2015年02月21日

(205)『閑話休題 アラカルト④』解釈入れて

 今回も、本題『閑話休題 アラカルト④』の前に、

今回の余命ブログの中で韓国とちょっと竹島でもめるだけで

という件を過去ログから読み解けば、

竹島奪還宣言」だと思いつく方が

多数いらっしゃることでしょう。

 


 昨年、国会質疑で安倍総理は時期が来れば

竹島奪還宣言をすると思える発言を・・・。


【安倍晋三が竹島の奪還を宣言!!



 しかし逆行して、あの反日・売国NHKはWeb地図に

最近まで「日本海」と「東海」を併記し「竹島」を

リアンクール岩礁」と名称付けしていたのです。


【NHKが日本海と「東海」を併記 竹島は名称変更




 今回の余命ブログの中でそのNHKの終焉の時期

記述されています。

 朝鮮マスゴミであることを知る日本人ならば

明日にでもと思うだろうが、順序に従って安倍総理は

粛々と「美しい国、日本」を取り戻し始めています







注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間322万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
閑話休題 アラカルト④ ・・・2015-02-20
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-02-20

それでは本編です!

閑話休題 アラカルト④


 先日、税理士と税務相談。「納税額は完璧のゼロ」。

どこかで聞いたことがあるような結果でした。

まあ、なけなしの預金が140万も減っていたので

赤字は確信していたのですがさすがにがっくりです。

不偏不党、非営利の個人ブログなんて

かっこはいいかもしれませんが

貧乏人のやることではありませんね。



お金といえば、まずその関連です。

朝日の集団訴訟の原告数が21000を突破し、

まだのびそうだという報道がありました。





また米国では在米日本人が朝日に対し損害賠償訴訟を起こしたそうですね。
先般出稿の「集団訴訟、集団通報」で少しふれておきましたが、日本が現状抱えている
反日勢力や在日の問題のほとんどはこの関係の処理でカタがつきます。

 集団訴訟でとりあげ可能な問題は種々さまざまですが、今回始まった朝日新聞捏造問題を
はじめ、憲法違反生活保護の支給停止、通名報道の禁止等の在日特権に関する廃止問題、

そして現在、李信恵保守速報裁判や朝日新聞植村記者裁判等の逆告訴、ヘイトスピーチに
関する反ヘイトの対応、またテロ法に違反する事案の告訴、現状、竹島紛争で
適用状況下にある韓国事案対象の外患罪の告訴等いくらでも可能です。




 こう書いてくると、「では、どうして今まで?」と言う話になりますが、
これはまさに余命の歴史です。

2012年8月に立ち上げ、それからの1年は過去ログをご覧になればよくわかりますが、
一目見てぞっとするような段落も句読点もない誤字だらけの文字羅列文書です。

タイトルは全くのカモフラージュで読んでみないと
何が書いてあるかさっぱりわからない異様なブログでした。

これについては過去ログをご覧いただくとして、わずか1年前までは、
まだ圧倒的にネットでは反日、在日勢力が強かったのです。

 2013年10月まで立ち上げから約420日で総pv44万

1日あたり平均1050にも満たない状況でした。

それが昨年1月から400日で明日には2500万pvを突破が現状です。



 もちろん努力もありますが、最大の原因はネットの普及に尽きると思います。

 ネットの普及によって国民が覚醒し、問題があぶり出されてきました。
そしてそれにあわせて行政も対応してきた結果が「今やっと!」ということです。


通報制度は以前は電話か郵送しかありませんでした。

しかし現状入管のHPの通報画面は匿名のネット対応です。
書式が用意されていて、必要事項を記入し確定キーを押すだけの超簡単になっています。
【東京入国管理局H.P】

http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/

「東京入国管理局では,平成19年10月6日から,それまでの開庁日での受付に加え,
土曜日,日曜日,祝日(12月29日~1月3日の年末年始休暇期間を除く。)
の午前9時から午後5時まで,不法滞在外国人に関する電話での情報提供をお受けします。


電話番号   03-5796-7256までお電話ください。

メール受付  上に記述のhome pageからになります。





 同様に集団訴訟もネットで委任状を作成

捺印して送るだけという超簡単作業です。

.....「朝日新聞を糾す国民会議」(事務局=「頑張れ日本!全国行動委員会」)が
推進する朝日新聞集団訴訟の原告団が1月26日午前、起訴状を東京地裁に提出したのだ。

委任状の希望の方はこちら ≫



http://www.asahi-tadasukai.jp/



訴訟の場合はいろいろと面倒な手続きとお金がかかるので
ハードルが高かったのですが、ネットの普及がこれを解決してしまいました。

 後は原告団をまとめる組織の信用力の問題だけで、今般の朝日の問題は、国民が
みな等しく怒りを覚えるものですから、それだけでこれもクリアしてしまいました。

 今後の方針として、この朝日の例では勝訴、
満額であれば原告団は2万人超ですから2億円です。

この件の原告のみなさんは1万円が欲しくて加わった方はまず皆無でしょうから、
これをもって訴訟基金なるものの設立もいいですね。

運営は訴訟経費その他ウェブ上で随時公開しておけば問題は起きません。
また活動については損害賠償事案については総額寄付とでもしておけば、
それをプールしておいて、外患罪などの告発事案や米国における慰安婦訴訟の
支援もできるでしょう。

 こういう集団訴訟や告発組織ができるということは、実に画期的なことで、
本来このような集団行為は反日左翼の専売特許でした。

 それが前述の憲法違反生活保護の支給停止、通名報道の禁止等の在日特権に
関する廃止問題、そして現在、李信恵保守速報裁判や朝日新聞植村記者裁判等の逆告訴、

ヘイトスピーチに関する反ヘイトの対応、またテロ法に違反する事案の告訴、
現状、竹島紛争で適用状況下にある韓国事案対象の外患罪の告訴等
いくらでも可能になったのです。

 今回の朝日集団訴訟の原告団弁護士グループが基軸となるか、
また別の組織が立ち上がるかはわかりませんが、今後は告発事案が連続しそうですね。

 まず、外患誘致罪です。これは過去ログにおいて詳述しておりますが、
戦争なり紛争なりの関係にある当事国あるいは組織に利益供与や
売国行為を行うものに対する法律です。

 2013年10月25日韓国軍の竹島防衛演習をもって、

日本領土が侵略されたという

紛争事態が確定し、外患罪の適用条件が満たされました。


【韓国軍】
 極右の民間人上陸を想定し竹島で軍事訓練


 にもかかわらず安倍さんも関係機関も動かなかったのは、外患罪の適用は反日勢力の
死活に直結するため大規模な反発が予想されたためです。
 大山鳴動ネズミ数匹では意味がありません。政府としては動きにくかったのです。

 しかし、朝日の捏造記事問題が発覚した現状では、

福島瑞穂なんて完璧に対象です。


【閲覧注意映像アリ】
福島瑞穂の慰安婦問題のウソと捏造の真実を論破か!?
支離滅裂すぎる全てを暴露!!



 また今般のISIL人質事件で彼らテロリストは

日本に対し宣戦布告しています。

この利敵行為も外患罪対象です。

百歩譲ってもテロ資金提供処罰法の適用対象となります。

山本太郎の発言はあきらかに該当事案です。

民間の集団訴訟なら安倍さんは大歓迎するでしょうね。



この関係の過去ログの再掲です。
.....「公安、外患誘致罪適用へスタンバイ」

2013/12/01

 10月25日竹島での韓国の防衛訓練には駆逐艦やF16戦闘機が投入され、
海軍特殊部隊の上陸訓練も行われた。

非公開予定だった訓練は「いかなる状況においても独島(竹島の韓国名)を確固として
守る韓国軍の意思を示すため」(国防省)公開されたという。

韓国政府はもはや軍をコントロールできないようだ。
米軍とのコンタクトも無視されているようで、完璧に中国三軍演習に組み込まれている。
日本の政経軍への影響についていくつかに分けて検証する。

韓国の竹島演習はこれまで日米の顔色を見ながら非公開でこっそりと行われてきた。
したがって対外的に韓国の不法武力占拠、紛争地域という実態がなかなか証明しずらかった
のだが今回、韓国国防省が公開したことによりこの紛争問題の存在が明らかになった。

これをうけて公安は外患誘致罪をはじめ外患各罪の

告発要件が満たされたと判断した模様だ。


 日本の刑法の規定で最も重い罪は「外患誘致」(81条)であり、
極刑以外の刑罰を定めていない。条文は次の通りだ。

「外国と通謀して日本国に対し

武力を行使させた者は、死刑に処する」




むろんこれまで適用例はない。(これについては外患罪に詳説してある)

 この外患罪の特徴は対外存立であって他国あるいは組織と紛争あるいは戦争が
発生した時点で成立するというところにある。

したがって平時には常識では売国奴的行為や反日スパイ行為であっても
外患罪は成立しない。だが確実に潜在しているのだ。

 昨年末から尖閣、竹島、慰安婦等の問題で様々な動きがあった。
それに対して外患罪を適用せよというような動きもあったのだが、
なにしろ平時であることと、尖閣では中国と、竹島や慰安婦問題では
韓国との紛争発生が絶対必要条件とのことで立ち消えになっていたのである。

しかしその時点では政界だけでも「尖閣衝突での外患罪予備軍に、鳩山、村山、
仙谷、加藤」らの名前が挙げられ「竹島衝突での予備軍に河野、管、小沢、野田、
岡崎、山岡、志位、福島」らの名前が挙がっていたのである。(後略)




 この10月25日の韓国の竹島防衛演習実施は

最高の神風でした。

①日韓は紛争関係にあること。日本の領土竹島に韓国が侵攻、
占拠していることによる開戦カードのプレゼント。

②日韓は紛争関係にあること。よって反日日本人に対する外患罪適用条件が
整ったことによる外患罪告発カードのプレゼント。

③米の韓国切り捨てが確定したこと。




すべて余命の過去ログの繰り返しですが、とりあえずまとめの意味で記述しておきます。

まず③ですが、演習の通告が駐韓米軍になかったことから
米軍が韓国に事態の説明を要求。

これに対し、韓国は平時統制権は韓国側にあって、
米軍への通告は必要がないと蹴ったことから米軍は激怒。

その後、竹島に関する日韓紛争については

米は中立の立場であるという声明に繋がります。

要するに「日本の力による奪還容認」ということですね。


①については、シナリオの障害がなくなったということです。
中立宣言の場合は動員された在日韓国人は、全てが兵務庁傘下の軍属で兵士では
あっても交戦国は北朝鮮でした。しかし日韓開戦の場合の動員は交戦国は日本です。

凄惨な殺戮戦は必至です。


通名、日本人なりすましは即刻、

テロゲリラ扱いが現実に見えてきました。


安倍さんは十二分の備えをもって対処するとは思いますが
しっかりした自衛も必要ですね。

 この両シナリオはともに反日メディアの破壊殲滅以外は
日本人反日勢力は対象ではありません。
したがって反日組織や、反日政党、帰化人等の押さえ込みは事実上困難でした。

ところがここで安倍さんにまた神風が吹きます。
「②日韓は紛争関係にあること。

よって反日日本人に対する外患罪適用条件

整ったことによる外患罪告発カードのプレゼント



これは10月25日の時点ではほとんど注目されていなかったと思います。

事実上竹島で紛争状態ではあるものの、それを明らかにして外患罪起訴という作業は
反日勢力を結束させるだけで、法の未整備の中とんでもなく高いハードルがあったのです。

「外患誘致罪は売国罪、破廉恥罪だ」

「外患罪スタンバイ」参照。


 外患罪とは日本人あるいは永住権を持つ外国人が日本人あるいは日本国家に対して
犯した犯罪のことです。戦時、紛争時のみに適用されますので、戦時国内法です。

 外患誘致罪、外患援助罪、外患予備罪、外患陰謀罪とありますが、いずれもその法意は

「日本の国家としての存立を貶め、

危うくする行為
から日本を守ることを法益とする」


というところにあります。

外患誘致罪は死刑のみという日本国憲法では最高刑ですが、その他も重刑です。
まあ売国奴処罰法ですから当然といえば当然ですね。

 神風とは、朝日新聞慰安婦問題訂正記事の事案です。

この件は関連事案が多いこと、また関係事案が確定していること、
慰安婦問題をはじめとして、数々の特権に群がるほとんどの組織が在日と
反日勢力で中国はほとんど関係がないことから韓国事案だけで外患罪を
適用することが簡単になりました。

 現状でも竹島問題で紛争中であって、起訴は可能ですが、念を入れて、
韓国政府に日本領竹島に不法にいる韓国人の即時退去を求めれば、
血相を変えてむかってくるので戦時体制の構築は容易です。

反国家行為が全て対象となりますから、

現状の日本メディアはすべてが該当します。

政治家もかなりの数が該当します。

外患誘致罪は何人もいませんが

援助罪以下は千人規模でいるのです。


 安倍さんにとって外患罪カードがいつでも使えるようになったのは大きいですね。
日本人反日勢力をいつでも叩けます。

民主党、共産党、社民党、公明党まで政治家は戦々恐々でしょう。
外患罪は予備罪でも陰謀罪でも起訴されて有罪となれば、一般犯罪とは
全く異なり売国罪ですから日本社会では表から抹殺されます。

政治家は政治生命を絶たたれます。

まあ、このカードを使うのは来年秋以降でしょう。



 さてちょっと寄り道。

麻生さんと日韓スワップ終了についてです。


さりげなく、当たり前に麻生さんとよんでいますが、
前回までは親韓麻生だったんですよ。もちろん理由がありました。
ご当人は当然でしょうが余命もつらかったのです。

 出自と政治家としての環境に韓国との繋がりの素地がありました。
過去ログの「政治家のみなさんに点数をつけてみませんか」の中での採点で、
安倍さんと麻生さんは飛び抜けた高得点です。

点が高いほど親韓度が高いということだったのですが
安倍さん同様、設定上気の毒な点があったのです。
 利権がらみの大きなプロジェクトに名があるとレッテルが貼られます。

ご当人は政治家として日韓というものを考えていたのは間違いありませんが、
政治家として総理大臣という頂点を極めた瞬間に韓国大統領だった李明博に
裏切られ煮え湯を飲まされます。それも一度や二度ではありません。

育ちがいいとこうなるんですね。

 結局、1年もたずに政権を民主党に奪われてしまいました。

安倍さんは放り投げでしたが、麻生さんは直接でした。


ましてやスワップに関しては韓国のために増額までしているのです。
その反動で、麻生さんの臥薪嘗胆は安倍さんよりもはるかに強いものだったと思われます。

こういう流れで麻生さんの冠に親韓がついたのですが、この件について、
余命は「2月23日のスワップ終了をもって名誉回復となる」旨を記述しています。

「過去において、何度も韓国の要請にこたえてきたが...」

という下りは麻生さんの思いがにじみ出ているようです。
まさにスワップ終了は麻生さんのリベンジでした。

 安倍さんの後継がいない今、麻生さんの役割は重要です。頑張って欲しいですね。


.....ここでマイナンバーについて追記です。

2015年10月からの運用というのは2016年運用開始に向けての
部分的試験運用という位置づけです。

「いったいどういう意味?」ということですが、

どうもカード未更新者の集中洗い出しのようですね。

さてもとにもどり過去ログからです。
.....日本再生大作戦放談会 

在日対策①

(中略) 第二幕は米軍韓国撤退から始まります。
2015年12月の戦時統制権返還が予定通りであれば、
必然的に米軍撤退はそれ以前に始まります。

米陸軍平沢移動なんて全く関係ないですね。

北の侵攻に巻き込まれないようにするためだけではありません。
米軍撤退ストップのために韓国軍が北朝鮮を攻撃という可能性があるからです。
よってあっという間に撤退は完了します。朝鮮半島は一気に緊張しますね。

 戦時統制権返還が予定通りとなった場合、これに備えて自衛隊はJTF態勢、
予備役招集という流れですね。

状況によりますがOBにも待機の要請があるかもしれません。

 この対応は当然のことで、朝鮮戦争再発時に日本は集団的自衛権など全く考慮しません。

ひたすら朝鮮半島内戦に関わらないように対応するだけです。
南北の勝敗などどうでもいいのです。

朝鮮戦争再発時の対応もすでに決定しています。
①中立宣言。

②難民阻止。

③南北強制送還



....中立国の義務
...交戦当事国とそれ以外の第三国との関係を規律する国際法である。

中立国は戦争に参加してはならず、また交戦当事国のいずれにも援助を行ってはならず、
平等に接しなければならない義務を負う。一般に、次の3種に分類される。

回避の義務中立国は直接、間接を問わず交戦当事国に援助を行わない義務を負う。
防止の義務中立国は自国の領域を交戦国に利用させない義務を負う。

黙認の義務中立国は交戦国が行う戦争遂行の過程において、ある一定の範囲で不利益を
被っても黙認する義務がある。この点について外交的保護権を行使することはできない。




 回避義務中立国は、韓国と北朝鮮開戦の場合は交戦国以外が中立宣言すれば該当する。
日本の場合はおそらく防止義務中立国宣言をするだろう。

つまり韓国にも、北朝鮮にも、日本の領海、領空、

領土を通過、利用させないということだ。


 永世中立国宣言をしているスイスは、この防止義務中立国である。
よってスイスは第二次世界大戦において中立を守るために、領空侵犯に対しては
迎撃を行い、連合国側航空機を190機撃墜、枢軸国側航空機を64機撃墜した。

スイス側の被害は約200機と推定されている。

C氏....

 なぜここで中立宣言?という疑問ですが、これは日本の事情です。

 朝鮮戦争再発時には前回同様一気にどちらかが勝利して
一気に統一という図式は考えにくい。再び膠着状況に陥る可能性が高い。

 その場合、日本へ難民が100万人単位で押し寄せる。

現状の在日対応でもバンザイしているのに、

これが加われば日本は消滅です。

 これへの合法的対抗策が中立宣言ということです。


 中立宣言後は、不法滞在者の強制送還と同時に
国内の交戦国国民は隔離され、それぞれの母国へ送還されます。

 中立国の義務として交戦国には平等が求められるため、親韓メディアは動けなくなります。


A氏....

 口に出せない。記事にもできない究極の難民対策がこれ!

日本の場合はおそらく防止義務中立国宣言をするだろう。


 つまり韓国にも、北朝鮮にも、日本の領海、領空、領土を通過、利用させないということだ。

 永世中立国宣言をしているスイスは、この防止義務中立国である。
よってスイスは第二次世界大戦において中立を守るために、領空侵犯に対しては
迎撃を行い、連合国側航空機を190機撃墜、枢軸国側航空機を64機撃墜した。
 スイス側の被害は約200機と推定されている。

 具体的には国際法に基づき、交戦国から日本への海路、空路を遮断する。
領海、領空侵犯には撃沈、撃墜をもって対応するということだ。

 この際、難民が...とか、人権が...

とか騒いでいるメディアはきれいに掃除される。

軍事作戦上は、これ必然、かつ常識です!



 ところで韓国が凍りついたという以下の記事だ。
.....「朝鮮半島で再び戦火が起きて、北朝鮮が韓国に侵攻しても

      日本は韓国を助けることにはならないかもしれない」



日本は、助けない
【韓国高官は凍り付いた】




 昨年、開かれた日韓両政府の非公式協議で、日本側の出席者の一人がつぶやいた。
協議は日韓の外交・安全保障問題をテーマに北朝鮮情勢や集団的自衛権の
行使容認などについて意見交換するために開かれた。

 発言の意味は慰安婦をめぐる歴史問題や竹島(島根県隠岐の島町)の不法占拠などで、
韓国に対する感情が最低レベルに落ち込んだことを受けて、朝鮮半島有事になっても
日本は韓国支援に動けない可能性があるということを示したものだった。

 ただ、その意味の重みを韓国側の出席者はとっさには理解できなかったようだ。
日本はすでに周辺事態法を平成11年に制定している。(民主党政権時代)この法律は、
朝鮮半島で有事が起きた場合、韓国軍とともに北朝鮮軍と戦う米軍を
支援することを主な目的としている。


.....韓国側が凍りついた理由。

「日本は韓国、北朝鮮両国とは共に等距離である。

半島有事の場合は中立の対場をとる。

よって北朝鮮が韓国に侵攻しても日本は韓国を

助けることにはならないかもしれない」


やんわりと韓国を恫喝してるな。(大笑い)

 戦時統制権の延長如何で半年~1年のずれの可能性はあるが大筋はこんな流れだろう。
しかし2015年は初頭からいろいろとありそうだ。
 とりあえずこのあたりまでは安倍シナリオの想定内だと思うが安心できる状況ではないね。


.....先般、韓国の軍事機密、政府極秘情報が暗号化されずにたれ流し
だったという事実が発覚しました。実はこれは3回目です。

 2013年3月中国軍事委員会の内容が流出して韓国も知ることとなり、
やっとこの件に気がついたのです。

 2010年当初から民主党を通じて日本の政治や自衛隊情報を入手していた韓国は
関係機関の分析能力があまりにも低く、また味噌糞一緒で大量のデーターを
持ち出したことから機能不全に陥ります。

民主党政権時代に約3万件の防衛機密の漏洩発覚!』
【民主党・福山哲郎】
特定秘密保護法がなくても防衛機密の漏洩はありえない
に対する特大ブーメラン


 そのため分析結果資料ではなく入手したデーターそのままを中国に流したようで、
この分析に中国は約2年弱、韓国は4年弱かかったようです。
 ブーメランで知った韓国の狼狽ぶりを示す資料が以下の遺稿記事。

.....日韓開戦は2016年竹島が舞台

 2013/07/23


「2016年以降は日本と戦争になる、

敵を破壊しなければならない」


 韓国軍人会諮問委員会。日本との戦争に備え、十分な戦力を確保するまで
韓米連合司令部の解体を延期することも提案済みだ。

 日本の私たちの独島に対する侵奪野慾が執拗である。

 日本政府(安倍政権)は、2013年7月9日の閣議で、2013年防衛白書を確定し
独島が日本領土という主張を繰り返した。

独島領有権主張
これでも日米韓で軍事情報を共有する? 笑わせるなwww


 ホワイトペーパーには "我が国固有の領土である北方領土と竹島(独島)
の領土問題が依然として未解決の状態で存在している"と明記し、
日本の領土を表示する地図にも独島を'竹島と表記した。

これは2005年から9年目繰り返されている無理な主張である。

 防衛白書は通常、7月末~9月初めに発行してきた。
今回日本が防衛白書の発行を早くしたのは、
来る7月21日、日本の参議院選挙と無関係ではない。

 安倍首相(自民党)は右傾化、領有権の主張、円政策などで昨年末に首相に就任した。

安倍首相は、選挙の勝利に基づいて憲法改正

交戦権を確保し、正規軍の保持)まで推進する計画だ。


 この防衛白書は、国防政策と軍事戦略を盛り込んでいる。
日本の内閣閣僚会議の議決を経ており、韓国の防衛白書とは意味が違う。

 韓国の国防白書(2年ごとに発行)は、国防部長官決裁を出版する。

 つまり日本は環境が形成される

(憲法改正されると)と武力で

独島を侵奪するという国家意志
を明らかにしている。


 日本人はいつから野望を企み出したのか?
それは2005年から本格的に始まった。

 私たちの韓国政府(当時ノムヒョン大統領)が反米政策で
米国に韓米連合軍司令部解体(戦時作戦統制権の転換)を要求を始めた時からだ。

 これにより、日本は2005年防衛白書に独島領有権を初めて明記した。
海上自衛隊(海軍)、航空自衛隊(空軍)の防衛区域に独島と
周辺海域(空域)を含めることをはじめた。

 日本の挑発は2016年以降になるだろう。

韓米連合軍司令部が2015年12月に解体されるからである。


 今の韓米連合防衛体制下では、米国が韓国の防衛を共同で担当しており、
日本が独島侵奪をあえて試みることができない。

 しかし、韓米連合司令部解体以後、

韓国の防衛は韓国が主導的に責任を持つ。


 そこで、日本の武力挑発に私たち韓国だけで対応しなければならない。

 日本人は作戦中の2万トン航空母艦(16DDH、30ノット、2隻)
と2014年に建造が完了している。
2万7千トンの空母(22DDH、30ノット)を投入する。

ひゅうがクラスが5等身ならいずもクラスは8等身.jpg


 艦載戦闘機には、米国産新型F-35B(ステルス、垂直離着陸機)
を搭載する予定である。

【米最新鋭戦闘機「F35B」】
垂直離着陸映像


 予想するシナリオは、日本の右翼勢力が複数隻の船舶に
分乗して奇襲的に独島に上陸する。

 これを保護する目的で、海上保安庁の巡視船と海上自衛隊の艦艇が出動する。
しかし、我々の海軍力は日本の1/3レベルであり、空母もない。

 そして、イージス艦、駆逐艦とフリゲート艦、潜水艦、輸送艦(揚陸艦)、
海上哨戒機/ヘリコプターすべて日本に劣勢だ。
 さらに北朝鮮に対応している海軍・空軍力を転換して独島海域に投入することも難しい。

 韓国防衛事業庁は独島(日本との戦争)のための海上戦力増強策に
関する研究検討結果を2012年10月11日、国会国防委員会に報告した。

 日本が30%の海軍戦力を出動させると仮定した場合、韓国は3~4機動戦団が必要である。
1戦団はイージス艦2隻、韓国型駆逐艦(4,500トン)2隻、大型輸送艦(独島艦級)1隻、
次期潜水艦(3000トン級)2隻、軍需支援艦1隻、海上哨戒機(P-3C)3機、
海上作戦ヘリコプター16機からなる。

 韓国は早急に対日不足戦力を確保しなければならない。

 イージス艦3~5隻、韓国型駆逐艦3~5隻、大型輸送艦(独島艦級)3~4隻、
新型潜水艦6~8隻、現在の独島艦(23ノット)を空母に改造する必要がある。

『2020年に建造』
【韓国】
批判無視!!欠陥「独島艦」の2号艦建造に走る韓国 ⇒ 「もっと大きな軍艦を…」


 また艦載戦闘機の確保と操縦士の養成に取り組まなければならない。
原子力空母(4万トン級)と原子力推進潜水艦(3000~4000トン級)
の確保に着手しなければならない。

 空と海には隠れる場所が当然ない。

敵国(日本)よりも優れた戦力が必要だ。


 我々が日本との戦争に備え、戦争に十分な戦力を確保するまで
韓米連合司令部の解体を延期することも提案済みだ。

 キム・マンソン韓国軍人会諮問委員 (元海軍作戦司令官・現予備役海軍中将)
  韓国メディア コナスネット 2013/7/10




 5月8日米韓首脳会談で 2015年12月31日、韓米連合司令部の解体を
確認しておきながら7月1日に延期申し入れ。米は不快感丸出しでどっしらけ。

 7月18日、予定通りに進めると声明。この間の詳細は前ブログに記述してある。

 日本との戦争準備が整うまで再度延期なんて明言されて、

米も「はいそうですか」とはいかないであろう。


 ところでこの中で2016年開戦という点、韓国は今もって認識不足だ。

 安倍は戦争などまったく考えていない。

 2007年、第一次安倍内閣時、日米首脳会談において、北朝鮮拉致問題、核問題と同時に
日本国内における北朝鮮資金、パチンコ問題、ヤクザ在日朝鮮人問題が議題になっていた。

 日本の政治の裏側に深く関わっている暴力団の排除と朝鮮勢力の影響排除は
米の北朝鮮政策とも密接な関連があったのである。

 韓国の度重なる信頼を裏切る行為に韓国切り捨てが米の方針となり、
2013年韓米連合司令部解体が決定したのである。

 しかし、一連の北との事件と、安倍政権の放り投げで、これは韓国提案で
2015年末に延期されることとなった。米韓それぞれに都合があったのだ。

 米の狙いは、韓国切り捨てによって

中国の朝鮮半島進出を許しても北朝鮮及び

韓国の非核化の方が重要と判断
したのだ。


 米は韓国からの全軍撤退、および日本国内におけるヤクザ暴力団のテロ指定。
金融機関の制裁、資金凍結等を実行することとなった。

【米大統領府・プレスセンター】

≪日本の犯罪組織の財務省制裁メンバー≫
2013年12月19日
1. http://www.treasury.gov/press-center/press-releases/Pages/jl2250.aspx

2. http://www.treasury.gov/resource-center/sanctions/Programs/Documents/20131219_yakuza.pdf


 これに対して安倍は国内における、反日、反安倍勢力が、
  新聞、   テレビ、   ヤクザ暴力団、

  民主党、  社民党、   共産党、

  在日朝鮮人、    その他左翼グループ



と枚挙にことかかないため、正攻法、全面衝突を避けて、個別撃破の戦略をとった。

 まず朝鮮傀儡政党民主党と関連政党を壊滅させる。
受け皿となる党はドングリ政党となるようにする。

 公明、維新、みんな、共産党がそれぞれ同勢力が理想だ。
公明党は宗教政党、共産党は中韓との状況を考えればどうにでもなるという考えだ。

 在日朝鮮人とヤクザ暴力団の処理は2年後から。
2016年には在韓米軍撤退。米のお墨付きがでる。

 竹島でちょっともめるだけで

(例えば竹島奪還宣言)



国交断絶。



戦時国際法適用。



敵国人、在日朝鮮人強制送還開始。



通名朝鮮人拘束。




 安倍は韓国と戦争する気など毛頭ない。在日を追い出せばいいのだ。
この状況に至れば売国日本人や反日勢力、反日マスメディアは国民が粛正するだろう。
 参院選が終わって、ここまでは完璧に予定通り、後は憲法改正など急ぐ必要はない。

 命がけで日本にいるわけにはいかないだろうから2年もたてば、在日の帰国が始まる。
そのまま韓国は中国の半属国となる。日本との国交断絶は少なくとも半世紀は続くだろう。

 第一列島線まで引いた日本は、最終的に

中国抑止の軍備を備え、米が容認している中国抑止核武装力

もつことになるだろう。


●ワシントンで語られる
日本の核武装論、日本核武装の好機】


 これで東アジアの軍事バランスがとれるようになる。

これが日米のシナリオだ。


 さてことの重大さにやっと気がついた韓国、狼狽したのか慌てに慌てた。

 2015年末まで、まだ時間があるのだから少しは格好をつければよかったのに、
なりふり構わず、韓国国防部のキム長官が7月1日、シンガポールで
開かれた第12回アジア安全保障会議(シャングリラ会議)で米国のヘーゲル国防長官と
会談した際に、急遽、有事作戦統制権を移管する計画を当初の2015年末から再度、
延期するよう提案したというお話だ。

 韓国政府思考力ゼロ確定。

世界外交史上まずまれなケース。

失態といってもいいだろう。


つづく




2015-02-20 13:31

【この記事を拡散したいなと思った方は下の画像をポトッと
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                     
posted by たかりん。7 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック