上げていって真実の姿を

浮かび上がらせる手法を取りますが、個々のニュースを見たり聞いたりしただけでは

そのまま流れて行ってしまうようなことでも、この本でやっているように並べてみると、

本当に怖い現実が見えてしまいます。

 私が覚えていたのは、当時政権政党だった民主党で外相を務めていた前原氏が、

外国人である在日韓国人からの政治献金を受け取っていた件で外相を

辞任したニュースですが、このようなものが出るわ出るわで、しかも事実の羅列なので

これ以上ないほどの説得力がありました。

 しかもタイムリーなことに、この本は民主党の総裁候補、蓮舫議員の二重国籍問題が

注視されているさなかの発売で、民進党や所属議員たちの感覚はこの本に書かれている通り

なんだろうと思いました。

 特定の外国人への利益供与といえば、第三章に生活保護の話が書いてあって、

116Pに「日本人が生活保護が受けられなくて餓死者が出ているのに、なぜ…」と、

いわゆる在日特権に疑問を示しているのですが、これは本当にそうだと思います。

 余命氏は在日の困窮者の保護は本国政府の仕事だと書いていますが、

それはその通りで、仮に百歩譲って人道的見地から日本が何らかの保護を

与えることはあっても、日本人と同等までが限度であって、なぜ日本人より

優遇されるのかは非常に疑問です。

日本国内で日本人がなぜか差別されている状態なのは断じておかしく、

是正していかねばならない問題を浮かび上がらせてくれる、とても貴重な本だ

と思うので星5つをつけました。



弱腰政府に代わって“外患誘致”の問題提起

投稿者富士桜ベスト100レビュアー2016年9月10日
Amazonで購入

 余命3年氏は予てより未だ実行されたことのない

外患誘致罪の適用を唱えてきていたが、本法の適用には

“有事”という条件が必要であり、立件できるのは

竹島問題だけと考えていたが、ここに至って

中国の尖閣問題、北朝鮮のSLBM発射と言った明確な要件

がそろってきた
と述べている。


 このような周辺国のなし崩しの侵略行為については、歴代政府はマスコミの

隠ぺいもあって敢えて立件に踏み切っていない一方国内においては利敵行為が

野放しになっている現状が書かれている。

 本書では特に一度政権を取って様々な反日行為を行い外患誘致罪を適用すべき

民進党を始めとする面々の実名を挙げている。

 司法界の汚染と政府の弱腰を考えるとなかなか法の適用は難しいが、

これをあえて告発することによって国民に問題提起する意義はあると思われる。



日本を取り戻す、反撃ののろし

投稿者Amazonのお客様ベスト500レビュアー2016年9月10日
Amazonで購入

現物が届くのが待ちきれず、キンドルにて一気に読みました。

 思えばこのシリーズの第一巻目を読んだときは、

怒りや悲しみ、自分の愚かさに身震いがしたものですが、

この本に至っては、希望があります。


日本を滅ぼそうとする人たちへの、

反撃ののろしのような本になっています。

 売国奴を、やっと、法的に訴える

ことのできる外患罪についての説明
はもちろん、

自分自身が行動できる委任状がついています。

日本人として生きるための、宣言書のような気がします。

現物がきたら、提出したいと思います。

それも、先祖供養になる。英霊に、捧げる宣言書です。



神風特別攻撃隊
−悲しいときはいつも−



神風特別攻撃隊 
さくら(独唱).mpg


事実を正しく知ること

投稿者Amazon カスタマー2016年9月10日

 これが第4弾となる余命三年時事日記シリーズの

コンセプトは、

「事実を正しく記すこと」が一番の特徴
だと思われます。

知られざる事実を、善意の第三者に教えてくれる本です。

そこにはどのような前提があるかというと、マスコミが

いかに真実をそのままわかりやすく報道していないかという、

報道のバイアス
があります。

誰かに不利なことは報道しないというバイアスです。


 外患誘致罪というタイトルですが、私が大事だと思ったのはこの本を読めば、

特定秘密保護法についての正しい理解ができる点です。

つまり特定秘密保護法は一般市民にはほぼ関係のない、

一種のスパイ防止法であるということでしょうか。そして誰が反対したか、ここ重要です。

 特定秘密保護法で公務員は調査されましたが、

政治家はアンタッチャブルとして残されました。

なぜ残されたのか、それはこの余命三年時事日記 外患誘致罪を

読むことで事実が正しくわかるでしょう。

 用語解説も充実して、シリーズ4冊の中で

一番読みやすく
仕上がっています。

日本再生大作戦の総仕上げともいえるこの一冊、

日本人の必読書としての重要性がますますアップ
しました。

ぜひ、読んでください。



#余命三年時事日記
ついに四兄弟になった余命三年時事日記。
四天王だ!!




投稿日: 2016年9月17日

元ブログ-1161 余命三年時事日記外患誘致罪アマゾンレビュー3

にコメントを残す



【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る

▲ページの先頭へ