2017年08月06日

(1813)『1815 日本におけるテロリスト候補①』解釈入れて

 今回余命記事は、

なぜ、そこまでテロリストの存在が気になるのか

異様に感じたので、少し深く調べてみました…


ということで~

ななこ様の投稿
が列挙掲載されています。






注- 「余命3年ブログ」をまだご存じない方は

まず、ダイジェストで確認してください。

下のソースの前座部分を連読して、

そのあと出来れば各ページ一番下の目次で(1)からの読破・・・要です。


(82)「朝日の落日③ 内閣改造」私の解釈

(83)「朝日の落日④ 中国ギブアップ」私の解釈

(136)『自衛隊OB放談会 自衛隊総合火力演習』私の解釈


(お手数ですが、一番下に目次URLがあります。)




いよいよ、これからが「余命ブログ」です。

              
それではいよいよ「余命」本題へ
ちなみにここからの
このソース元は月間400万PV超えのオバケ・ブログです!
(日記・雑感ではNo.1のようです)
http://blog.so-net.ne.jp/_contents/blog_theme/0001/  (ブログランキング)


 しかしお断りですが・・・。
元ソース原文はこのブログに比べると「意図的に読みにくく」はしてありますので
このブログを熟読後のほうが・・・理解しやすいかもです
あわせてのお願いは、的中率は過去に非常に高い記事ですが
あくまでどちらも妄想記事であることを十分ご承知おきください!

 

元ソース
1815 日本におけるテロリスト候補① ・・・2017/08/05/  1815
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/08/05/1815-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e5%80%99%e8%a3%9c%e2%91%a0/

それでは本編です!

1815

日本におけるテロリスト候補①

なぜ、そこまでテロリストの存在が気になるのか

異様に感じたので、少し深く調べてみました…


............................ななこ

1765 半島有事便衣兵リスト⑪の余命様の解説の冒頭に、

日本で、テロ三法が成立したとき、山本太郎が再三

「日本に国際テロリストはいるか?」と確認を求めていた


とあります。

なぜ、そこまでテロリストの存在が気になるのか

異様に感じたので、少し深く調べてみました。


そして山本太郎参議と

川崎デモのカウンター勢力について調べるうちに、

非常に無気味な事実に突き当たりました。

それは今、フィリピンのミンダナオ島で勢力を拡張し

自分たちの国を造ろうとしているISです。

川崎デモのカウンター、いわゆる反ヘイト勢力は

ISシンパと綺麗に重なっています。

そこには、かくれ共産党員とも言われている

元内閣官房副長官補・柳澤協二氏の名前もありました。

既存の独立国の中に自分たちだけの国を造ろうとする。

川崎が「川崎国」と揶揄される理由がそこにあるのかも

しれません。川崎デモカウンターは、安倍政権退陣運動の

勢力と重なり、沖縄米軍基地を排斥する勢力とも、

ISを擁護する勢力ともぴったり重なります。

ISを擁護するテロ支援者について、支援する人々、

ISを支援する人々が持つ非常に嘆かわしき問題

(日米の離間工作、米軍攻撃)、そしてISの犠牲になった

米国人の属性について3つのファイルで投稿
いたします。


山本太郎参議院議員 IS擁護発言集


*************************************
◆山本太郎氏、仰天のツイート

「2億ドルの支援を中止して下さい」 (1/2ページ)

2015.01.22
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150122/plt1501221532002-n1.htm
*************************************
波紋を呼んでいる山本太郎氏のツイッター
波紋を呼んでいる山本太郎氏のツイッター.PNG


日本人2人を人質にした「イスラム国」は、

日本の2億ドル(約236億円)に及ぶ中東地域への

人道支援を批判したうえで、「72時間以内に身代金

2億ドルを払え
」と殺害警告をしている。

許しがたいテロ行為だが、

この件で、さまざまな注目発言が飛び出している。

小沢一郎代表率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」

の山本太郎参院議員は21日、「2億ドルの支援を中止し、

人質を救出してください」とツイートした。

これは安倍晋三首相宛となっていた。

山本氏のツイート内容が気に入ったのか、

イスラム国のメンバーとみられる人物が「リツイート」と

呼ばれる転載機能を利用して“拡散”する事態も発生した。

自民党の佐藤正久元防衛政務官は

「イスラム国メンバーの中に、日本語が分かる者がいる

のかな?」と意味深長なツイートをした。


中東の武装勢力が、インターネットやSNS

(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を細かく

チェックし、情報戦略に利用しているという指摘もある。

日本のネット上には「人命救助が優先」

「一度2億ドル払うべき」といった意見もみられ、

民放ワイドショーのコメンテーターの中には

「2億ドル、何とか出した方がいいんじゃないかな…」

と語った人物もいる。

これに対し、自民党の高村正彦副総裁は21日、

記者団に対し、「日本政府が(イスラム国対策の)

人道支援をやめるのは論外だ。

身代金を払うこともできない」と語った。

ファロン英国防相も同日、中谷元・防衛相とロンドンで

会談し、身代金支払いを含めて、「次の(=テロなど)

可能性もあるのでしっかり対応すべきだ」といい、

「毅然とした対応」を求めた。

日本が拠出を表明した中東支援は、

あくまで住む家や街を追われた避難民に対する食糧や

医療支援であり「避難民が命をつなぐための人道支援」

(安倍首相)である。

テロリストの要求に屈して2億ドルを支払えば、

彼らの武器や弾薬、化学兵器などを購入する資金源となり、

新たな人命が失われるテロを生む可能性がある。

加えて、世界中のテロリストに

「人質で脅せば日本政府は身代金を払う」と認識させ、

今後、日本人がターゲットにされかねない。



山本太郎

夫人、祈りすぎやろ。

認証済みアカウント@yamamototaro0


@AbeShinzo 2億ドルの支援を中止し、

人質を救出して下さい。


8:37 – 2015年1月20日





石井孝明@ishiitakaaki

返信先: @yamamototaro0さん

けどイスラム国には日本のメディアを読んでいる人が

いるよう。そして、

山本太郎氏は英語では「セネター」(元老院議員)。

このツイートだけでもテロとの戦いで

日本の議員が動いたというメッセージ

@yamamototaro0 @AbeShinzo

2億ドルの支援を中止し、人質を救出して下さい

16:21 – 2015年1月20日

2015年1月21日

山本太郎 夫人、祈りすぎやろ。

✔ @yamamototaro0

@AbeShinzo 2億ドルの支援を中止し、

人質を救出して下さい。





安江塁氏によるISへの湯川遥菜氏に関する情報提供

*************************************
◆日本人(民間軍事会社)が”ISIS”に拘束される

⇒ 動画:ISIS「軍人か?」 日本人「違う」

⇒ あるカメラマン(朝日に寄稿経験あり)が

ISISのツイアカに「彼は傭兵だ」と素性をバラす

2014年08月18日03:24
カテゴリ 海外ニューステロ
http://www.honmotakeshi.com/archives/40394139.html
*************************************

【関連記事】

◇緊急速報◇ シリアにて、PMC(民間軍事会社)の

日本人が過激派組織 ” ISIS ” に拘束される!


【動画/画像】

日本人(民間軍事会社)が”ISIS”に拘束される

⇒ 動画:ISIS「軍人か?」 日本人「違う」

⇒ あるカメラマン(朝日に寄稿経験あり)が

ISISのツイアカに「彼は傭兵だ」と素性をバラす


◇続報◇ ISISに情報提供したカメラマン・安江塁氏、

Twitterを非公開に… 安江氏「『イスラム土人が』

という書き込みを見て、自分たちを殺しに来た人には

怒りも湧くなと思って書いた」

◇捏造速報◇ 朝日新聞「シリア拘束事件で朝日記者

とされている人物は朝日記者ではありません」

⇒ ネット「こういう対応だけは迅速」

「寄稿の経歴あるし”関係者”だよね」
【安江塁】

◇シリア日本人拘束事件◇ ISISへの情報提供者は、

安江塁氏だけじゃない!

国際人権NGO団体の理事長も加担か!?

嫌儲民に至っては田母神さんの情報を提供し、

ISISの標的に!?


◇悲報◇ テロ組織ISISに情報提供した安江塁氏、

相手が過激派テロ組織だと知らずにツイートした模様…


*************************************
◆バカな行動をとった安江塁氏に直接色々聞いてみた

公開日: 2014/08/18 :
http://kosuke.cc/column/rui-yasue-isis/
*************************************

安江塁氏による湯川遥菜氏の命を危険に

おとしいれるツイートを拡散した有田芳生参議院議員


飛騨守右近「必殺!刑事告発人」@yamakennta

返信先: @aritayoshifuさん

@aritayoshifu

お前が面白半分でイスラム国テロリストのRTしたか真相は

分からんが、俺からみればテロリストに加担し

情報を売り渡したとしか見えない。


今更、他人の言葉を借りて何になるのだ、テロリスト野郎!

14:47 – 2015年1月20日

2015年1月21日

有田芳生 ✔ @aritayoshifu

池内恵(東京大学准教授)「イスラーム国」による

日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ

http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-258.html




trueheartbravery@trueheartbraver

返信先: @aritayoshifuさん

@aritayoshifu

民主党の有田よ、慰安婦問題の福島みずほのように

逃げ回らず質問に答えろ。

写真にあるように、何故イスラム国に拘束された日本人の

情報を世界中に拡散しのか、

その主旨、目的、動機を公僕の議員として回答しなさい。

7:50 – 2015年1月20日

2015年1月21日

有田芳生 ✔ @aritayoshifu

池内恵(東京大学准教授)「イスラーム国」による

日本人人質殺害予告について
:メディアの皆様へ

http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-258.html



裏側@Terroristbuster

やってくれましたね。有田君。

情報提供したご仁も。君たちがやった事は、

我々海外在住者にとって、君等が想像するより

はるかに重大な意味を持ちます。

朝の7時にこちらのレバノン人と連絡を取った。

仕事が早く終われば今日会う予定。


申し訳ないが、自分の心は決まっています。

覚悟して下さい。

5:51 – 2014年8月18日





*************************************
◆シリア男性誘拐事件

ジャーナリストによる「情報提供」に日本人総激怒

2014年08月19日
http://news.ameba.jp/20140819-312/
*************************************

中東・シリアで、日本人と見られる男性が

現地のイスラム教スンニ派過激組織・ISISによって拘束、

監禁されている事件で、ある日本人ジャーナリストが

わざわざISISに対して、この男性の素性について

確度の不明な情報をtwitter上で提供、男性の命を

さらに危険なものにしたとして批判を浴びている。

「わざわざ殺させるために情報提供って、本当に許せんな」

「屑すぎる」

「普通に間接的に人を殺してるね。 」

「証拠のツイッター、本人が即行ロック中

ページトップに言い訳書いてる 」

「相手がどんな人間であっても 発覚すれば

殺されると判ってチクったんだから

人を殺したと言われても仕方ない」


また、このジャーナリストのツイートで終わることなく、

民主党の有田芳生議員までもが、

元航空幕僚長・田母神俊雄氏と被害者と思しき男性の

ツーショット写真をリツイートしたことで、

さらに男性の状況を深刻なものとすることに。

田母神氏によると、この画像はファンサービスの

一環だったようで、「彼との写真は私が何千人かと

撮った写真の一枚」とのことだが、田母神氏は海外でも

その存在を知られているだけに、

件のジャーナリストのみならず、有田議員についても、

「なぜこのタイミングでそんなことをするのか」

「日本人が首を切られて

喜んでるような奴が国会議員とか狂ってる」

「有田芳生がISISのツイッターを

自慢げにリツイートしてるけど何考えてんの?」


と激 しい批判が殺到している。

ISIS軍に捕まってた日本人はスパイとして

処刑された模様だが、その日本人と田母神氏との

ツーショットを「ほらね」と公開してた。

民主党@dpjnews 議員・有田芳生が、それをRTしてる件。

ウヨク叩けりゃなんでもいいのか。さすがにひくわ。

pic.twitter.com/He1b8Z150K

ニワカは相手にならんよ
(@niwakaha)
2014, 8月 18

シリアでイスラム過激派に拘束された

湯浅春菜氏がフェイスブックで田母神とのツーショットを

載せているということで、

本日は私にマスコミなどから20回以上湯浅氏との

交友関係について問い合わせがあった。

彼との写真は私が何千人かと撮った写真の一枚です。

いつ彼に会ったのかも覚えておりません。

田母神俊雄(@toshio_tamogami) 2014, 8月 18

現在のところ、男性の素性に関する正確な情報も、

その安否についても不明な点が多く、また、現在進行中の

事件であるだけに、迂闊には言及できないが、

そうした緊迫した状況のなかで、インターネットを

利用してこうした発言をすることで、男性の命が

さらなる危険に晒されるであろうことは明々白々。

良識ある日本人ユーザーは、くれぐれも遊び半分で

このような言動をとらぬよう、お願いしたい。

文・猪俣進次郎_____________________



その他、IS支持者による発言集

辛淑玉@shinsugok

安倍政権は、まず警察に行って誘拐事件の基本のキを

勉強してください。誘拐犯のいうことを聞く。

そこから、命の奪還が始まるのだ。

言い訳している暇はない。


自分の正義を唱えて、ボクを理解できないのは

あなたの受け止め方が悪いっていう話じゃないんだよ。

いま、彼らはどんな思いでいんだろう。

4:46 – 2015年1月20日





弁護士神原元@kambara7

身代金を払って人質を解放する。

その上で犯罪を非難する声明をあげればよい。

テロは憎むが、人の命こそ最優先である。


「人命尊重の国である」との立場を鮮明にすることこそ、

道義の上で、テロリストたちに優位に立てるのだと思う。

15:53 – 2015年1月21日





山口祐二郎@yamaguchiyujiro

【緊急! 明日!】

「二億ドル支援をやめろ! 人質解放!

 首相官邸前抗議」


日時:1月21日 19:00?

場所:首相官邸前

5:01 – 2015年1月20日





岩上安身認証済みアカウント@iwakamiyasumi

安倍総理辞任と引き換えによって、

イスラム国に囚われた2人の日本人の命を救う、

というこの「柳澤提案」が、至急、政府内で、

真剣に検討されることを望みたい。


安倍総理の首を差し出し(辞任)、その代わり、

2人の首を切らないように頼む(助命)。

身を捨てて、人の命を救う。尊い行為ではないか。

21:04 – 2015年1月20日





岩上安身認証済みアカウント@iwakamiyasumi

元内閣官房副長官補の、柳澤協二さんが、

駆けつけてくださって、緊急インタビュー、これから!


テーマはもちろんイスラム国の人質事件。

ch1で!拡散願います!

18:47 – 2015年1月20日





2015/01/21

2人の邦人の命を救うため、イスラム国を挑発した張本人、

安倍首相が「辞任」することを提案~
岩上安身による

元内閣官房副長官補・柳澤協二氏緊急インタビュー

72時間の猶予が、刻一刻と迫る。

イスラム組織「イスラム国」が1月20日、

72時間以内に日本政府が2億ドルを支払わなければ、

人質の邦人2人を殺害すると予告した動画を

公開したのを受け、岩上安身は1月21日(水)、

元内閣官房副長官補・柳澤協二氏に緊急インタビューした。


安倍首相がイスラム国と対峙する周辺国に

約束した2億ドルの中東支援を今更キャンセルすることは

できず、かと言ってイスラム国との交渉のパイプもない。

進むことも退くこともできない状況下で、

唯一、人質の命を救う手段があるとしたら、

イスラム国に対する対決姿勢を表明した安倍首相自身が

辞任することで、人質の命と引き換えにすることだ

と柳澤氏は提案した。




投稿日: 2017年8月5日

元ブログ-1815 日本におけるテロリスト候補① にコメントを残す


【応援ヨロシク、下の画像をポチッ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

出来れば下にツイートもありますので拡散を・・・よろしく!


つづきは・・・
(1) ~ (200+α)の重要ページへ


  
全部読めば、

今年からの『100年に一度の変革』によって

やって来る『新日本』が見えて来る。

【その目次一覧】

http://takarin7-2.seesaa.net/article/414215235.html


                    
   NEWページ・リストは下の欄に           
                
posted by たかりん。7 at 00:53| Comment(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください