2015年01月04日

(184)『背乗りによる日本の危機』


 今回は、背乗り(はいのり)という日本人には

あまり聞き慣れない言葉であるが、いつものファンタジー添えて

この関連事例を最近の事件も交えて記述
したいと思います。


兄弟ブログの紹介≫

① 余命解釈と繋がる「つぶやき」のまとめコーナー
http://takarin7-2.seesaa.net/

New 『憂国の士』ニュース
http://takarin7-3.seesaa.net/


『背乗り』とは -wikipedia



 背乗り(はいのり)とは、工作員が他国人の身分・戸籍を

乗っ取る行為
を指す警察用語。



概要[編集]

 元々はソ連の情報機関が古くから用いた方法だというが、
北朝鮮情報機関もよく使う方法であり、日本人拉致にも背乗りを目的としたものが多い。

 日本で工作活動を行うほか、韓国に入国するためのパスポートを得るためである。
周囲に気付かれないよう身寄りのない人が狙われやすいという。


               (以下略)

「スパイ天国」日本、諜報活動の実態とは?
背乗り』著者・竹内明氏に聞く




『尼崎事件と背乗(はいの)り』



角田 美代子

(すみだ みよこ、1948年10月12日 - 2012年12月12日)とは、
25年以上にわたって、尼崎市を中心に兵庫県、高知県、香川県、岡山県、滋賀県、
京都府の6府県で、数世帯の家族が長期間虐待、監禁し、
10人以上を虐殺した凶悪な殺人犯である。以前の苗字は「月岡」。

2011年11月の大江和子さんドラム缶事件で発覚した。



尼崎事件と背乗り.jpg
『尼崎事件と背乗り』



朝日が報じ続けた慰安婦証言の吉田清治氏 

証言も経歴も虚構
夕刊フジ 2014年9月8日(月)16時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000006-ykf-soci


 朝日新聞は32年もたって、吉田清治氏の

韓国・済州島で慰安婦を強制連行した

といった証言を虚偽と認めた。


 この吉田氏の経歴について、産経新聞が8日付朝刊で徹底検証している。
その素性は、あまりにも怪しく、謎に満ちたものだった。

 吉田氏の本名は吉田雄兎(ゆうと)。清治はペンネームで、他に別名として東司、
栄司を名乗っている。著書で「本籍・山口県」としているが、実は福岡県だった。
門司市立商業学校(当時)の卒業生名簿には「吉田雄兎」の名があるが、
卒業生名簿には「死亡」と記されている。

 著書の記述では、1937年、満州国地籍整理局に務め、
39年から中華航空上海支店に勤務したことになっている。
 しかし、歴史学者の上杉千年氏の調査では中華航空社員会で吉田を記憶する者はいなかった。

 吉田氏によれば、40年に朝鮮の民族主義者で日本の民間人を殺害した金九(キム・グ)
を輸送した罪で逮捕され懲役2年の刑を受けたという。

 ただ、吉田氏は、現代史家の秦郁彦氏に対し、罪名はアヘン密輸にからむ
「軍事物資横領罪」であることを告白している。

 42年に山口県労務報国会下関支部動員部長に就いたとする吉田氏。
済州島での慰安婦狩りも、著書で「(強制連行の)実態は私が家内にしゃべったか
見せたかしたので、家内の日記の中にありました」と書くが、吉田氏が実際に妻と
結婚したのは「慰安婦狩り」を行ったという時期の1年後のことだとされる。

 著書には戦後の吉田氏の足跡は一切触れられていないが、秦氏によると47年に
下関市議に共産党から出馬し落選。70年ごろには福岡県の日ソ協会役員に就いた。

 これら吉田氏自身の虚構は、秦氏や上杉氏、戦史研究家らの
丹念な調査・研究で明らかになった。

 秦氏は、吉田氏を「職業的詐話師」と呼ぶ。こんな男の証言を、
朝日は慰安婦強制連行の証拠として、報じ続けたわけだが、
謝罪や木村伊量(ただかず)社長の記者会見もしないのか。

 吉田証言は、米紙ニューヨーク・タイムズなどの海外メディアだけでなく、
韓国政府の報告書や、国連人権委員会のクマラスワミ報告書にも引用された。

 吉田氏は96年の週刊新潮(5月2・9日合併号)のインタビューで

「本に真実を書いても何の利益もない」

「事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、

新聞だってやっている」
などと捏造(ねつぞう)を認めた

 その後、2000年7月に死去したという。

          (以上引用)

『吉田清治は背乗りで朝鮮人の弟を養子に・・・』
世界が知るべき「河野談話」の真実
【日本の誇りを取り戻す】


≪参照ソース≫

【死んだはずの人間】 
背乗り 「戸籍ジャック」 次々と他市町に転入届 ゾンビかぁ!!吉田清治
http://matome.naver.jp/odai/2138268637448259301

【「背乗り」戸籍を盗り日本人になりすます】
http://brute.sakura.ne.jp/wp/?page_id=1335



ただいま『背乗り』警報発令中

警察と公安が・・・


 『韓国の在外同胞法と住民登録法の改正により、

来年1月22日から在外国民の国内居所申告制度が廃止され、

在外国民住民登録制度が施行
される』


 これによって在日らが、3.11東日本大震災で

お亡くなられた方の戸籍に背乗りして各地方で

ゾンビのように生き返っている
ようなのです。


 もちろん、警察、公安が目を光らせているようです。

『3.11東日本大震災後に・・・。』
支那チョンによる戸籍乗っ取り 
背乗り




                 ≪政界も・・・?≫

中朝出自の似非帰化人らの集合体.jpg-large
中朝出自の似非帰化人らの集合体〟 



ついに前原誠司に別人疑惑が登場!?

:正真正銘の「ハンベーダー」だったのか?

 
本物の「前原誠司少年」は、34年前に父親が自殺した後、舞鶴港に消えたらしいぞw

 「菅や前原は大学時代より

前の第三者による話しが一切出てこない」

「なにそれこわい」「やっぱり『背乗り』か」





この記事の真偽のほどはまったく定かではないが、まとめるとこんな感じである。

 本物の前原誠司という少年がいた。
しかしその父親は34年前自殺(あるいは他殺)した。
その頃、本物の前原誠司もまた舞鶴港に消えた。
前原さんに献金してた焼肉屋のかあちゃんの息子と入れ替わり、前原誠司と名乗る。

前原さんに献金してた焼肉屋のかあちゃん.jpg
『前原さんに献金してた焼肉屋のかあちゃんと・・・』


           (以上抜粋引用)



wiki-『岡田惣一郎』(岡田克也の義理の祖父)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E6%83%A3%E4%B8%80%E9%83%8E


岡田 惣一郎(おかだ そういちろう、1885年(明治18年) - 1927年(昭和2年))は、
四日市岡田家・岡田屋の6代目当主である。5代目当主の岡田惣右衛門の甥で養子。

不買イオン.png
『現在、長男は反日イオン社長であり三男は東京アカ新聞編集長』


概要[編集]
 5代目四日市岡田家当主の岡田惣右衛門夫妻は不妊症で、子どもが生まれなかった。
「このままでは岡田屋が滅亡する。夫婦養子をとろう」となり、
岡田惣右衛門の妹の岡田ひさが婿養子をもらうこととなった。

 婿養子となったのは、前田末吉。家柄などの出自が、不明の男だった。
前田末吉は、朝鮮半島から渡航した後、四日市西町の紙商店である鍵忠の
奉公人として修業し、勤勉に働いていた男性だった。

 それが惣右衛門の母・うのに、目をかけられ、
婿養子になることを望まれることとなった。

 前田末吉・岡田ひさの夫妻の間には、長女の岡田とよと長男の岡田惣一郎が誕生した。
惣右衛門は、とよ、惣一郎の2人を自分の子として四日市岡田家の養子とし、
惣右衛門の妻・のぶが養育した。前田末吉は、岡田惣七と改名し、四日市西町に分家した。

『つまり、出自不明の朝鮮引揚者・前田末吉の孫?』


『【在日朝鮮人】民主党の3人に1人!?在日の国会議員はこんなにいた!』
http://matome.naver.jp/odai/2137818395972670001


小沢一郎そして菅 直人

小沢一郎の父親である(小沢佐重喜)は現在の北朝鮮出身で、母親(小沢みち)は
現在の韓国(済州島)でお墓もあり、小沢一郎は毎年墓参を欠かさないという。

出典
噂の真相-真実を追い求めて!: 【特集】 小沢一郎は日本人ではなかった?

【石原都知事発言】


 1999年(平成11年)4月に韓国を訪問した際、同月18日に日本の党幹部・閣僚クラスの
政治家としては初めて(当時)となる、ソウルにある金九、尹奉吉、李奉昌、
白貞基といった、抗日テロリストの墓地を参拝した。

 この事に関して、東亜日報は「新しい韓日関係のため韓国に近づこうとする努力の
一環として評価している」と報じ、文化日報は「極右保守的なカラーを薄めるための
高度の計算だとの指摘もある」と述べた。

【民主党】

在日に選挙権を与えるべき

【小沢一郎】


出典
菅直人 - Wikipedia
小沢一郎は済州島出身

出典
kenshin.blog.ocn.ne.jp
小沢一郎は済州島出身

www.youtube.com
【民主党】在日に選挙権を与えるべき【小沢一郎】
菅直人
実母が済州島出身

出典
upload.wikimedia.org
菅 直人は、日本の政治家、弁理士。衆議院議員。
厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、旧民主党代表、民主党代表、
民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。
東日本大震災発生時の内閣総理大臣である。

直人朝鮮飲み・菅.jpg
〝朝鮮飲み・菅直人元総理〟


【日本人拉致事件容疑者親族の政治団体への献金問題】
 2011年7月には、北朝鮮による日本人拉致問題関連団体への献金問題が発覚した。
2011年4月の第17回統一地方選挙三鷹市議選に、よど号ハイジャック事件を
起こしたよど号グループの元リーダー田宮高麿と、石岡亨・松木薫を欧州から
北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で
国際手配を受けている森順子の長男森大志が立候補した。

 この森が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体
「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握代表)に菅の資金管理団体
「草志会」が2007年に5000万円、2008年に1000万円、2009年に250万円の、計6250万円の
政治献金を行っていたことが2011年7月に政治資金収支報告書から明らかになった。

 市民の党代表の酒井は、菅が初当選した選挙を手伝い、民主党議員約100人の選挙応援も
行った間柄で、酒井も「菅とは30年ぐらい前からの付き合い」と述べた

出典
菅直人 - Wikipedia

www.youtube.com
 在日韓国人の名前を絶対に言いたくない菅直人 20110603 参議院予算委員会
菅が自社さ与党訪朝団の一員として1995年3月に平壌を訪問した際、当時、対日工作を
仕切っていた北朝鮮の金容淳党国際部長(朝鮮アジア太平洋平和委員会委員長)から、
菅や鳩山由紀夫が贈り物を受け取っている写真も見つかっており、

 この件については、自民党も弁護士や会計士、元警察官僚などを
中心とする菅首相拉致関係献金疑惑追及プロジェクトチームを立ち上げ調査を始めており、
7月29日には、平沼赳夫が代表を務める超党派の「拉致救出議員連盟」がこの献金問題を
解明する調査特別委員会を設置することを決め、調査には東祥三拉致担当副大臣や
拉致被害者の支援団体も協力すると明言、産経新聞はアメリカ情報機関や公安当局も
献金先の団体に関心を寄せていると報じた

出典
菅直人 - Wikipedia


鳩山 由紀夫

出典
24.media.tumblr.com

鳩山由紀夫

実父、威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子

妻の幸も在日韓国人



出典
img5.blogs.yahoo.co.jp
鳩山 由紀夫は、日本の元政治家。東アジア共同体研究所理事長。学位はPh.D.。
衆議院議員、内閣総理大臣、新党さきがけ代表幹事、旧民主党代表、旧民主党幹事長、
民主党代表、民主党幹事長などを歴任した。

『売国行為の発言ばかりの鳩山、心は日本人では非ず。』
鳩山元首相、於中国インタビュー 
尖閣問題


出典
chie.c.yimg.jp
麻生内閣に対しては「中国を活用して北朝鮮の扉を開かせることを考えるべきだが、
その努力が極めて稚拙で足りない」と非難した

出典
鳩山由紀夫 - Wikipedia
過去の鳩山由紀夫の言動から鳩山由紀夫の実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子、
妻の幸は在日韓国人というのは事実だと思います。

出典
鳩山由紀夫は彼の実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子で妻の幸も在日韓国人だった!
|国際ジャーナル<国際政治・経済・社会 海外移住の実態 >


土井たか子

本名・李高順、昭和三十三年十月二十六日帰化


出典
www2.ocn.ne.jp
 土井 たか子は、日本の政治家、法学者。兵庫県神戸市出身。愛称はおたかさん。
衆議院議長、日本社会党委員長、社民党党首、衆議院議員などを歴任。 日本において、
女性初の衆議院議長と政党党首を務めた。

土井たか子.jpg
『帰化人・土井たか子』


 社会党のバァサン、土井たか子の本名が「李高順」であるというのだ。
あ この話は事実であり、社会党自身が認めたにもかかわらず
マスコミは長くこれをかけなかった。

出典
李高順、朴三寿、趙春花 : O V E R D O P E (旧館)

 1991年に里帰りした李高順。

 この時李高順が金正日同志に贈った品が、金丸信(通称キム・ガンシン)が
贈った品とともに、今も平壌郊外の妙香山にある「国際親善博物館」で展示されている。
土井たか子議員に学歴詐称が発覚。実際には同志社大学法学部を卒業していない。

出典
鳩山由紀夫は彼の実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子で妻の幸も在日韓国人だった!
|国際ジャーナル<国際政治・経済・社会 海外移住の実態 >

土井は、昭和3年兵庫県神戸市の長田区の朝鮮人街で生まれ、実姉も北朝鮮人と結婚し、
その姉は現在は北朝鮮の平壌で親族たち多数と共に暮らし、姉の夫は朝鮮労働党の幹部。

出典
鳩山由紀夫は彼の実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子で妻の幸も在日韓国人だった!
|国際ジャーナル<国際政治・経済・社会 海外移住の実態 >

(引用終了)


民間防衛新装版 [ スイス ]に見る日本


 下の図はスイスの民間防衛新装版の中の侵略段階図です。

日本はすでに5段階目で非常に危険な状態のようなのです。

 まだお花畑の方々は、それに気がついていないだけなのです。


民間防衛新装版 [ スイス ].jpg
『民間防衛新装版 [ スイス ]』


【民主党は朝鮮進駐軍です】


パチンコ相関図.jpg
『パチンコ相関図』


 ちなみに世界各国の政党に左翼というのは当然ありますが、

そのほとんどが国のために政策を進める政党です。

 しかし、我が国の左翼政党は日本崩壊を目指しているのです。

そしていつまでもウリナラ母国へ忠誠を誓うのです。




 しかし、いよいよ安倍総理が数年の歳月を掛け

進めてきた「反日勢力殲滅そして除鮮」の集大成が

余命氏、警鐘鳴らす『極限値2015』によって始まるのです


安倍総理を断固支持します!.jpg-large  
『不逞朝鮮人どもより「美しい国、日本を取り戻す。この道しかない。」』



注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405518367.html

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/405527553.html

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/408377943.html


 
 今回は以上です。

【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をクリック
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしくお願いします!


      


つづきは・・・
(185)『「極限値2015」はTV砂嵐から官邸速報へ・・・』
http://takarin7.seesaa.net/article/411935961.html

                      
全部読めば、

来年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

     【その目次】


(1)「余命3年」私の解釈入れて、しかし今回は挨拶だけ・・・
http://takarin7.seesaa.net/article/401316691.html
(2) 2015は極限値(中間報告)
http://takarin7.seesaa.net/article/401361376.html
(3)「余命時事放談会 ①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401435485.html
(4)「余命時事放談会 ②」
http://takarin7.seesaa.net/article/401520473.html
(5)「余命時事放談会 ③」
http://takarin7.seesaa.net/article/401609361.html

(6)「余命時事放談会記事フォローアップ」
http://takarin7.seesaa.net/article/401670959.html
(7)「余命記事のぼかしとカット基準①」
http://takarin7.seesaa.net/article/401699533.html
(8)「ぼかしとカット基準②クリミアの戦訓」
http://takarin7.seesaa.net/article/401743941.html
(9)「ぼかしとカット③ 国内問題、中国軍事委員会、軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401752520.html
(10)「反日議員アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/401813600.html

(11)「永住者カードと強制送還」
http://takarin7.seesaa.net/article/401821318.html
(12)「在日終了Q&A(国外財産調書)」
http://takarin7.seesaa.net/article/401822771.html
(13)「2015年と民兵問題考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/401835178.html
(14)「ぼかしとカット④軍事機密」
http://takarin7.seesaa.net/article/401838424.html
(15)「ぼかしとカット⑤核武装」
http://takarin7.seesaa.net/article/401903556.html

(16)「ぼかしとカット⑥ロシア」
http://takarin7.seesaa.net/article/401978259.html
(17)「2014年01月02日 カモフラージュタイトルの大失敗」
http://takarin7.seesaa.net/article/402036770.html
(18)「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル」
http://takarin7.seesaa.net/article/402060705.html
(19)「亡命騒ぎの裏側」
http://takarin7.seesaa.net/article/402068157.html
(20)「新春放談会 靖国神社参拝の影響」
http://takarin7.seesaa.net/article/402089338.html

(21)「ネット戦線異常あり」
http://takarin7.seesaa.net/article/402121075.html
(22)「在日韓国人と改正韓国国籍法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402132963.html
(23)「兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402134597.html
(24)「中国軍事放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402262247.html
(25)「中国経済放談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402266958.html

(26)「韓国最新事件簿」
http://takarin7.seesaa.net/article/402275412.html
(27)「日本国内最新韓国時事」  
http://takarin7.seesaa.net/article/402323611.html
(28)「東京都知事選はサプライズか」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323796.html
(29)「都知事選を考察する」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323868.html
(30)「韓国国籍法と兵役法は棄民法」
http://takarin7.seesaa.net/article/402323939.html

(31)「驚きの中国軍事委員会(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324045.html
(32)「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324151.html
(33)「東京都知事選の影響アラカルト」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324231.html
(34)「中国、韓国ここ10年(時系列検証)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324350.html
(35)「時事日記Q&A」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324415.html

(36)「国外財産調書(海外財産申告制)の考察」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324511.html
(37)「NHKサイエンスゼロ津波地震計」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324619.html
(38)「日本の有事民間防衛」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324736.html
(39)「在日は住民登録に及び腰」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324795.html
(40)「武器輸出三原則」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324844.html

(41)「中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324950.html
(42)「ロシア考察(遺稿メモから)」
http://takarin7.seesaa.net/article/402324992.html
(43)「時事放談会 ウクライナ問題」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325037.html
(44)「時事放談会 韓国事案」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325084.html
(45)「通名廃止は韓国容認(遺稿記事) エッ!」
http://takarin7.seesaa.net/article/402325317.html

(46)「ぼかしとカット⑦朝鮮戦争」
http://takarin7.seesaa.net/article/402330170.html
(47)「2015は極限値 つづき」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403542516.html
(48)「2015は極限値(大気汚染)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403554968.html
(49)「更新遅れのお詫び」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403572940.html
(50)「嘘つきは亡国の始まり」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403602182.html

(51)「日韓開戦まであと2年。現状報告。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/403875528.html
(52)「日韓戦争はもはや必至の流れ」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403890720.html
(53)「ぼかしとカット⑧北朝鮮問題」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/403926668.html
(54)「日韓戦争を考察する①背景」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404009369.html
(55)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404010911.html

(56)「日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404040162.html
(57)「日韓戦争を考察する③日本の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404046872.html
(58)「日韓戦争を考察する④韓国の態勢」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404049760.html
(59)「日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404056802.html
(60)「日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404059616.html

(61)「2012年衆院選挙を考察する(選挙後)」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404137385.html
(62)「遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404162912.html
(63)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404210867.html
(64)「2015年7月8日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404247471.html
(65)「2015年7月8日 生活保護事案」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404328711.html

(66)「2015年7月8日 資産凍結①」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404339368.html
(67)「2015年7月8日 資産凍結②」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404343156.html
(68)「朝日の落日」私の解釈入れて
http://takarin7.seesaa.net/article/404453240.html
(69)「日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ②序章つづき」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404490901.html
(70)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム③」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404558659.html

(71)「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム④」私の解釈
http://takarin7.seesaa.net/article/404764294.html

   NEWページ・リストは下の欄に           
                       

ちなみに
このソース元は月間322万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)
posted by たかりん。7 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック